スポーツ障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツ障害(スポーツしょうがい)は、スポーツ運動)をすることで起こる障害外傷などの総称である。使い過ぎ症候群(つかいすぎしょうこうぐん)ともいう。

概要[編集]

長期的に同じスポーツを続けることなどにより、の一定の部位に負担がかかって起こる障害。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害である。

疲労骨折[編集]

疲労骨折とは、通常の負荷では骨折を起こさない程度のが、正常なの同じ部位に継続的に加わることで、骨組織の結合を破壊し、最終的に骨折となる障害のことである。「骨折」というと、障害というよりも怪我のようなイメージではあるが、「同一部位に継続的に負担がかかり起こる」ことから、障害として扱う(もちろん、スポーツ時のアクシデントによる骨折は怪我である)。

人間の骨格

スポーツによる疲労骨折は、疾走やジャンプによるものが非常に多く、

などの骨折が挙げられる。特に脛骨の骨折が多く、疲労骨折の約50%を占めるとされる。

症状は患部の疼痛であるが、その診断は容易ではない。初期の疲労骨折は、X線写真ではほとんど分からないため、疲労骨折が疑われる場合、定期的にX線写真を撮り、経過を観察することが重要である。また、X線写真以外の検査としてMRIでの検査を行うこともある。

疲労骨折の治療は、ギプスなどによる固定を行うのが一般的な治療法である。症状が軽い場合、スポーツを休ませるだけのこともあるが、難治性のものもあり、こうした場合は手術を行うこともある。

主なスポーツ障害[編集]

スポーツ外傷[編集]

スポーツでの転倒などによる突発的な外傷(怪我)は、スポーツ外傷(スポーツがいしょう)と呼ばれ、スポーツ障害とは区別される。スポーツ外傷には骨折脱臼捻挫打撲肉離れなどがある。日常生活で起こる外傷(怪我)と同じようなものが多い。

スポーツの怪我は、特に骨折、脱臼、捻挫が非常に多い。スポーツの種類によっても、怪我をしやすい体の部位は異なるため、各スポーツで徹底した注意が必要である。

関連項目[編集]