リトルリーガーズショルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:成長軟骨またはリトルリーガー肩の症例写真の画像提供をお願いします。2009年5月

リトルリーガーズショルダー(Little leaguers shoulder)は、少年野球の選手に多くみられる肩のスポーツ障害で、上腕骨の近位骨端成長軟骨板の炎症あるいは損傷である。

リトルリーガー肩リトルリーグ肩少年野球肩ともいう。

発生機序[編集]

上腕骨(上腕の骨)のように長い骨を長管骨と呼ぶ。ヒトの誕生直後は、長管骨の骨端(骨の両端)は軟骨でできており、成長とともに骨化が進む。したがって、成長期の子どもの上腕骨においては、骨端に骨化前の軟骨が存在する。

投球動作で腕を強く振ると、フォロースルーにおいて上腕骨近位(頭に近い側)の骨端成長軟骨板に強い力がかかり、炎症あるいは損傷が発生する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 社団法人全国柔道整復学校協会・教科書委員会 『柔道整復学ー理論編(改訂第5版)』 南江堂、2009年(日本語)。