TVR・タスカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タスカンTuscan )とは、イギリス自動車メーカーのTVRの製造の販売していたクーペのこと。

初代[編集]

初代タスカン

1967年のロンドンショーで初公開され、1968年に発売された。事実上TVR・グリフィス400の後継車に当たる。

車体骨格はTVR・グランチュラ由来の鋼管フレーム・FRPボディを採用しており、外見は後の「Mシリーズ」に似ている。

エンジンフォード製のV8エンジンを搭載。

販売ラインナップは、通常モデルがフォード製のV8エンジンを搭載している「V8」。この他に281仏馬力のエンジンを搭載した「V8SE」、V8SEのロングホイールベース版「V8SE LWB」が存在した。また、1969年にフォード製の3.0LV6エンジンを搭載した「V6」が追加された。総生産台数は、V8が28台、V8SEが24台、V8SELWBが21台、V6が101台。V8モデルは1970年、V6モデルは1971年にそれぞれ生産終了した。

2代目[編集]

2代目タスカン

1999年に発売。日本では2000年11月より発売開始、2004年12月まで販売された。2001年に追加モデルでタスカンSが発売された。

外観はロングノーズ・ショートデッキで、フロントライト部には6つの穴が有りヘッドランプ+ウインカーを装備。また、脱着可能なFRP製のルーフとアクリル製リヤウインドーを採用し、タルガトップや、ロールバー付きオープンカーにすることが出来る。(屋根はトランクに収納)内装は、ダッシュパネルやシフトノブなどにアルミを採用、各種スイッチには真鍮が使われており、室内、メーターなどのデザインもコンセプトカーのようなデザインをしている。ドアノブがなくボタンでドアオープンする。ガソリン給油もトランクを開けて行うなど変わったギミックが多い。

曲線を多用した特徴的なFRP製ボディと、シャーシに高張力鋼管スペースフレーム、足回りに4輪ダブルウィッシュボーンを採用している。ボディサイズは、全長4,235mm、全幅1,810mm、全高1,200mmとコンパクトに収まっている。また車重が1,100kgと非常に軽量である。

但し、LSDこそ装着しているものの、エアバッグABSトラクションコントロールシステムといった装備は一切省かれているため、運転には、高い技術が求められる側面がある。

なおボディーカラーも非常に多く、ソリッド、メタリック、パールペイント、カメレオン(デュポン製特殊塗料 2色変化)、カスケード(デュポン製特殊塗料 4色変化色 写真はカスケードインディゴ)等、様々な種類を揃えている。またオーダーすればオプションで自由に塗装可能だった。内装もオーダーでカラー、ステッチ等の組み合わせが自由にできた。

快適装備は、エアコン、パワーウィンドウ、チルトステアリング、CDプレーヤー、セキュリティシステムが装着されている。

ボンネットは2段式で、1、前方のハッチを開ける(通常のオイル交換、冷却水等の給油、給水はこれで)。2、ボンネットを取り外す(重整備の際。ボルト4本を外すことで脱着する)、の2種類で整備が行われる。

エンジンは、ドライサンプ式の直6DOHC「Speed Six」を搭載。グレード名の「スピード6」はこのエンジンからきている。

タスカン[編集]

2000年までが4,000cc、360馬力/7,000rpm、42.9kgm/5,250rpmで、エンジンチューン版の「レッドローズ」が380馬力。2000年からは3,600cc、257kW(350馬力)/7,500rpm、393Nm(40.1kgm)/5,750rpmに変更された。

リアウインカーはLEDでリアウインドウの中にある。

タスカンS[編集]

2003年までが4,000cc、287kW(390馬力)/7,000rpm、420Nm(42.8kgm)/5,250rpmで、2003年からは4,000cc、295kW(400馬力)/7,000rpm、420Nm(42.8kgm)/5,250rpmに変更されている。

タスカンと比較してフロントリップスポイラーとリアスポイラーを装着、リアテールランプの配列が横から縦に変更され、ウィンカーが通常のリアに移動、トランクのエンブレム変更などの特徴がある。タイヤサイズはF、Rとも255/35R18。フロントリアローターの大径化、ディスチャージヘッドランプが標準とされ、クワイフ製ハイドラトラックLSD装備、クロスレシオミッション搭載、専用スプリング、ダンパー装着の変更などのチューニングを受けている。

西部警察2003における事故[編集]

この車種は2003年、連続刑事ドラマ「西部警察 2003」の撮影中、見学していた観衆の中へ突入し男女5人が負傷する事故を起こしたため、日本国内で広く知られるようになった。

3代目[編集]

2006年にマイナーチェンジ。外観は6つ目のヘッドランプが4つ目カバー付きに、テールランプユニットも縦型となり、トランクとリアスポイラーが一体化した。

内装も大きく変更され、品質が向上した。

搭載エンジンは4.0Lの直6DOHCエンジン(Speed Six)。

タルガトップとコンバーチブルの2つがラインナップされているが、日本での正規販売はコンバーチブルのみであった。なお、コンバーチブルは、シートベルトが通常と逆であり、センター側からサイドに回しロックする構造になっていた。

同年12月にTVRが経営破綻したことにより、現在は生産を終了している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]