東京風〜TOKYO WINDS〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京風
〜TOKYO WINDS〜
ジャンル トーク番組 / 特別番組
企画 片岡飛鳥(フジテレビ)
演出 渡辺琢(フジテレビ)
出演者 とんねるず
石橋貴明木梨憲武
バナナマン
設楽統日村勇紀
おぎやはぎ
小木博明矢作兼
ほか
オープニング 山下達郎RIDE ON TIME
エンディング 同上
製作
プロデューサー 太田一平(フジテレビ)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
東京風〜TOKYO WINDS〜
第1回
放送期間 2010年12月27日
放送時間 月曜日 23:30 - 24:30
放送分 60分
回数 1
第2回
放送期間 2011年4月3日
放送時間 日曜日 22:30 - 23:45
放送分 75分
回数 1
テンプレートを表示

東京風〜TOKYO WINDS〜』(とうきょうふう〜トーキョーウインズ〜)は、フジテレビ系列2010年から2011年まで不定期放送されていたトーク番組である。

概要[編集]

『正しい東京』について東京在住の「純粋な東京人」、「ちょっと田舎出身の東京人」、「かなり田舎出身の東京人」の芸能人がそれぞれの立場で語り合うトーク番組

トークテーマは「東京らしい○○」。ダメな話と判断されると罰を受けることになる(回によって罰は代わる)。

山下達郎の「RIDE ON TIME」が番組のイメージソングとしてOP・ED、トークのBGMとして多用された。

内容[編集]

第1回[編集]

放送日
出演者
放送内容
  • トークテーマから外れた事を言うと「頭を冷やした方がいいんじゃない?」と言われ、プールに落とされる。プール落としの2人目が一番上の立場だった石橋であった。その後はいかに相手を落とすかの腹の探り合い、駆け引き重視のトークになった。石橋はこの日2回プールに落ちたが、相方の木梨は一度も落ちなかった。撮影は例のプールの貸しスタジオで行われた。

第2回[編集]

放送日
出演者
放送内容
  • 「東京らしくない」と店長スタッフ)に判断された人には、罰として上半身に袖無しGジャン鼻ピアス読売ジャイアンツの帽子を被せられる。出会いのテーマで、石橋が鈴木保奈美と、木梨が安田成美との馴れ初めを初告白し、大いに盛り上がるが、「番組の主旨と合っていない」との理由で上記の格好になる罰を受けた。最終的には全員が巨人帽を被った。 東日本大震災から間もない時期での放送だったので、本放送直前に出演者による「ひとつになろう日本」のジングルが入った。

スタッフ[編集]

第2回時点[編集]

  • 企画:片岡飛鳥
  • 構成:松井洋介石原健次樅野太紀 / 遠藤察男
  • SW:高田治
  • CAM:小川利行
  • 音声:加瀬悦史
  • VE:谷古宇利勝
  • 照明:安藤雄郎
  • 音響効果:大久保吉久(3×7
  • 美術プロデューサー:井上幸夫
  • 美術デザイン:鈴木賢太
  • 美術進行:楫野淳司
  • 大道具:稲本浩
  • 装飾:門間誠
  • アクリル装飾:斉藤祐介
  • 特殊効果:飯塚生臣
  • 電飾:倉持光祥
  • 植木装飾:広田明
  • 生花装飾:荒川直史
  • 衣裳:山田斉
  • 持道具:土屋洋子
  • メイク:石井織恵
  • タイトル:湯浅信人
  • 編集:瓜田利昭(D-Craft
  • MA:吉田肇
  • 編成:加藤達也
  • 広報:正岡高子
  • デスク:鈴木桂子
  • TK:江野澤郁子
  • AP:松尾やす子
  • 制作進行:藤井貴代美
  • プロデューサー:太田一平
  • 演出:渡辺琢
  • 技術協力:ニユーテレスFLTIMAGICA
  • 制作協力:Arrival
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:オークラ(第1回)
  • CAM:岩田一巳(第1回)
  • VE:宮本学(第1回)
  • 大道具:松本達也(第1回)
  • 電飾:照喜名紀央(第1回)

外部リンク[編集]