Song for U.S.A.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Song for U.S.A.
チェッカーズシングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キャニオンレコード
チャート最高順位
チェッカーズ シングル 年表
OH!! POPSTAR
(1986年)
Song for U.S.A.
(1986年)
NANA
(1986年)
テンプレートを表示

Song for U.S.A.」(ソング・フォア・ユー・エス・エー)は、1986年6月5日にリリースされた、チェッカーズの11枚目のシングル。

解説[編集]

同名のチェッカーズ主演映画主題歌。

第37回NHK紅白歌合戦での歌唱曲。

また、シングルとしては売野雅勇芹澤廣明が、作詞・作曲・編曲に携わった最後の作品である。

ボーカル藤井郁弥が音楽番組で同曲の歌唱時は、原曲よりもキーを下げて歌う事が多かった。

明治大学マーク・ピーターセン教授は、「the United States of America(あるいはthe U.S.A)という表現を、日本では「Song for U.S.A.」などのような、theが抜けた極めて異様な形でよく見かけるが」と論じている。(1988年岩波新書「日本人の英語」P.6)

作曲の芹澤は後日「売れたら、後は降りるしかないでしょう。6作目シングル『あの娘とスキャンダル』(85年3月)の頃にはスムーズにいかなくなって。やっぱりネタも尽きますよ。バンドでアイドルで売れ線で続けるって難しい。僕自身はもう潮時かなって思っていた。彼らも自分たちの曲をやりたくなるのは当然だしね。だから、ダサい終わり方はしたくなかったんだよね。」「チェッカーズの最後は、この曲って決めていたんです。この曲は、アメリカに行きたいって思っていた僕のことを、作詞家の売野雅勇さんに書いてもらったようなものです。」とインタビューで答えている[1]

シングルジャケットでは、「Song for U.S.A.」表記の下部に、「Last American Dream」と記されているが、正式なサブタイトルとして使われたことが一度もない。

収録曲[編集]

  1. Song for U.S.A.
  2. WA WA WA

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]