小林恵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし えみ
小林 恵美
プロフィール
愛称 こばえみ
生年月日 1983年1月1日
現年齢 33歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 B型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 164 cm / 48 kg
BMI 17.8
スリーサイズ 88 - 56 - 83 cm
カップサイズ F
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2002年
ジャンル グラビア
モデル内容 水着
他の活動 女優タレント
その他の記録
2003年大磯ロングビーチキャンペーンガール
2004テレビ朝日エンジェルアイ[1]
2005年サッポロビールイメージガール[1]
モデル: テンプレート - カテゴリ

小林 恵美(こばやし えみ、1983年1月1日 - )は、日本グラビアアイドル女性タレント東京都出身。サンズエンタテインメント所属。

略歴[ソースを編集]

東京都港区赤坂[要出典]で出生。國學院大學久我山中学校に入学。青山学院高等部に合格し、1年次は水泳部に所属。青山学院大学経営学部に入学。学生時代に事務所であるイエローキャブに所属し、のちにサンズエンタテインメントに移籍した。事務所分裂後に急激に仕事が増えたため、一年留年した後に卒業した。経営学学士を修得している。。

イエローキャブ在籍時代は、アイドルグループ『R.C.T.』のメンバーとして活動していた。また、芸能人女子フットサルチーム『carezza』の元メンバーでもある。

2006年3月から1年間、『ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!』の企画で東京大学の入試突破を目指し、受験勉強をしていた。その傍ら、小島くるみとお笑いコンビ『GLOBAL STANDARD』を結成して『M-1グランプリ』に挑戦し、2回戦まで勝ち残る。

連ドラのデビュー作品は『ライオン丸G』。

人物[ソースを編集]

好みの男性のタイプは一重まぶたの人。 本は漫画・小説・問わず読んでおり、かつては『幕張』や『つるピカハゲ丸』などを愛読していた。

歌を歌うのが苦手で、音痴を克服する企画に参加した事が有る。

芸能界デビューのきっかけは大学1年のとき、芸能界に興味を持っていた小林に友人が「業界の人を紹介する」と言われ、野田義治を紹介された。さらに、野田からバストのカップとパスポートの有無を問われただけで、1週間後のハワイロケに行くことを告げられ、そのまま芸能界にデビューした。

Mr.Childrenの大ファン。

WBC日本代表が優勝した後のブログに「野球大好きっ娘なので、うれしいです!!!」と記載。学生時代、東京ドームで売り子のバイトをしていた事もあるため、プロ野球は熱烈な巨人ファンである。

近年では1ヶ月の多くが休みで、仕事も収入も減り、生活費が苦しい時はヤフオク!で洋服を売り、芸能界引退も視野に入れたこともあるという。

家族[ソースを編集]

母方の曾祖母は日本で正教の宣教活動を行っていたロシア人であるが、小林はそのことを10代になるまで知らなかった[2]正教徒であり、母方の祖父の葬儀も日本正教会ニコライ堂で執り行うなど、母方の一家は敬虔な正教徒であるが、小林自身は正教徒ではない[2]。自らのルーツを知ったことからロシアへの興味は持っており、2007年度のNHK教育テレビロシア語会話』の生徒となる。

兄が居る。

出演[ソースを編集]

バラエティ番組など[ソースを編集]

レギュラー・準レギュラー[ソースを編集]

単発[ソースを編集]

ドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

Vシネマ[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

  • 志村魂2
  • SOLID STAR プロデュースVol.2「ヨビコー!」(2014年10月22日 - 26日、六行会ホール)

CM[ソースを編集]

PV[ソースを編集]

インターネットテレビ[ソースを編集]

  • CS Viewsio MORRICH Presents Music Plant のぎのぎ
  • コイカツ 恋愛ノウハウトークライブvol.2](マシェリバラエティ マシェバラ、2011年3月25日)
  • 小林恵美のFの誘惑(2011年9月29日 - 2012年5月17日)
  • 小林恵美と南まりかのたまにはホメて!(ニコジョッキー、2012年7月26日 - )

キャンペーンキャラクター[ソースを編集]

作品[ソースを編集]

DVD[ソースを編集]

  1. EMI(2002年7月6日)
  2. Last Venus(2002年8月20日)
  3. 春風(2003年10月10日)
  4. コ・バ・エ・ミ(2004年3月5日、ニューセレクト
  5. 月刊DVDマガジン First Impression Vol.3(2004年6月25日)
  6. テレ朝エンジェルアイ2004 Vol.1(2004年7月7日 エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  7. Silky Collection「Se-女!2」B(2004年8月27日)
  8. 素肌(2005年4月30日)
  9. グラマラスター(2005年5月25日)
  10. W 〜もう一人の私〜(2005年9月22日 ジェネオン・エンタテインメント
  11. LOVE 小林恵美(2006年5月17日 ポニーキャニオン
  12. たべごろ(2006年7月31日、エイベックス・ネットワーク)
  13. Alii(2006年8月30日、ソニー・ミュージックエンタテインメント
  14. 春爛漫 (2007年4月28日、晋遊舎
  15. DOLCE 〜ドルチェ〜(2009年7月25日、晋遊舎)
  16. DOLCE II 〜ドルチェ II〜(2009年11月28日、晋遊舎)
  17. コンバーチブル(2011年4月8日、竹書房)
  18. Female(2011年6月22日、イーネット・フロンティア、監督:安倍雄治)
  19. Last Kiss (2013年4月24日、イーネット・フロンティア)
  20. 美貌の果実(2013年8月20日、ラインコミュニケーションズ
  21. 美貌の吐息(2015年2月20日、ラインコミュニケーションズ
  22. Sweet Love Affair(2015年8月28日、シャイニングスター

 

関連作品[ソースを編集]

  • sexualeyes(2005年8月25日、h.m.p) - 伊藤あいのDVD。小林恵美とのピンポン対決を特典映像として収録。

CD[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

写真集[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]