キーンベック病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キーンベック病
月状骨軟化症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
リウマチ学
ICD-10
ICD-9-CM 732.3
OMIM 165800
DiseasesDB 7178
eMedicine M0015515/
MeSH D010020
テンプレートを表示

キーンベック病(Kienböck disease)とは、手の月状骨血液を供給している血管に障害が起こり、月状骨に血流が送られなくなって壊死する病気である。手首を酷使する職業の人が多く罹患する病気である。月状骨軟化症(げつじょうこつなんかしょう)とも言われる[1]

症状[編集]

手首の付け根の中央が痛み始め、最終的には手首の甲側が腫れて、こわばりが起こる。大半はきき手側だけに壊死が起こるが、両手に起こる場合もある[1]

治療[編集]

月状骨への圧迫を緩めるための手術が行なわれる[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『最新版、図解、症状でわかる医学百科』主婦と生活社編 2007, p. 176

参考文献[編集]

  • 『図解、症状でわかる医学百科』主婦と生活社編、主婦と生活社、2007年11月、最新版。ISBN 97843911350602014年

外部リンク[編集]