石原まき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしはら まきこ
石原 まき子
石原 まき子
北原三枝時代の石原まき子
(1955年。小林晃撮影)
別名義 北原三枝
生年月日 (1933-07-23) 1933年7月23日(87歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都目黒区[1]
職業 芸能プロモーター女優
配偶者 石原裕次郎(1960年 - 1987年)※死別
著名な家族 新井(荒井)玉青(姪、元女優)
主な作品
狂った果実
テンプレートを表示

石原 まき子(いしはら まきこ、1933年7月23日 - )は、日本芸能プロモーター石原裕次郎未亡人で、石原プロモーション代表取締役会長・石原裕次郎記念館元館長。旧姓は荒井。愛称は「マコ」。元女優で北原 三枝(きたはら みえ)の名で活躍したことでも知られている。東京都目黒区出身。新井(荒井)玉青は姪で元女優(まき子の実弟の娘)。

来歴・人物[編集]

目黒区立第二中学校卒業後、NDT(日劇ダンシングチーム)に5期生として入団。1952年に退団後、松竹のニューフェイスに合格に入社。『カルメン純情す』で本格的なデビューを果たす。

1954年に、活動を再開した日活に引き抜かれる形で移籍。女優陣のエースとして活躍する。『狂った果実』で後に結婚する石原裕次郎と初共演後、日活のドル箱コンビとして23作もの共演作が製作された。

1960年に裕次郎と結婚し、女優業を引退した。引退後は、賢夫人として内助の功に徹し、石原プロの経営に関わる。裕次郎の死後は「代表取締役」の肩書で石原プロと2代目社長の渡哲也を支え続けてきた。

2011年3月28日、石原プロの経営陣総入れ替えにおいて正式に「代表取締役会長」の肩書になる。この時に渡が2代目社長を退任し社長の座が空いたが、社長就任は固辞した[2]

その後も渡らと共に石原プロを経営していたが、自身の高齢により実務が困難になってきたことから、所属俳優・スタッフと相談し石原プロの閉鎖を決断。2020年7月17日に、「2021年1月16日を以て、株式会社石原プロモーションの商号を石原裕次郎の仏前に返還する」との名目で芸能事務所としての業務を終了することを、公式サイトなどで発表した[3]。その報告でまき子は、裕次郎の遺言が「俺が死んだら即会社をたたみなさい」だったこと、所属俳優・スタッフの会社に対する愛情の強さを感じたことでその遺言を言い出せずに今日まで来たことを明かしている。 

石原プロの閉鎖後は、裕次郎の遺品管理を行う新組織「一般社団法人ISHIHARA」および、作品の版権を管理する「石原音楽出版社」の名誉会長に就任する。

受賞歴[編集]

主な出演作[編集]

映画[編集]

