テベ・コンヒーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テベ・コンヒーロ
TV Con Giro
ジャンル バラエティ番組
出演者 ロンドンブーツ1号2号田村淳田村亮
枡田絵理奈(TBSアナウンサー
ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月17日 - 9月18日
放送時間 火曜日 23:50 - 翌0:20
放送分 30分
回数 21
公式サイト

特記事項:
TBSでは、火曜 23:45 - 23:50に『もうすぐテベ・コンヒーロ』が放送されていた[1]

テベ・コンヒーロ』(TV Con Giro)とは、TBS系列で2012年4月17日から同年9月18日まで、毎週火曜 23:50 - 翌0:20(特別編成等で遅延の場合もあり)に放送されていたバラエティ番組である。

概要[編集]

田村淳ロンドンブーツ1号2号)がMCを務める「世の中にある疑問を検証し解決する番組」。

日曜日20時枠で2012年3月25日まで放送された『クイズ☆タレント名鑑』のスタッフと出演者が再結集したもので、タレント名鑑の後継番組[2]と言われている。

番組タイトルはプロレス技である「トペ・コンヒーロ」をもじっている(「テベ」は「TV」のスペイン語読みで、テレビのこと)[2]、「テベコンヒーロ」と表記されることも多い。このタイトルからマスコットキャラクターは覆面レスラーのような容姿をしている。

「疑問と検証」は主にお笑い・お笑タレントに関するもので、クイズ・ゲーム形式で番組が進行する場合もある。あくまでもクイズ番組ではないので賞品等は出ないが、番組の後半には「ちょっとした罰ゲーム」が発生した。

テレビ雑誌[3]・ニュースサイト等で特集が組まれ注目を集めたが、当初の放送予定通りに5カ月間の放送で終了した。後番組は当番組の準レギュラーの有吉弘行が時間帯継続出演しMCを務める『有吉ジャポン』。

その後[編集]

番組終了後9カ月間の沈黙を破り2013年7月1日にはあるある回の進化系とも言える『あるあるJAPAN』が放送された。また2013年10月25日からは同じスタッフによる『Kiss My Fake』が放送された(本番組からはおぎやはぎのみ続投[4])。

2013年末から毎年末には同スタッフによる『クイズ☆正解は一年後』、2014年10月20日には『クイズ☆アナタの記憶』が放送された。また、『クイズ☆タレント名鑑』時代から続く有吉・おぎやはぎによる「チーム有吉」と、本番組で放送された「小梅太夫で笑ったら即芸人引退SP」を下敷きにした『極バラ「チーム有吉〜◯◯したら即引退スペシャル~」』も2015年1月9日に放送された。また同スタッフによる『有吉弘行のドッ喜利王』(2015年10月21日放送)は「振分親方に相撲以外で負けたら芸人即引退スペシャル」というニセ番組の収録として芸人たちが集められた。

出演者[編集]

MC
アシスタント
準レギュラー

放送リスト[編集]

エピソード[編集]

  • 2012年9月11日の放送において下記の謝罪放送があった。(原文のまま記載)
番組で放送した「街角!あの人○○っぽいインタビュー」という企画で通行人の方々に対して、お断りすることもなく憶測に基づく一方的なコメントを放送しました。中には、何ら根拠もなく「闇の住人である」などの表現もあり大変に不適切でした。ご迷惑とご不快を与えた皆様に、番組より深くお詫びいたします。

ネット局・放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 火曜 23:45 - 翌0:20[1] 2012年4月17日 - 9月18日 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 火曜 23:50 - 翌0:20 同時ネット
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
静岡県 静岡放送(SBS)
石川県 北陸放送(MRO)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
熊本県 熊本放送(RKK)
新潟県 新潟放送(BSN)[5] 2012年4月24日 - 9月18日
大分県 大分放送(OBS) 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜) 2012年4月29日 - 6月24日[6]
9月3日 - 10月29日
12日遅れ
青森県 青森テレビ(ATV) 月曜 23:50 - 翌0:20 2012年4月30日 - 10月1日 13日遅れ
広島県 中国放送(RCC) 火曜 0:50 - 1:20(月曜深夜)[7] 2012年5月1日 - 9月25日
長崎県 長崎放送(NBC) 火曜 0:20 - 0:50(月曜深夜) 2012年5月1日 - 10月2日
山口県 テレビ山口(tys) 水曜 0:50 - 1:20(火曜深夜) 2012年5月2日 - 10月3日 14日遅れ
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 水曜 23:50 - 翌0:20 2012年5月2日 - 9月26日[8] 15日遅れ
宮城県 東北放送(TBC) 土曜 1:10 - 1:40(金曜深夜) 2012年5月5日 - 11月10日 38日遅れ
富山県 チューリップテレビ(TUT) 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜)[9] 2012年6月3日 - 10月22日 54日遅れ
長野県 信越放送(SBC) 木曜 23:50 - 翌0:20[10] 2012年6月21日 - 2013年1月24日 64日遅れ
鹿児島県 南日本放送(MBC) 木曜 0:10 - 0:40(水曜深夜) 2012年7月5日[11] - 10月24日 78日遅れ
岡山県・香川県 山陽放送(RSK) 金曜 0:55 - 1:25(木曜深夜) 2012年7月6日 - 11月23日 79日遅れ

