西部警察 SPECIAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西部警察 > 西部警察 SPECIAL
西部警察 SPECIAL
ジャンル 刑事ドラマ
放送期間 2004年10月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 早河洋小林正彦
製作総指揮 五十嵐文郎
監督 村川透
脚本 峯尾基三
プロデューサー 西河喜美子大川武宏福原昇
出演者 舘ひろし
徳重聡
戸田菜穂
田山涼成
池田努
金児憲史
木村昇
村井国夫
大杉漣
西岡徳馬
高橋惠子
神田正輝
渡哲也
テンプレートを表示

西部警察 SPECIAL』(せいぶけいさつスペシャル)は、石原プロモーション制作の刑事ドラマ2004年10月31日テレビ朝日系で放送された。なお、制作予定であった連ドラ版をめぐる経緯もこのスペシャル版に大きく関わっているため、本記事で言及する。

概要[編集]

2003年1月20日、シリーズを主演した石原裕次郎の十七回忌、石原プロモーション創立40周年、そしてテレビ朝日開局45周年に合わせて、石原プロの代表作『西部警察』が19年ぶりに復活することが渡哲也から発表された。復活第1弾として『西部警察 WESTERN POLICE 2003』と題した2時間のスペシャルドラマを制作することとなり、同年4月から5月にかけて宮崎県(「シェラトン・リゾート・フェニックス・シーガイア」など)にてロケーションを敢行した。また撮影開始前日の4月12日には、主なロケ地となる「シーガイア」の野外広場にて、かつての全国縦断ロケ同様に「西部警察復活1万人コンサート」と銘打ったイベントを開催した。同時に、シーガイア内のコンベンションセンターにて「西部警察展」が開催され、かつての西部警察で使用した車両(スーパーZ、RS-1、RS-3、ガゼール、カタナ、カタナR)、銃器、シナリオ、パネル等の展示および西部警察グッズの販売が行われた。宮崎、東京、ニューヨークにおいて無事に撮影を終了し、後に放映予定日が同年9月6日と決まった。ところが、後述の事故によりスペシャルの放送は無期延期となった。

事故から1年後の2004年8月11日、渡はすでに完成していた2時間のスペシャルドラマを同年10月31日に放送することを発表した。撮影の責任者に対する刑事処分が同年4月に確定、負傷者もすでに回復し、放映への了解を得たことを受けて、お蔵入り寸前だった作品がようやく日の目を見ることになった。放映にあたっては再編集の上で15分間延長され、「テレビ朝日開局45周年記念作品・日曜洋画劇場特別企画『西部警察 SPECIAL』」として放映された(なお、宮崎ロケでの制作協力先であるUMKテレビ宮崎においては、1週遅れの11月7日に放映された)。石原プロモーション製作のテレビドラマは1992年10月から1993年3月にかけて放送された『愛しの刑事』以来となる。番組のエンドロールに使用された製作クレジットは、ロゴ変更直前[1]のオンエア予定であったことから「/tv asahi」ではなく「テレビ朝日」となっている。

本作は『PART-I』の続編という設定となっており[2]、渡哲也演ずる大門圭介は巡査部長から捜査課長に[3]、舘ひろし演ずる鳩村英次は巡査部長(団長)にそれぞれ昇格。バーの「CORNER ROUNGE」も再登場した。オープニング・エンディングのテーマ曲はPART-Iのものをアレンジして使用している。作風に若干の変化があり、旧シリーズでは恒例だった『捜査員を通称で呼ぶ』描写が一切なくなり(現実の警察と同様)、刑事の喫煙シーンも一切存在しない。

本放送後、再放送されることはなかったが、2009年に石原裕次郎の二十三回忌特別企画として『西部警察』名作選の一つとして6月6日12:00~14:25(テレビ朝日)に再放送された。なお、北海道テレビや瀬戸内海放送など一部では再編集前の2時間枠のバージョンが放送された(一部のシーンがカットされていたり、カメラアングル、BGMの有無やタイミングも、本放送のバージョンとは微妙に違っている)。

ストーリー[編集]

ニューヨーク市警に研修で派遣されていた刑事、橘数馬は父子同然の仲だった相棒・ボブと共に元警察庁キャリア・新美正臣を旅券法違反で追い詰めたが、不意を突かれて仲間の放った銃弾を受けたボブが殉職してしまう。新美は西部署から派遣された鳩村に逮捕されるが、数馬は悲しみが消える間もなく、新美の護送のため鳩村達と共に日本に一時帰国する。が、それと前後してチェチェンにおいて正体不明の日本人「スズキ・マコト」が大量の武器を購入したという情報が入り、これを睨んでの国際テロ対策秘密会議が宮崎フェニックス・シーガイアで開かれることになった。しかし、これを察知したスズキも同時期に宮崎入りしていたことがわかる。

