バナナマンの決断までのカウントダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バナナマンの
決断までのカウントダウン

バナナマンの決断は金曜日!
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 小仲正重
演出 平野彰子
プロデューサー 坪井貴史(チーフP)
大川友也、開発勇輔、三好剛、増谷秀行、坪井理紗、宇和川隆
出演者 バナナマン
設楽統日村勇紀
吉村崇(平成ノブシコブシ
ほか
ナレーター 牧原俊幸(進行)
槇大輔
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
決断までのカウントダウン(パイロット版)
放送時間 土曜日 23:10 - 24:10(60分)
放送期間 2013年12月28日(1回)
バナナマンの決断までのカウントダウン
放送時間 金曜日 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 2014年4月11日 - 9月19日(24回)
バナナマンの決断は金曜日!
放送時間 金曜日 23:30 - 23:58(28分)
放送期間 2014年10月17日 - 2015年3月27日
バナナマンの独占密着!スターの決断〜決断は金曜日!スペシャル〜
放送時間 金曜日 21:00 - 22:52(112分)
放送期間 2015年5月29日(1回)
テンプレートを表示

バナナマンの決断までのカウントダウン』(バナナマンのけつだんまでのカウントダウン)は、フジテレビ系列金曜COOL TV』枠で2014年4月11日から2015年3月27日まで放送されていたバラエティ番組バナナマン冠番組だった。

概要[編集]

2013年12月28日に、パイロット版『決断までのカウントダウン』が放送された。

2014年10月17日より放送時間を30分繰り下げ、23:30からに変更の上、番組名を『バナナマンの決断は金曜日!』に改題リニューアルした。

2015年4月より本番組の放送時間帯に『さまぁ〜ずのご自慢列島ジマング』を放送することが決まったため[1]、同年3月27日の放送をもって終了した。

しかしその約2ヶ月後の5月29日に、同局の『金曜プレミアム』で、『バナナマンの独占密着!スターの決断〜決断は金曜日!スペシャル〜』が放送されるため、実質、復活することとなった[2]。また、本番組が初めてゴールデンタイムプライムタイムで放送された。

人生を変える決断を下した有名人をゲストに招き、決断するまでのエピソードを再現ドラマで紹介するバラエティ番組

バナナマン初のフジテレビレギュラー冠番組である。

番組ホームページ等に特記は無いが、番組中の随所でゲスの極み乙女。の楽曲の一部が使用されていた。 ちなみに、番組のCMで使用されているのは「crying march」であった。

出演者[編集]

MC
進行
レギュラー
ナレーション

ネット局と放送時間[編集]

パイロット版[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 2013年12月28日 23:10 - 翌0:10 制作局
北海道 北海道文化放送 (uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
近畿広域圏 関西テレビ (KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ (TSK)
岡山県・香川県 岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビくまもと (TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS)
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)
大分県 テレビ大分 (TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
2014年1月15日 9:50 - 10:50 18日遅れ
青森県 青森テレビ (ATV) TBS系列 2014年4月16日 23:58 - 翌0:58 109日遅れ

レギュラー版[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 金曜 23:00 - 23:30

金曜 23:30 - 23:58
制作局
北海道 北海道文化放送 (uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
近畿広域圏 関西テレビ (KTV)
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ (TSK)
岡山県・香川県 岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビくまもと (TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS)
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)
青森県 青森テレビ (ATV) TBS系列 水曜 23:58 - 翌0:28[3] 12日遅れ
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK) フジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列 火曜 14:55 - 15:25[4] 32日遅れ

スタッフ[編集]

バナナマンの決断は金曜日!
  • 企画:小仲正重
  • 構成:石原健次樅野太紀、木野聡、酒井義文、戸田倫彰
  • 美術プロデュース:三竹寛典
  • デザイン:鈴木賢太
  • 美術進行:三上貴子
  • 大道具:吉田隼人
  • 装飾:門間誠
  • アートフレーム:石井智之
  • メイク:山田かつら
  • CG:久保田幸、鈴木鉄平
  • TP:児玉洋
  • TM:高瀬義美
  • SW:小川利行
  • CAM:宮本直也
  • VE:土井理沙
  • MIX:片山勇
  • 照明:野崎政克
  • 編集:江原英生、水野智史
  • MA:阿部雄太
  • 音響効果:高田智彰
  • 技術協力:ニユーテレスfmtIMAGICABABY SOUND LUCK、パークグラフィックス、バンエイト
  • リサーチ:高森雄幸
  • デスク:西岡知子、保坂恵理子
  • 広報:清田美智子
  • FD:田村貴広、安部聖之
  • TK:斉藤裕里
  • 制作協力:IVSテレビ制作ザ・スピングラス、Platform inc、モンスターゾーン、クリーク・アンド・リバー社
  • AP:石川敬大、佐藤恵里、太田茂憲
  • ディレクター:萩森豪、白川誠、佐々木卓也、光用さやか、持田謙二、池山喜勇、瀬津巧、伊藤淳一、吉田渉、佐藤秀樹
  • プロデューサー:大川友也、開発勇輔、三好剛、増谷秀行、坪井理紗、宇和川隆
  • 演出:原武範、大平進士、伊藤嘉彦、妹尾篤志
  • 総合演出:平野彰子
  • チーフプロデューサー:坪井貴史
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

バナナマンの決断までのカウントダウン
  • 構成:桜井慎一
  • デザイン:棈木陽次
  • 美術進行:林勇
  • 大道具:松本達也
  • 電飾:石田俊一
  • アクリル装飾:斉藤祐介
  • TP:塩津英史
  • VE:宮本学、原啓教
  • 照明:川田敦史
  • 編集:岩崎秀徳
  • 技術協力:マルチバックス、ライスフィールド
  • リサーチ:飯塚洋介
  • デスク:千田久美子
  • FD:筧大輝
  • ディレクター:大田久美子
  • プロデューサー:安喜昌史、澤井慎幸
  • 演出:宮崎鉄平

脚注[編集]

  1. ^ フジ 「原点回帰」で大幅な改編宣言「楽しみな改編」 Sponichi Annex 2015年3月6日閲覧。
  2. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2015年11号 56頁
  3. ^ 当該時間帯は放送開始~2014年9月まではA-Studio、2014年10月~レギュラー放送終了までNEWS23TBS制作)をネットしている。
  4. ^ 当該時間帯は放送開始~2014年9月まではアナザースカイ、2014年10月~レギュラー放送終了までは未来シアター日本テレビ制作)をネットしている。

外部リンク[編集]

フジテレビ 金曜日 COOL TV
前番組 番組名 次番組
バナナマンの
決断までのカウントダウン
フジテレビ系 金曜23時台後半枠
バナナマンの決断は金曜日!
フジテレビ系 金曜プレミアム
爆弾テロリストを追え!!
連続企業爆破事件
40年目の真実
(2015年5月22日)
バナナマンの独占密着!
スターの決断!
〜決断は金曜日!SP〜
(2015年5月29日)
池上彰緊急スペシャル
(2015年6月5日)