月状骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

月状骨(げつじょうこつ)(羅名lunatum Os,lunatum)とは、四肢動物の前肢を構成する短骨の一つである。

ヒトの月状骨は、左右の手に1本ずつ存在し三角骨豆状骨舟状骨とともに近位手根骨を構成している[1]

月状骨と関節する骨[編集]

月状骨から起始する筋肉[編集]

月状骨に停止する筋肉[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森ら, p.135
  2. ^ 森ら, p.216
  3. ^ 森ら, p.215
  4. ^ 森ら, p.218

参考文献[編集]

  • 原著 森於菟 改訂 森富「骨学」『分担 解剖学1』金原出版、東京都文京区、2000年11月20日、第11版第20刷、19-172頁。ISBN 978-4-307-00341-4
    • 原著 森於菟 改訂 森富「骨学」『分担解剖学1』、19-172頁。
    • 原著 森於菟 改訂 森富「靭帯学」『分担解剖学1』、173-248頁。

関連項目[編集]