アイドルちん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイドルちん
ジャンル バラエティ番組
演出 毛利忍
出演者 有吉弘行(あしながおじさん)
出演者を参照
エンディング 中野腐女シスターズ「wktk数え唄」
製作
プロデューサー 毛利忍
安岡喜郎(CP)
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年10月9日 - 2011年1月22日
放送時間 土曜日 25:50 - 26:20
→土曜日 25:20 - 25:50
放送分 30分
回数 12
公式サイト
テンプレートを表示

アイドルちん』は日本テレビ2010年10月9日から2011年1月22日まで土曜日深夜に放送されていたバラエティ番組ハイビジョン制作

2010年10月9日から2010年11月27日までは25:50 - 26:20、2010年12月4日から2011年1月22日までは25:20 - 25:50に放送された。

CS放送日テレプラスでも2011年のバレンタインに関連した特別企画として2月5日の深夜帯に#1から#4までの4回分一挙放送を編成、以降19日までの2週に渡って全12回分が集中放送された。

概要[編集]

20人のアイドルが有吉の出す課題に体を張って挑戦し、一流のアイドルを目指す。

番組での課題、ライブチャット、携帯コンテンツ、撮影会・ライブイベント、DVD等での応援ポイントを個々のアイドルに計上し、そのランキング順位に応じて「☆」を与える。OAで☆を多く集めたアイドルは翌週の放送で「ご褒美」が貰える。

  • 応援ポイントのご褒美
    • ☆50個 有吉おじ様からあだ名
    • ☆30個 テレビ・ラジオ・雑誌 出演
    • ☆20個 密着VTR
    • ☆10個 PV作成
    • ☆7個 CMキューショット独占権
    • ☆5個 センター権

出演者[編集]

MC[編集]

出演アイドル[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:桜井慎一、笹沼大、森本雅也、林田晋一、塩村文夏
  • ナレーション:石井康嗣
  • ディレクター:小泉浩之、流石英昭、今泉哲也
  • プロデューサー:野田義人、秋丸桃香
  • 演出・プロデューサー:毛利忍
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎
  • 制作協力:SION
  • 企画制作:日本テレビ
  • 製作著作:アイドルちん製作委員会

エンディングテーマ[編集]

  • ももいろクローバー『キミとセカイ』(2010年10月9日 - 11月6日)
  • 中野腐女シスターズ『wktk数え唄』(2010年11月20日 - 2011年1月22日)

イベント[編集]

  • 第1回イベント「アイドルちん このイベントに大集合!」(2010年10月18日、SHIBUYA-AX
  • ユニット対抗!「自分☆TV」基地局(2010年11月5日、Macherie.tv)
  • 第2回イベント「アイドルちん コラボだよ!全員集合」(2010年11月29日、原宿アストロホール)
  • 第3回イベント「アイドルちん クリスマスイベント」(2010年12月20日、日本橋三井ホール
  • 第4回イベント「アイドルちん 大感謝祭」(2011年1月17日、汐留・日テレホール)

DVD[編集]

  • アイドルちん このDVDを見よ!! 中野腐女ちんも ももクロちんも トマパイちんも グラドルちんも大集合!!! 空前のアイドルガちんコウォーズ(2010年11月10日、バップ
  • アイドルちん ちんプレー好プレー続出ちん このBOXでは、中野腐女ちんも ももクロちんも トマパイちんも グラドルちんも大暴れ!! 史上最高のアイドルガちんコ大戦の全記憶!!(2011年3月18日、バップ)

備考[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 12月11日は準々決勝・城南一和韓国)対アル・ワフダUAE)戦、翌週の12月18日は決勝戦・マゼンベコンゴ)対インテル・ミラノイタリア)戦をそれぞれ生中継。
  2. ^ 25:50からミニ番組を放送したため。

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜日 25:50 - 26:20枠
前番組 番組名 次番組
アイドルちん
(2010.10.9 - 2010.11.27)
ゴースト 〜天国からのささやき シーズン2
(2011.1.8 - 2011.7.2)
※25:50 - 26:45
日本テレビ 土曜日 25:20 - 25:50枠
アイドルちん
(2010.12.4 - 2011.1.22)
読モ!