原隆仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 隆仁(はら たかひと、1951年11月30日 - )は、日本の映画監督クリエイターズエージェンシー所属。

2018年8月撮影

東京都出身で東海大学海洋学部卒。国際放映に助監督としてフリー契約した後、独立後は舛田利雄森田芳光村川透らに師事。1984年にTVドラマ「西部警察PARTIII」で監督デビューし、1989年には「べっぴんの町」で長篇映画を初監督。

デビュー当初は主にB級アクション、ハードボイルド作品を多く手掛けていたが、「夜逃げ屋本舗」の成功により独自のコメディー世界を確立。

以降は同作をはじめ、「お墓がない!」「いらっしゃいませ、患者さま。」などの社会派コメディ作品を中心に活躍している。

主な作品[編集]

助監督作品[編集]

TVドラマ[編集]

映画[編集]

監督作品[編集]

TVドラマ[編集]

映画[編集]

ビデオ映画[編集]

CM演出[編集]

その他[編集]

出演作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]