テキトーTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テキトーTV ダメバイブル』(テキトーティーヴィー ダメバイブル)は、テレビ朝日単発特別番組枠ドスペ2』枠で不定期放送されていたバラエティ番組。外国語表記は「TEQUITO TV」。

概要[編集]

「ダメ人間による、ダメ人間のための番組」「ダメ人間がもっとダメになる、そしてタメになる番組」をコンセプトにしていた深夜ならではのバラエティ番組で、くりぃむしちゅー有田哲平が単独で司会を務めていた。初回からのメインメンバーは、おぎやはぎ矢作兼ますだおかだ岡田圭右2005年3月5日の開始以来、2007年3月3日までに計8回放送された。『ドスペ2』で最も人気のある番組である[独自研究?][要出典]

出演者[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

その他[編集]

  • 原利夫(はらメディカルクリニック) - 「僕らの精子はダメじゃないよね?」に出演。

主なコーナー[編集]

僕らの精子はダメじゃないよね?
ダメ人間である自分の子孫が大丈夫かどうかを、タレントが自ら精子を採取し、医師に診てもらい検証するという名物コーナー。別名「僕らの子孫だけはダメじゃないよね?」。検査終了後、医療用の睾丸モデルを元にしたスタッフ手作りの睾丸ストラップが進呈される場合もあった。なお、矢作は精子の異常が発覚して計3回の検査を、猫ひろしは第4回で包茎手術を行った。以下に挙げるのはチェックを行ったタレント。
有田哲平・岡田圭右(第1回)、矢作兼(第1回・第2回・第3回)、ふかわりょう(第2回)、猫ひろし(第3回・第4回)、竹山隆範(第4回)、ヒデ(第5回)、小木博明日村勇紀(第7回)、庄司智春(第8回)。第6回は行われなかった。
ダメ人間による悩み相談Q&A
ダメ人間のダメな悩みに、レギュラー陣が議論を交わしながら回答する。
ダメな人間に送りたい知って得する一石二鳥
ダメ人間のためにあるような、一度で2つの事をこなせる便利なグッズを紹介する。
テキトー調査隊
どうでもいいけど気になることをテキトーに調査する。
ダメ川柳
ダメ人間について詠った川柳をレギュラー陣が披露する。
ミスダメ女コンテスト(第7回・第8回)
第7回から開始。若手女性タレントの中から、オーディション形式でダメ女ナンバーワンを決定する。初代ミスダメ女、2代目ミスダメ女ともに、小阪由佳が選ばれた。これを受け、小阪は同局の『くりぃむナントカ』にも準レギュラーで出演した。
第1回出場者:小阪由佳、愛川ゆず季相澤仁美矢吹春奈くまきりあさ美マリエ
第2回出場者:小阪由佳、南明奈川村ゆきえ小林恵美矢部美希古瀬絵理チェン・チュー

主題歌[編集]

放送日[編集]

  1. 2005年3月5日
  2. 2005年6月18日
  3. 2005年11月5日 - ゲストは山崎樹範くまきりあさ美
  4. 2006年2月25日 - ロケ企画は「有田のダメな想い出がいっぱい in 熊本」。精子チェックのゲストにさとう珠緒
  5. 2006年4月1日 - ロケ企画は雲の写真を撮る「石川亜沙美メイン企画・私の趣味」。
  6. 2006年7月29日 - ロケ企画は「ダメ人間にオススメする一石二鳥の旅 IN 北海道」。夏川の代理で浅香友紀が参加。
  7. 2006年10月28日 - ロケ企画は「ダメダメ3人のブラブラ旅」。新コーナーに「ミスダメ女コンテスト」。
  8. 2007年3月3日 - 精子チェックに女医の西川史子が登場。

スタッフ[編集]

  • ナレーター:武田広
  • 構成:渡辺真也もみのオークラ
  • カメラ:川上孝行
  • VE:佐藤敦
  • 音声:清水美都子
  • 照明:岩壁正典
  • CG:ディーレン
  • 美術進行:吉居真夏(テレビ朝日クリエイト
  • 編集:川合信吾 (IMAGICA
  • MA:大木久雄(IMAGICA)
  • 音効:村松聡(佳夢音
  • TK:南田めぐみ
  • 編成:西村裕明(テレビ朝日)
  • 宣伝:坂本あかり(テレビ朝日)
  • AD:戒能真理(テレビ朝日)、加藤一郎
  • AP:池田桂子
  • ディレクター:前川善郎
  • プロデューサー:瀬戸口修(テレビ朝日)、上原敏明
  • チーフプロデューサー:藤井智久(テレビ朝日)
  • 制作協力:ジーヤマ
  • 制作著作:テレビ朝日

外部リンク[編集]