不定期・単発放送[編集]

主要スタッフ[編集]

  • ナレーション:銀河万丈
  • 構成:興津豪乃、大井洋一 / 渡辺真也
  • TM:金澤健一
  • CAM:石毛雄己
  • 音声:中西由香里
  • ロケ技術:SWISH JAPAN
  • 美術プロデューサー:齊藤傑
  • 美術制作:渡邊秀和
  • 小道具:深山健太郎
  • 持道具:岩本美徳
  • 衣装:君和田悦子
  • スタイリスト:渡辺浩司
  • ヘアメイク:佐野優美子、大岩乃里子
  • 音響効果:石川良則、丹羽さやか
  • 編集:関美幸
  • MA:市川徹
  • タイトルデザイン:草野剛
  • CG:ODDJOB
  • TK:伊藤佳加
  • デスク:椿美貴子
  • 編成:藤原麻知
  • 宣伝:小山陽介
  • 制作協力:吉本興業
  • AP:新貝元章
  • ディレクター:佐々木卓也、三枝浩史、平野亮一
  • プロデューサー:西川永哲、宮本稔久(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 演出 / プロデューサー:藤井健太郎
  • 製作著作:TBS

過去[編集]

  • プロデューサー:山田貢(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

テーマ曲[編集]

オープニングテーマ[編集]

ミル・マスカラス のリング入場のテーマ曲で、番組タイトル同様にプロレスをイメージする。

エンディングテーマ[編集]

MC田村淳がヴォーカルを務めるロックバンドの曲。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2012年5月8日から6月5日は『行くぞロンドン!2012ロンドン五輪バレーボール世界最終予選』を放送するため『もうすぐテベ・コンヒーロ』を休止し、系列局と同じく23:50スタートとなる。2012年6月12日と19日は『EURO2012・デイリーハイライト』を放送するため休止する。
  2. ^ a b 「深夜に居座る!」淳と「タレント名鑑」チームの野望 - お笑いナタリー 2012年5月1日
  3. ^ テレビブロス』2012年15号(東京ニュース通信社
  4. ^ パイロット版やレギュラー放送回でもFUJIWARA、田村亮(レギュラー版のみ)がゲスト出演している。
  5. ^ 2012年6月までは7日遅れ。TBSでの、6月26日『男のヘンサーチ!!芸能人SP』、7月3日『アーリーチャップリン』による2週放送休止により遅れがなくなったため、7月より同時ネットになった。
  6. ^ 2012年7月1日から8月26日までは『闇金ウシジマくん』放送のため休止していた。
  7. ^ 月曜エンターテインメントの第1部として放送(第2部は『内村さまぁ〜ず』を放送)。
  8. ^ 第18回・第19回は未放送。
  9. ^ 開始時点では日曜15:00 - 15:30の放送で番組編成により放送時間が毎回変わっていたが、第4回放送より現時間帯に定着。
  10. ^ 2012年9月6日(5日深夜)までは、木曜 0:55 - 1:25(水曜深夜)に、10月23日から11月27日までは、火曜 23:50 - 翌0:20放送されていたが、12月6日からは現在の日時。
  11. ^ レギュラー放送開始に先立って、TBSで2012年6月12日放送分の1時間SPを同年7月4日(3日深夜)の0:10 - 1:10に放送。また、TBSで2012年6月19日放送分の1時間SPは同年7月7日の15:00 - 16:00に放送。

外部リンク[編集]

TBS 火曜 23:50 - 翌0:20枠
前番組 番組名 次番組
テベ・コンヒーロ