蛭田有希子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蛭田有希子(ひるたゆきこ・1975年7月19日-)。1990年代半ばに活躍したタレント埼玉県出身、血液型A型。趣味は読書、特技はアルトサックス(中高生時代吹奏楽部だった)とピアノ。  

略歴[編集]

子供の頃から女優になるのを夢見て、高校3年生だった1993年9月にTBSラジオ主催の第1回シンデレラドリームオーディションに合格。10月からスタートした同局の深夜番組シンデレラドリーム ミッドナイト☆パーティー」(以下ミッドナイト☆パーティーと略す)でデビューした。番組開始当初はレギュラーメンバーには加わらず、11月から毎月1回行われた番組主催イベントだけの参加だったが、高校卒業した1994年3月に黒住祐子がメインだった金曜深夜担当で初めてレギュラーとなり、本格的なデビューを果たした。7月には黒住祐子や四元都華咲とユニットマヒマヒを結成し、かつてさいとうみわこ(現さいとういんこ)らタンゴ・ヨーロッパらが唄った「桃郷シンデレラ」をカバーしてCDをリリースし、歌手デビューを果たした。

同年10月には月曜深夜1部で初めてメインパーソナリティーになり木曜深夜と週2回担当することになったが、ミッドナイト☆パーティーで週2回レギュラーをもったのは彼女だけ(11月からはTV版!ミッドナイト☆パーティーも)。また同じ時期にシンデレラ仲間の松宮麻衣子が所属していたヤザ・パパに所属し、ドラマや映画に出演、女優としても活躍した。1995年4月に黒住祐子がTV版ミッドナイト☆パーティー専属になるため、自身が担当していた月曜深夜1部を木曜深夜に統合する形でメインを引き継いだ。そして11月号の雑誌「UP TO BOY(アップトゥボーイ)」(ワニブックス)では恥ずかしながらも自身の水着姿も披露した。

ミッドナイト☆パーティー終了後の後継番組として土曜深夜(日曜早朝)に放送された「ウィークエンド・ミッドナイト☆パーティー」にはレギュラーではなかったものの、ゲストとして多く出演していた。

そして1996年4月からTBS系「関口宏の東京フレンドパークII」のアシスタント従業員として初のTVレギュラー出演を果たした。しかしミッドナイト☆パーティーのシンデレラ(パーソナリティー)出身では松宮麻衣子とともにその後の活躍が最も期待されたにもかかわらず、1997年4月「関口宏の東京フレンドパークII」卒業・降板を最後に引退した。引退後は結婚し、その後出産。現在は2児の母となっている。

「ミッドナイト☆パーティー」を担当していた頃、阪神タイガースファンであると語っており、特に新庄剛志の大ファンで一度、雑誌掲載のときに新庄が掲載されている雑誌などの写真や記事の切抜きを集めたクリアファイルをサインつきで読者プレゼントしたことがある(オーディション合格後、後に同じ事務所仲間となった関西出身の松宮麻衣子に「新庄のファンなの?」とからかわれたという)。

主な活躍[編集]

出演番組[編集]

太字はレギュラー出演

出演映画[編集]

出演CM[編集]

掲載雑誌[編集]

出版本[編集]

  • 20世紀最後の大決断(ワニブックス・1995年)担当番組内のコーナー
  • エジホン2(飛鳥新社・1995年)担当番組内のコーナー

うた[編集]

  • 桃郷シンデレラ(黒住祐子・四元都華咲とのユニット"マヒマヒ"として、キングレコード・1994年7月)
  • EVE ~大人になる前に~(ミッドナイト☆パーティーオリジナルソング・1994年)CD未発表
  • 永遠のマジック(ミッドナイト☆パーティーオリジナルソング・1995年)CD未発表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(1995年にTBSテレビ「TV版!ミッドナイト☆パーティー」でアリスのコスプレで自身のオリジナルソング「永遠のマジック」を歌っているシーンを収めたもの)
ミッドナイト☆パーティー シンデレラ
シンデレラドリームオーディション第1期生
黒住祐子橋口育代潮まきこ松任谷玉子額村麻裕四元都華咲
石本祥岩崎伊津子蛭田有希子福田真知子高田裕子
坂井美唯子古賀美智子平松まゆき永瀬知恵松宮麻衣子
シンデレラドリームオーディション第2期生
後藤明子芹川ゆかり平塚優子相沢知中上千鶴
オリジナルユニット
マヒマヒ