ドスペ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドスペ2
ジャンル 単発特別番組枠/バラエティ
放送時間 土曜日 24:30 - 25:25(55分)
放送期間 2004年10月2日 - 2011年4月2日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 下記参照
出演者 放送回により異なる
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
2008年1月〜3月までは土曜日24:35 - 25:30
テンプレートを表示

ドスペ2』(ドスペツー)とは、テレビ朝日系列で放送されていた深夜番組単発特別番組枠(『ドスペ!』の下部番組)。「テレビ朝日の次世代を担う60分のチャレンジ企画」として2004年10月2日にスタートした。番組のタイトル通り、土曜日深夜(日付上は日曜日未明)24:30 - 25:25(JST)に放送。主にハイビジョン制作

なお、テレビ朝日系列局である鹿児島放送(KKB)には土スペ2という2時間の深夜番組枠が存在したが、当項目で記述している「ドスペ2」とは別物であった。

概要[編集]

レギュラー番組への登竜門としての意味合いが強く、この枠で単発放送した『草野☆キッド』や『オーラの泉』が好評を博してレギュラー番組化された。また『バカ検定』が全国で放送された。ほとんど自社制作だが、中には関西ローカルで放送された番組やメ〜テレ制作の事前番組を放送された事がある。2007年後半になると再放送番組も増えだしてきて、2008年は番宣番組が多かった。2009年前半は月1回程度『テラコヤ』や『快盗!!シノビーナ』の放送が多かったが、後半あたりから単発番組を中心に戻りつつある。

藤岡弘、探検シリーズ』最新作等の予告番組、『銭形金太郎』、『愛のエプロン(恋のエプロン)』や『小学生クラス対抗30人31脚』の特別編、或いは中居正広司会の野球関連番組が放送されるなど、番組宣伝として利用される事もある。最も放送回数が多い番組は『快盗!!シノビーナ』で、2009年9月まで合計10回(そのうち特別編を含む)放送されていた。それまでは『テキトーTV』の8回。

2005年1月22日にはライブ中継(録画放送中継)の音楽番組『マイナスターズLIVE』も放送された。兄弟番組の『ドスペ!』が、2007年3月で終了。2009年4月に『サタスペ!』が開始されるも、こちらも9月で終了している。

公式ホームページで、予告ビデオが視聴出来たが、後期からは「見たい・見たくない」の投票となった。また番組終了後「面白かった・メインの出演者が良かった・続編が見たい」などの感想を募る投票も行っており、その結果によって続編や、その企画をアレンジした企画が放送される。2007年4月からは日曜ワイドと合同で「バラエティ祭り」としてリニューアルした(リニューアルの際、2007年3月以前放送分のページはTOPページから行けないようになっている)。

2008年1月12日3月29日までは前座枠ミニ番組『S』が開始された事により、放送時間が5分繰り下げていた。2009年1月より、元東京ヤクルトスワローズ古田敦也の冠番組「フルタの方程式」を月1回この枠にて放送。2010年10月17日は、DVD発売の宣伝を兼ねて2010年9月9日に放送されたアメトーーク!ロンドンハーツ芸人」の再編集版が放送された。2011年4月2日の「ザ・ラストスクエア」を以って単発番組枠は終了、翌週からは海外ドラマ枠(金曜深夜から枠移動となり、第1作目は『フラッシュフォワード』。)となったが、9月17日で終了。翌週から再び単発番組枠に復帰している。

この枠からレギュラー化した番組[編集]

月バラ!枠で放送された番組[編集]

  • 運命の数字
  • よっ!日本一!![1]勝俣州和天野ひろゆきが紅白に分かれテーマに沿って、これが日本一だと体を張って探してくる番組(2006年7月10日にゴールデン特番が放送され、2007年1月3日14:30 - 16:30に第3弾が放送、2007年6月29日23:15 - 24:10、2007年7月6日23:15 - 24:10に前後編にわたり第4弾が放送、2007年9月22日にドスペ2枠で総集編、2007年9月24日19:00 - 20:54に第5弾が放送)。

主な企画[編集]

2回以上のシリーズ放送[編集]

宣伝番組[編集]

地方局製作番組[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 土曜 24:30 - 25:25 制作局
山形県 山形テレビ(YTS) 2006年10月7日よりネット
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 開始当初からネット
  • 琉球朝日放送(QAB)は、2005年9月24日の放送をもって打ち切ったが、2006年4月からQスペに題名を変えてネットを再開。
  • 秋田朝日放送(AAB)は2006年10月8日からサンデースクランブル枠(同局は同番組非ネット)でレギュラー放送を開始したが、約2年前のものを放送している。また、毎月最終日曜は別番組で休止をする。
  • 大分朝日放送(OAB)は2005年10月1日よりネットしていたが、2007年10月6日をもって打ち切った。後番組はモップガール(遅れ放送)。

他の系列局では、単発番組の形でネットする事が多いが、レギュラーで放送しているのは上記3局のみである。そのため遅れネット局では16:9で放送されない地域(HOMEなど)が多い。また、『堂本光一の視聴者限定TV 見ちゃダメ!!』が、系列外の高知放送でも単発番組として放送されるケースもあった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]