会議場はスズキ率いるテロ組織「ブラック・ホーク」によって占拠され、大門や数馬とも馴染み深い日下警視正をはじめとする各国のテロ捜査官も人質となる。スズキの要求は新美の釈放であった。さらに一味は宮崎市内のどこかに爆弾を仕掛けたと通告。NYに戻る矢先の空港のテレビで事件を知った数馬は宮崎へ飛び、鳩村に事件捜査への参加を志願するのであった。一方、警察上層部はグループに対して「いかなる取引もしない」という非情な判断を下す。

その後、日下は密かに鳩村と連絡を取り、数馬らはその情報を頼りに宮崎市内在住のハッカー・日浦の存在を突き止め、宮崎市役所近くのネットカフェにいることも判明。刑事達はネットカフェへ急行するが、日浦はビルの屋上から飛び降り自殺を遂げる。日浦が操作していたコンピュータを解析した結果、爆弾は宮崎市内を走る観光バスに仕掛けられていることがわかった。数馬はバスを人気のない宮崎港まで運び、間一髪で脱出、バスは爆発炎上した。

大門は上層部の命令を無視し、新見の釈放を決断した。坂東の捜査により新見正臣とスズキは、東ルーマニア民主化運動に関わり、時の政権の謀略によって銃殺された海外特派員夫妻の息子であることが判明する。兄の正臣は警察庁へ入り何度も事件の再調査を求めたが、日本政府とマスコミは事の一切を黙殺。一方、弟のスズキこと旭は事件後に某国の反政府ゲリラに身を投じ、国家への復讐を虎視眈々と狙っていたのだった。日下は第二の爆弾の在り処を大門に伝えようとするが、その行動に感づいた旭は日下を無惨に粛清する。そして兄弟が四半世紀ぶりの再会を果たした時、鳩村軍団とテロ組織との壮絶な死闘の火蓋が切られた。

エピソード[編集]

本作のために当時最新式の消防車日野自動車製シャーシ(スーパードルフィン・プロフィア)にモリタ製消防装備を艤装した高所放水車で、価格は9,000万円)を購入し、爆破スタントの消火用と劇用車として登場させたものの、それ以降使われることはなかった[4]

2009年11月16日、11月28日に放送されるテレビ朝日系テレビドラマ「結婚」のイベントが神奈川県真鶴町で行われたが、その際に同町にこの消防車を寄贈することが発表され、贈呈式が行われた[5]

撮影中のエピソード[編集]

  • かつては、ロケ中の食事は同じ席で取るのを原則としていたが、「撮影の期間中はずっと敵でいたかった」という理由でブラックホーク組と西部署組は別々に取っていた。
  • 今回の撮影においても、ブラックホークによって爆弾が仕掛けられた観光バスの乗客、警察官、機動隊員等の役で、多数のエキストラが出演した。撮影中は、「スタッフ・キャストの区別なく同じものを食べる」という石原プロの伝統に倣い、エキストラにも一人前1500円相当といわれる豪華なロケ弁当が配られた。また撮影終了時には、かつて石原プロワールドで販売されていた西部警察グッズのお土産が付いた。
  • 制作中止となった連続ドラマ版では、戸田菜穂演じる日下直美刑事に代わって、中山忍が演じる女性刑事が出演することが決まっていた(事故報道の際、事故現場を撮影していた視聴者提供のビデオ映像に中山の姿が確認できる)。

連続ドラマ『西部警察2003』の制作について[編集]

2003年7月17日、石原の十七回忌命日でもあるこの日、『西部警察2003』と題した連続ドラマ(同年10月から12月までの毎週木曜日夜8時からの1時間枠(「木曜ミステリーシリーズ枠」)にて全10話を放映予定であった)の制作が発表された。制作費は1話につき1億、計10億円。発表段階で名古屋、大阪、広島と地方ロケが決まっており、主にテロ事件を扱い、旧作と同様に派手なスペクタクルシーンを前面に出す内容が予定されていた。脚本は峯尾基三、柏原寛司、初登板の深沢正樹ほか。監督は吉田啓一郎、小澤啓一、村川透ほか。同年8月10日~8月22日まで名古屋近辺でロケを行い、最終回はスペシャル版の予定であった。

小林正彦専務によれば「毎回、大爆破というわけにはいかないが、2回に1回くらいは、やらなきゃならんでしょう。テレ朝からもらう制作費は1本3500万円だけど、1億円はいくけど、安全面に細心の注意を払うが、やるべき時は思い切ってやります。」とコメントしている。

第1話と第2話は名古屋ロケを敢行。脚本は峯尾基三、監督は吉田啓一郎。中国人密輸組織と大門軍団との戦いを描いた前後編で、第1話のクライマックスは、密輸組織のアジトに踏み込んだ池田努と徳重聡が仕掛けられた爆弾に気付き脱出するシーンだった。

同年8月10日にクランクインし、翌日8月11日早朝、愛知県名古屋市にてビル爆破シーンの撮影が行われた。この後「金城埠頭」「ガーデン埠頭」「南京大路」でカーチェイス、通常走行シーンの撮影が行われた。ただし、「金城埠頭」「ガーデン埠頭」の撮影は名古屋港管理組合が許可していたが「南京大路」に関しては組合はおろか、所轄警察署の道路使用許可さえ得ていない撮影だったことがわかった。この件に関しては事故後に所轄に制作サイドから謝罪があり、厳重注意処分となった(警察官が駆けつけたときにはすでに撮影が終わっており、現認できなかったため)。

