大内義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大内義昭
生誕 (1960-03-14) 1960年3月14日
出身地 日本の旗 日本・福岡県八幡市
(現・北九州市八幡西区)
死没 (2015-05-22) 2015年5月22日(55歳没)
職業 歌手、作曲家

大内 義昭(おおうち よしあき、1960年3月14日 - 2015年5月22日)は、日本の歌手作曲家アイム・ヒアー所属。配偶者はNHKの番組で共演した元NHKアナウンサーで現在フリーの重松亜紀

人物[編集]

福岡県八幡市(現・北九州市八幡西区)出身[1][2]北九州市立引野中学校、八幡大学付属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)卒業。

1980年代から、本格的な音楽活動を開始。自ら歌うほか、多くのミュージシャンに楽曲を提供。DU-PLEXというバンドのメンバーとなり、「サイキック・マジック」(G.I.オレンジのカヴァー)などをリリース。1994年第45回NHK紅白歌合戦に、女優の藤谷美和子とのデュエットという形で初出場。曲目は『愛が生まれた日』。

その後帰郷し小倉に在住。地元に本拠を置いて活動を続けるとともに、「九州アーティスト学院」を開校して若手の育成にも乗り出す。

  • 1996年に開校した北九州市立あやめが丘小学校の校歌の作詞作曲を担当した[3][4]
  • 地元のNHK北九州放送局との関係を強めており、同局の番組にも2年間レギュラーとして出演したほか、様々な番組のテーマ曲などを手掛けた。

NHKの番組で共演した元NHKアナウンサーの重松亜紀と2009年の4月に結婚。子供が2人いる。結婚式の際に大内義昭は重松亜紀へ「I LOVE YOU AKI」という自作曲を披露した。[5] 重松亜紀は大内義昭が校長を勤めていた上記の音楽学校でも講師として勤務していた。

2014年食道癌が見つかった後、治療しながら音楽活動を続けていたが、翌年2015年5月上旬に体調が急速に悪化。22日に入院していた北九州市八幡東区の病院で死去した。55歳没[6][7]。しのぶ会には北橋健治引田香織をはじめ、ファンなど約200人が参列した[8][9]

代表曲[編集]

  • 愛が生まれた日(1994年
  • シティ神戸(1995年
    • シングル発売日直前に阪神・淡路大震災が発生したため、この曲を聴いて神戸復興に取り組もうという内容のキャッチコピーがシングルのジャケットに記されている(初版シングルでは封にシールが貼られている)。
  • ニュースシャトル北九州のテーマ
  • Shaky Lover (静かなるドン1 - 6 エンディング曲)
  • 燃えろギラヴァンツ〜太陽に向かって〜(2010年
  • 恋のバカンス(2011年TA-SACRAプロデュース・編曲)
  • いっしょにハレピョン(2014年、NHK北九州のキャラクター“ハレピョン”のテーマソング)

楽曲提供作品[編集]

テレビ番組[編集]

この番組で大内義昭は元NHKアナウンサーの重松亜紀と共演し、後に結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ “大内義昭さん死去 「愛が生まれた日」がミリオン”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年5月24日). http://www.asahi.com/articles/ASH5S5FQ0H5STIPE00M.html 2015年7月9日閲覧。 
  2. ^ “大内義昭さん死去 藤谷美和子とデュエット「愛が生まれた日」がヒット”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/24/kiji/K20150524010407280.html 2015年7月9日閲覧。 
  3. ^ 稲田二郎 (2015年5月31日). “「こんな校歌があるのか。ここの子どもたちは幸せだな」”. 西日本新聞 (西日本新聞社). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/172441 2015年7月9日閲覧。 
  4. ^ この校歌の歌詞は地域住民による公募によって詩が選ばれた。
  5. ^ http://blog.absorb-kokura.com/?eid=824830
  6. ^ “作曲家の大内義昭さん逝去”. NHK NEWSWEB(北九州のニュース). (2015年5月23日). http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/5025000741.html?t=1432376750497 2015年5月23日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “ミリオンセラー「愛が生まれた日」の大内義昭さん死去”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月24日). http://www.sankei.com/west/news/150524/wst1505240032-n1.html 2015年7月9日閲覧。 
  8. ^ “大内義昭さんしのぶ会に200人 北九州愛した歌に感謝、小倉北区 [福岡県”]. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年6月27日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/178268 2015年7月9日閲覧。 
  9. ^ “大内義昭さんしのぶ会:音楽プロデューサー お別れに170人 鎮魂、引田香織さんが熱唱 小倉北 /福岡”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年6月28日). http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20150628ddlk40200259000c.html 2015年7月9日閲覧。 
  10. ^ “【進め!ギラヴァンツ北九州】観衆4309人 連勝後押し 九州ダービー 大分に2-1 [福岡県”]. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年6月1日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/172704 2015年7月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]