ハンガーノック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハンガーノック(英語: Hitting the wall)は、激しく長時間に渡るスポーツの最中、極度の低血糖状態に陥ること。日常生活中に発生することは稀である。

自動車に例えるならばガス欠であり、肉体がエネルギーを失った状態を意味する。この時、自らの意志とは関係なく、体は動きを停止する。意識がはっきりしている場合でも、思考は通常より鈍る。

休息を取ることで、脂肪など分解に時間がかかるエネルギーが供給されて回復する。より早い回復には、ブドウ糖果糖などの糖質補給が有効である。一番早く回復させるには点滴を打つ。

予防策として、耐久競技など長時間に渡るスポーツにおいて、適度な補給食をこまめに摂取することがあげられる。

日本においては、マラソン登山ロードレーストライアスロンクロスカントリースキーなど耐久競技の分野で「ハンガーノック」という言葉が定着しているが、英語圏ではHitting the wallもしくはHitting the bonkという表現が一般的に用いられている。「ハンガーノック」は1960年代の南アフリカの自転車選手が使用した"hunger knock""hunger bonk""bunger honk"という言葉に由来している。