-Dreaming Girl- 恋、はじめまして

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
-Dreaming Girl- 恋、はじめまして
岡田有希子シングル
B面 気まぐれTeenage Love
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル キャニオン・レコード
ゴールドディスク
チャート最高順位
岡田有希子 シングル 年表
リトル プリンセス
(1984年)
-Dreaming Girl- 恋、はじめまして
(1984年)
二人だけのセレモニー
(1985年)
テンプレートを表示

-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」(ドリーミング ガール こい、はじめまして)は岡田有希子の3枚目のシングルである。1984年9月21日キャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)から発売された(EP:7A0416)。

この曲は竹内まりやが岡田のために作詞作曲を手掛けた“学園三部作”の最終作になる[1]。デビュー曲の1作目「ファースト・デイト」で同級生との思いがけない馴れ初めを、次作「リトル プリンセス」で遊園地での親密なデートを描き、さらにこの3作目では、なかなか会えない恋人を想いながら“素敵なレディ”への成長を夢見る少女のときめきを歌って、あたかもファンの男子と次第に愛を深め合っているかのような三部作構成になっている[2]

この曲は、1984年10月8日のオリコンチャートで7位に入り、岡田にとってデビュー半年目にして初のトップ10入りとなった。そして『ザ・ベストテン』にも初のランクインを果たし(10月18日放送回)、岡田はこの曲によって売れっ子アイドルとしての地位を確かなものとした[2]。また第15回日本歌謡大賞優秀放送音楽新人賞、第26回日本レコード大賞最優秀新人賞、第13回FNS歌謡祭最優秀新人賞等を、この楽曲で受賞した。

収録曲[編集]

  1. -Dreaming Girl- 恋、はじめまして
  2. 気まぐれTeenage Love
    • 作詞・作曲: 竹内まりや、編曲: 萩田光雄

エピソード[編集]

ザ・ベストテンに初出演した歌手は、記念にサインをすることになっていたが、岡田有希子がこの楽曲で初登場したときには、サインに顔のイラストを添えていた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 鳴田麻未 (2013年). “竹内まりや×クリス松村「Mariya's Songbook」対談 (2/5)”. ナタリー Power Push. ナターシャ. 2014年9月25日閲覧。
  2. ^ a b 【1984年10月】恋、はじめまして/岡田有希子 初期の恋の3部作ついにベストテン入り”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 365日 あの頃ヒット曲ランキング. スポーツニッポン新聞社 (2011年10月7日). 2014年9月25日閲覧。
  3. ^ 『ザ・ベストテン:a photographic record of our days:昭和53年1月19日から平成元年9月28日』 東京放送、1989年

外部リンク[編集]