南まりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みなみ まりか
南 まりか
プロフィール
愛称 まりかさん
生年月日 1985年11月18日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 AB型
瞳の色 濃褐色
公称サイズ(2009年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 80 - 58 - 87 cm
活動
デビュー 2007年
ジャンル グラビアアイドル
著名な家族 小池純輝(夫)
他の活動 タレント
事務所 サンズエンタテインメント
アイドル: テンプレート - カテゴリ

南 まりか(みなみ まりか、1985年11月18日 - )は、日本タレント、元グラビアアイドル

東京都出身[1]サンズエンタテインメント所属。

夫はプロサッカー選手・小池純輝

人物・来歴[編集]

一時期ソリッドサンズエンタテインメント(SSE)に転籍。

2007年に芸能界デビュー。同年1月15日、芸能人女子フットサルチーム「carezza」に入団。背番号は「12」。Jリーグに所属するザスパクサツ群馬のサポーターでもある。

carezza同期入団の吉野ももみとお笑いコンビ「とうふ」を組み、お笑いライブにも頻繁に出演していた。吉野から「まーりかさーん」と振られた後、「なーに? ももみさん」などと返すのが最初の主なパターンだった。2007年の「M-1グランプリ」にも挑戦したが、1回戦で敗退。同年限りで事実上解散し、元相方は現在さなと「相方不在」として活動している。

2008年4月より『今夜もドル箱!!』のアシスタント(新ドル箱エンジェルス→新々ドル箱エンジェルス)として出演、それ以降は様々なパチンコ・パチスロ番組に出演し、自身の冠番組も持っている。大当たりを引いた際に「見たかぁー!!あたいの引きをー」又は「あたいの引きを見たかー‼」という決め台詞を持つ[2][3]

2015年12月14日にJリーガー・小池純輝と結婚したことが明らかになった[4]。 結婚後も芸能活動は続けるが、グラビア活動は結婚に関係なくすでに卒業している。

日商簿記検定1級の資格を持つ。サンズに入る前に約2年半、OLとして新宿のインテリア会社に経理として勤務していた[5][6]

2016年10月30日、自身のブログで第1子妊娠を公表[7]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー
過去の出演番組

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

インターネット番組[編集]

ラジオ[編集]

携帯サイト[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

  • M(2009年2月25日、GPミュージアム
  • Dear…(2009年5月22日、グラッソ
  • SWINUTION(2009年10月22日、イーネット・フロンティア
  • まりっか!(2010年12月17日、イーネット・フロンティア)
  • Southern Wind(2010年6月19日、イーネット・フロンティア)
  • monsoon〜みなみの季節〜(2011年4月22日、イーネット・フロンティア)
  • M〜holic(2012年10月19日、イーネット・フロンティア)

書籍[編集]

  • 収支をつければパチンコ・パチスロは負けない(2012年6月8日、ワニブックスPLUS新書)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 南まりか「胸がないから…」あそこが“こんにちは”?”. スポニチ Annex (2009年11月7日). 2016年1月19日閲覧。
  2. ^ 「収支をつければパチンコ・パチスロは負けない」第4章「南まりかのパチンコ・パチスロ1カ月実戦」より
  3. ^ パサーってアレ。”. オフィシャルブログ「じゃッ、それで!」 (2011年3月29日). 2015年7月29日閲覧。
  4. ^ “南まりか J2千葉・小池純輝と結婚「笑顔の多い楽しい家庭に」”. sponichi annex (スポーツニッポン). (2016年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/11/kiji/K20160111011839191.html 2016年1月11日閲覧。 
  5. ^ 南まりか 『収支をつければパチンコ・パチスロは負けない』 ワニブックス2012年6月ISBN 978-4847065323
  6. ^ エンタメ総合モバイルポータルサイト『「ダウンタウンDX」で大ウケ。南まり化は巨乳軍団の秘密兵器になれるのか!?』
  7. ^ “南まりか、第1子妊娠 夫はJ2千葉・小池純輝選手”. ORICON STYLE. (2016年10月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2080759/full/ 2016年10月31日閲覧。 

外部リンク[編集]