過換気症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
過換気症候群
分類および外部参照情報
ICD-10 R06.4 or F45.33
ICD-9-CM 306.1
DiseasesDB 31118
eMedicine emerg/270

過換気症候群(かかんきしょうこうぐん、英語: Hyperventilation syndrome, HVS)とは、不安, 緊張により呼吸をし過ぎることで起きる 二酸化炭素の不足, 酸素の過剰供給状態。[1]

概要[編集]

呼吸をし過ぎると、酸素濃度が高まり「息苦しい」と 人は感じる。

意識的に呼吸を遅く, 深くすることで、症状は改善される。

対処[編集]

リラックスする, 意識を切り替えることが有効である。例えば 次のようなこと:

  • 前かがみになる。
  • 目をつぶる。
  • 音楽を聴く。

脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]