生命燃ゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生命燃ゆ』(いのちもゆ)は、高杉良企業小説、及びそれを原作としたテレビドラマ作品である。

小説[編集]

1983年日本経済新聞社初刊。

昭和電工大分石油コンビナートエチレンプラント建設に尽力し、若くして病に倒れこの世を去ったひとりのエンジニアの実話が題材になっている。

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日系列にて、単発スペシャルのテレビドラマとして、1992年7月16日に放映された。石原プロ製作、渡哲也主演。サブタイトルは「妻よ娘よ、わが人生に悔いなし」。

概要[編集]

渡哲也の、直腸がんによる長期療養後の完全復帰作品になることから「渡哲也本格復帰記念ドラマスペシャル」と銘打っていた。命の重さがこのドラマのテーマとなっていることから、ドラマ冒頭で「私たちの心の中に生きている石原裕次郎さんにこの作品を捧げます。」と献辞した。

大分や石和温泉でロケが行われ、昭和電工が所有する、コンビナート建設の記録映像も使われた。完成後「多くの人に見てほしい」とのことで、OA前に、一般向け完成披露試写会が行われた。

このドラマ出演がきっかけで、深江卓次が石原プロに加入した。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

映像ソフト[編集]

関連項目[編集]