連続ドラマ制作中止とスペシャル版放送延期の経緯[編集]

栄でのビル爆破によって華々しく撮影がスタートしたその翌日の8月12日13時50分頃、同市港区の撮影現場スーパーオートバックス名古屋ベイ店の駐車場内において、松山高之役の池田努英国スポーツカーTVRタスカンのハンドル操作を誤りアンダーステアを起こし、そのまま見物人に突っ込んで男女5人を負傷させる人身事故が発生した[6]。この事故を受け、石原プロモーション社長でもある渡が入院中の負傷者を訪問し、事故を起こした俳優とともに謝罪した。かつて石原プロに所属し西部警察に出演していた峰竜太は、自身が司会を担当する『ザ!情報ツウ』のコメントで「僕も以前に石原プロに所属してましたが、まさか、こんな事が起きるとは…」とコメントした。

これを受けて石原プロは、連続ドラマの制作中止とともに、予定していた10月からの放映の中止をテレビ朝日に要請。これに対し事故で負傷した見物人やその家族からも製作続行を望む声が上がったが、最終的にはテレビ朝日常務取締役(当時)の早河洋もこれに同意、翌日の8月13日に制作の打ち切りと10月からの放映中止を発表した。併せて、すでに制作が終了して放映を待つのみとなっていた『西部警察 WESTERN POLICE 2003』についても、放映を無期限延期とすることが決まり、放映予定日には通常の『土曜ワイド劇場』が代替放送された。

なお、連続ドラマ版『西部警察2003』が放送されるはずだった木曜夜8時の枠では、同枠の後番組としてすでに製作が開始され、2004年1月クールからの放送開始が予定されていた『新・京都迷宮案内』が、スタッフ・出演者の協力の下、前倒しの形で放送された(『西部警察2003』の代替のテレビ朝日開局45周年記念ドラマとして制作・放送されたのは2004年1月~3月に、木曜ドラマ枠上戸彩主演の『エースをねらえ!』)。

運転していた池田、監督の吉田啓一郎、現場責任者の小林石原プロ専務が業務上過失致傷罪に問われ、池田と吉田は起訴猶予(それぞれ急発進の演出を小林から要請されたとしている)、小林に関しては急発進の要請も含め、ギャラリーとの間に柵を設けるなどの「安全管理の責任を怠った」として略式起訴(罰金刑)された。

キャスト[編集]

この他、岩本恭生伊藤高史加地健太郎、ピース(ゆーとぴあ)、伊藤幸純みずと良山根久幸(旧シリーズでは記者役)などが出演している。

登場特殊車両[編集]

  • 大門 - ブラバスS6.7 (メルセデス・ベンツ・Sクラスのチューンドカー) - 提供のオートトレーディング社長・南原の愛車である。ただし本編には登場しておらず、提供クレジットで走行シーンが映るのみ。
  • 鳩村 - TVR・サーブラウ - 2台用意された。
  • 橘 - ロータス・エリーゼ - 2台用意された。
  • 堀内 - TVR・タモーラ - 2台用意された。
  • 松山 - TVR・タスカンスピード6 - 2台用意された。
  • 三上 - モノクラフトGT300 (トヨタ・MR-Sのカスタムカー) - 宮崎ロケで爆破された観光バスとの市街地走行シーンでアクシデント衝突し、フェンダーがへこんだ。2台用意されていた。
  • 日下 - TVR・タスカン

※宮崎県警の白黒パトカーとして登場した車両のうち、ギャランミラージュは1989年放送の『ゴリラ・警視庁捜査第8班』で三菱自動車から車両提供された石原プロ所有の劇用車である。

スタッフ[編集]

制作にあたり、現場スタッフはほぼ石原プロの自社スタッフで固められたが、かつての石野憲助らの独立騒動などにより、製作スタッフに関しては人材不足の状況にあった。そのためプロデュースには『大都会』シリーズを手掛けた元日本テレビプロデューサーの山口剛セントラル・アーツ服部紹男らが外部補充スタッフとして招聘されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ朝日の現行ロゴ使用開始は2003年10月1日から。
  2. ^ PART-IとPART-II・IIIは一部設定が異なる部分があり、続編として整合性の取れない箇所もある。
  3. ^ 連続ドラマ版ではPART-III最終回スペシャルで殉職。
  4. ^ 2008年11月12日放送の『ナニコレ珍百景』で紹介された(珍百景としての登録はならず)際、きちんと整備することを条件にプレゼントすると発表された。
  5. ^ このイベントの模様は、2009年11月25日放送の『ナニコレ珍百景』で「珍百景だらけのイベント」として紹介された。
  6. ^ 西部警察事故映像 https://www.youtube.com/watch?v=xldAs7qsazo