南原竜樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なんばらたつき
南原竜樹
生誕 (1960-05-29) 1960年5月29日(58歳)
日本の旗 日本 岡山県
国籍 日本の旗 日本
出身校 愛知工業大学
職業 実業家
配偶者 不明

南原 竜樹(なんばら たつき、1960年5月29日 - )は、日本実業家自動車輸入販売の株式会社オートトレーディングルフトジャパンあらため、現LUFTホールディングスの代表取締役を務めるほか、株式会社ルフト・トラベルレンタカー代表取締役会長。

雑誌ワインホワットを発行するルフトパブリッシングの創設者

来歴・人物[編集]

岡山県出身。1982年ごろ自動車販売で企業

愛知県立松蔭高校卒業

愛知工業大学中退

1988年2月12日にオートトレーディングルフトジャパン株式会社を個人商店から移行し登記設立した。

エピソード[編集]

その他
  • 会社設立前は、吉野家オートバックス、GSなどのアルバイトを掛け持ちしていた事がある
  • ナンバラさんを利用しなさい。」が口癖。ここでいう「ナンバラさん」は、パブリックな自分を表現する記号。
  • イギリス大使館で行われたトニー・ブレア首相来日パーティーにおいて、当日配られていたマスコミ向けのスピーチ原稿にサインをもらう。海外でも南原の影響力が強いことを伺わせるエピソードである。
  • MGローバーの経営破綻の影響は大きく、従業員を解雇せざるを得ないほどの危機だったと、自身のウェブサイトで述懐している。しかし、輸入車以外の事業に参入して成功し、現在に至っている。現在は負債はほぼ完済しているという。
  • 30歳代まではメガネをかける程視力が悪かったが、40歳をすぎてからレーシック手術を受け、メガネをかけずに済むまでに回復した。但し、同時期に出演していたマネーの虎では眼鏡をかけているシーンは見られない。
  • 従業員を解雇するまでは、従業員のことを「24365部隊」と呼んでいた(「24時間、365日働け」という意味)。その後、社員の有り難さを痛感した、と語っている。
  • 社員を解雇した後は一時ホームレスのような生活をし、以前バカにしていた社長に手を差し伸べられ助けられたと語っている。
  • 「サンシーカー」の代理店権は2008年2月で終了している。

社長退任騒動[編集]

2005年3月22日の日刊スポーツの記事によれば、「経営していた輸入車販売業オートトレーディングルフトジャパンがこのほど中古車買い取り大手ガリバーインターナショナルに買収されることになり、2005年3月末で社長職を退く」と、買収による社長退任の噂がニュースとして流れた。しかし、ガリバー社とは交渉の過程で接触はあったものの、その後のMGローバーの破綻などによって買収話はなくなった。

出演[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]