大内義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大内 義昭
生誕 (1960-03-14) 1960年3月14日
出身地 日本の旗 日本福岡県八幡市
(現・北九州市八幡西区
死没 (2015-05-22) 2015年5月22日(55歳没)
職業 歌手、作曲家、音楽学校講師、プロデューサー

大内 義昭(おおうち よしあき、1960年3月14日 - 2015年5月22日)は、福岡県を拠点に活動していた日本 のミュージシャン、プロデューサー。個人事務所であるアイム・ヒアー代表取締役。

人物[編集]

福岡県八幡市(現・北九州市八幡西区)出身[1][2]北九州市立引野中学校、八幡大学付属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)卒業。

1980年代から、本格的な音楽活動を開始。自ら歌うほか、多くのミュージシャンに楽曲を提供。DU-PLEXというバンドのメンバーとなり、「サイキック・マジック」(G.I.オレンジのカヴァー)などをリリース。1994年第45回NHK紅白歌合戦に女優藤谷美和子と『愛が生まれた日』のデュエットで初出場。

その後帰郷し小倉に在住。地元に本拠を置いて活動を続けるとともに「九州アーティスト学院」を開校して若手の育成にも乗り出す。1996年に開校した北九州市立あやめが丘小学校の校歌の作詞作曲、そして母校である九州国際大学付属高校の系列校で2000年に開校した九州国際大学付属中学校の校歌の作詞作曲も担当。[3][4]

地元のNHK北九州放送局との関係を強めており、同局の番組にも2年間レギュラーとして出演したほか、様々な番組のテーマ曲などを手掛けた。

2014年食道癌が見つかった後、治療しながら音楽活動を続けていたが、翌2015年5月上旬に体調が急速に悪化。22日に入院していた北九州市八幡東区の病院で死去した。55歳没[5][6]。しのぶ会には北橋健治、ファンなど約200人が参列した[7][8]。個人事務所アイムヒアーは没後の2016年1月、『株式会社 大内義昭ミュージックアソシエイト』と社名変更され、遺された所属アーティストのマネジメント業務を引き続き行っている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • TDK
    • 『Back Seat』(1989年)
    • 『Remember Blues』(1990年)
    • 『TENDERNESS』(1992年)
  • コロムビア
    • 『Lady Blue』(1994年)
    • 『Tear drops』(1996年)
  • ベスト
    • 『FLASH BACK』(1994年)

du-plex[編集]

du-plex(DU-PLEX、ドゥ・プレクス、デュー・プレックス)は、大内一記(大内義昭)と江尻利幸により結成されたグループで、以下のようなシングル、アルバムを出した。

シングル[編集]

  • Human Woman /素直になりたくて(1984年、CBS SONY、7"Single、07SH 1557)
    • Human Woman(作詞:竜真知子、作曲:大内一記、編曲:土屋昌巳)
    • 素直になりたくて(作詞・作曲:大内一記、編曲:John Adams)
  • Misty Blue/誘惑のスウィング(1985年、CBS SONY、7"Single、07SH 1611)
    • Misty Blue(作詞:三垣ケンジ、作曲:大内一記、編曲:笹路正徳)
    • 誘惑のスウィング(作詞・作曲:大内一記、編曲:John Adams)
  • Psychic Magic/Misty Blue(1985年、CBS SONY、7"Single、07SH 1663)
    • Psychic Magic(作詞・作曲:Carl Whitworth、訳詞:三垣ケンジ、編曲:笹路正徳)
    • Misty Blue(作詞:三垣ケンジ、作曲:大内一記、編曲:笹路正徳)

アルバム[編集]

  • WITH MY HEART(1985年、CBS SONY、28AH 1825(レコード)、28KH 1634(カセット)、32DH 173(CD))
    • 1.ミッドナイト・ダンサー(Midnight Dancer)
    • 2.WITH MY HEART
    • 3.GOOD LUCK
    • 4.黄昏にフォール・イン・ラブ(Fall In Love)
    • 5.ストップ・ザ・レイン~雨の中の少年達~(Stop The Rain)
    • 6.HUMAN WOMAN
    • 7.誘惑のスウィング(Swing)
    • 8.LOVE FOREVER
    • 9.ハートはCRAZY (Crazy Heart)
    • 10.素直になりたくて(More Of True Me)

なお、ソニー・オーダーメイドファクトリー(OMF)にて、このアルバムに、未収録の3枚目のシングルの2曲をボーナストラックとして「11.ミスティー・ブルー、12.サイキック・マジック」と追加し、CDを発売するという企画があり、商品番号(DYCL-234)までついていたが、予約数が足りず商品化にいたらなかった。(OMFのページ

代表曲[編集]

楽曲提供作品[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “大内義昭さん死去 「愛が生まれた日」がミリオン”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年5月24日). http://www.asahi.com/articles/ASH5S5FQ0H5STIPE00M.html 2015年7月9日閲覧。 
  2. ^ “大内義昭さん死去 藤谷美和子とデュエット「愛が生まれた日」がヒット”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/24/kiji/K20150524010407280.html 2015年7月9日閲覧。 
  3. ^ 稲田二郎 (2015年5月31日). “「こんな校歌があるのか。ここの子どもたちは幸せだな」”. 西日本新聞 (西日本新聞社). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/172441 2015年7月9日閲覧。 
  4. ^ この校歌の歌詞は地域住民による公募によって詩が選ばれた。
  5. ^ 作曲家の大内義昭さん逝去 NHK NEWSWEB(北九州のニュース)2015年5月23日
  6. ^ “ミリオンセラー「愛が生まれた日」の大内義昭さん死去”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月24日). http://www.sankei.com/west/news/150524/wst1505240032-n1.html 2015年7月9日閲覧。 
  7. ^ “大内義昭さんしのぶ会に200人 北九州愛した歌に感謝、小倉北区 [福岡県”]. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年6月27日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/178268 2015年7月9日閲覧。 
  8. ^ “大内義昭さんしのぶ会:音楽プロデューサー お別れに170人 鎮魂、引田香織さんが熱唱 小倉北 /福岡”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年6月28日). http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20150628ddlk40200259000c.html 2015年7月9日閲覧。 
  9. ^ “【進め!ギラヴァンツ北九州】観衆4309人 連勝後押し 九州ダービー 大分に2-1 [福岡県”]. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年6月1日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/172704 2015年7月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]