徳永善也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳永善也
別名 クロベエ
生誕 (1964-06-07) 1964年6月7日
出身地 日本の旗 日本 福岡県久留米市
死没 (2004-08-17) 2004年8月17日(40歳没)
学歴 筑紫工業高等学校(現・筑紫台高等学校)卒業
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
ドラマー
担当楽器 ドラム
活動期間 1983年 - 2004年
共同作業者 チェッカーズ
アブラーズ

徳永 善也(とくなが よしや、1964年6月7日 - 2004年8月17日)は、日本ミュージシャンドラマー)。元チェッカーズドラムス担当。「クロベエ」の愛称で親しまれた。身長174cm。血液型はA型。福岡県久留米市出身。

経歴[編集]

愛称の「クロベエ」は、小学生時代によく黒いジャンパーを着ていたことに由来する。

チェッカーズが結成された1980年、メンバーから車に連れ込まれ、「山に埋める」と脅されて加入させられた経緯を持つ。それまでは別のバンドに所属していた。チェッカーズは1983年にデビュー。解散まで在籍し、ステージやバラエティ番組などでひょうきんなキャラクターを見せた。

徳永の実父は会社を経営していたが、仕事で運転していた車での踏切事故で1985年の年末に他界。この事故についての補償など事後処理は、チェッカーズの所属事務所・スリースタープロが行ったという。チェッカーズは1992年末で解散し、藤井郁弥(のちの藤井フミヤ)尚之兄弟・武内享大土井裕二はスリースタープロを事情あって退所したが、徳永は高杢禎彦鶴久政治とともにスリースタープロに残った。これは鉄道事故補償での義理を徳永が通したからだといわれる。

チェッカーズ解散後は1993年、『リトルバッハ』を結成、徳永がリーダーとなり、準備期間を経て1995年より本格的に活動を開始する。しかしその後、同バンドはライブ動員、CD売り上げともに伸びず、事務所の決定により1998年に解散。徳永は事務所を退所、一時は芸能活動を全て停止し、大型トラックの運転手をして生活していた時もあったという。

また、鶴久のレコーディングにドラマーとして参加したり、鶴久のライブにドラマーとして出演していた。2002年、博多時代から親交のある隈富太郎がきっかけで、隈が率いるバンド、『WILD-G』に加入。当時、このバンドはサウンドプロデューサーを武内が務めていた。

2003年、『WILD-G』の活動と並行して、チェッカーズ時代の仲間である武内・大土井・尚之とアブラーズを結成。精力的に音楽活動を行っていたが、間もなくして舌癌を患い、その後、入退院を繰り返していた。2004年8月17日、舌癌により40歳で死去。生涯独身であった。

人物・エピソード[編集]

チェッカーズ1985年7月5日にリリースされた7枚目のシングル「俺たちのロカビリーナイト」のB面に収録されている「青い目のHigh School Queen」の作曲者は徳永である。徳永のチェッカーズ時代の唯一のソロ曲であった。

C-C-B笠浩二とは同じドラマーということで親交が深く、チェッカーズ解散についても真っ先に笠に報告したという。

TH eROCKERSの再結成時のギタリスト角英明とは親戚である。

ビデオ[編集]

  • 徳永善也 第一回監督作品 『素顔 THE CHECKERS in LONDON/NEW YORK』 (1988年)