  • お茶漬の味(1952年、松竹) - 女給
  • カルメン純情す(1952年、松竹) - 細井レイ子
  • 流れの旅路(1952年、松竹) - 孫娘おしげ[5]
  • 君の名は 第二部(1953年、松竹) - アイヌの娘 ユミ
  • 東京マダムと大阪夫人(1953年、松竹) - 星島百々子[6]
  • 新東京行進曲(1953年、松竹) - 桶昭子[7]
  • 家族あわせ(1953年、松竹) - 千鶴子[8]
  • 大学の龍虎(1953年、松竹) - 娘京子[9]
  • 初恋おぼこ娘(1953年、松竹) - 春江[10]
  • シミ抜き人生(1953年、松竹) - 竹村きく子[11]
  • 旅路(1953年、松竹) - 初子[12]
  • 求婚三人娘(1954年2月、松竹) - 滝井万里子[13]
  • 若き日の誘惑(1954年2月、松竹) - 祝水幸子[14]
  • 腰抜け狂騒曲(1954年5月、松竹) - 景子[15]
  • 青春ロマンスシート 青草に坐す(1954年6月、松竹) - 芳賀弘子[16]
  • 若旦那と踊子(1954年8月、松竹) - 踊子江美[17]
  • えくぼ人生(1954年9月、松竹) - 藤村マチ子[18]
  • 女人の館(1954年11月、日活) - 主演・丹野万津子[19]
  • 月は上りぬ(1955年、日活) - 三女・浅井節子[20]
  • 次郎長外伝 秋葉の火祭り(1955年、日活) - お美代[20]
  • 生きとし生けるもの(1955年、日活) - 八代恵美[20]
  • 愛のお荷物(1955年、日活) - 五代冴子[20]
  • 銀座の女(1955年、日活) - ブンちゃん[20]
  • 青春怪談(1955年、日活) - 主演・奥村千春
  • 次郎長遊侠伝 天城鴉(1955年、日活) - おせん、お美代(二役)[20]
  • 緑はるかに(1955年、日活) - 踊る人(特別出演)[20]
  • うちのおばあちゃん(1955年、日活) - 岡本正子、岡本槇子(二役)[20]
  • おしゅん捕物帖 謎の尼御殿(1955年、日活) - 琴姫、縫之助(二役)[20]
  • 銀座二十四帖(1955年、日活) - 仲町雪乃[21]
  • 自分の穴の中で(1955年、日活) - 志賀多美子[21]
  • 幼きものは訴える(1955年、日活) - 修道女(特別出演)[21]
  • 裏町のお転婆娘(1956年、日活) - (特別出演)[22]
  • 朝やけ血戦場(1956年、日活) - 魚住お次[22]
  • 風船(1956年、日活) - 三木原ミキ子[22]
  • 色ざんげ(1956年、日活) - 西条つゆ子[22]
  • ドラムと恋と夢(1956年、日活) - 眼医者(特別出演)[22]
  • 火の鳥(1956年、日活) - (特別出演)[23]
  • 流離の岸(1956年、日活) - 主演・寺岡千穂[22]
  • 狂った果実(1956年、日活) - 恵梨
  • 逆光線(1956年、日活) - 主演・芳田玲子[22]
  • 夏の嵐(1956年1、日活) - 主演・浅井陵子
  • 感傷夫人(1956年、日活) - 立松正子[22]
  • 若の花物語 土俵の鬼(1956年、日活) - 勝治の妻・香代子[24] 
  • お転婆三人姉妹 踊る太陽(1957年、日活) - (特別出演)[25]
  • 危険な関係(1957年、日活) - 山代三枝[25]
  • 勝利者(1957年、日活) - 白木マリ[25]
  • 今日のいのち(1957年、日活) - 主演・南方理子[25]
  • 俺は待ってるぜ(1957年、日活) - 早枝子[25]
  • 嵐を呼ぶ男(1957年、日活) - 福島美弥子
  • 錆びたナイフ(1958年、日活) - 西田啓子
  • 陽のあたる坂道(1958年、日活) - 倉本たか子
  • 明日は明日の風が吹く(1958年、日活) - 江島啓子[26]
  • 素晴しき男性(1958年、日活) - 旗陽子[26]
  • 風速40米(1958年、日活) - 滝今日子[26]
  • 赤い波止場(1958年、日活) - 杉田圭子
  • 嵐の中を突っ走れ(1958年、日活) - 上月節子[26]
  • 若い川の流れ(1959年、日活) - 北岡みさ子
  • 今日に生きる(1959年、日活) - 矢代ユミ子
  • 男が爆発する(1959年、日活) - 宇津蕗子[27]
  • 山と谷と雲(1959年、日活) - 有馬寿々子[27]
  • 風のある道(1959年、日活) - 主演・竹島恵子[27]
  • 清水の暴れん坊(1959年、日活) - 児島美紀[27]
  • 天と地を駈ける男(1959年、日活) - 尾関慧子[27]
  • 鉄火場の風(1960年、日活) - 相良那美[28]
  • 白銀城の対決(1960年、日活) - 三谷佳子[28]
  • 青年の樹(1960年、日活) - 山形香世[28]
  • 天下を取る(1960年、日活) - 尾山沢子[28]
  • やくざ先生(1960年、日活) - 三浦道子[28]
  • 闘牛に賭ける男(1960年、日活) - 佐倉冴子[28]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 石原裕次郎生誕80年記念番組 まき子夫人わが心の裕さん〜裕次郎こころの居場所〜(2014年3月7日、BS-TBS)

著書[編集]

  • 『裕さん、抱きしめたい』(1988年、主婦と生活社)
  • 『死をみるとき 裕さんが書き遺したもの』(2013年、青志社)

演じた女優[編集]

出典[編集]

  1. ^ 北原三枝”. KINENOTE. 2019年7月17日閲覧。
  2. ^ 渡哲也「健康と年齢」理由に石原プロ社長勇退 スポニチアネックス・2011年5月12日
  3. ^ 石原プロモーションよりご報告”. 株式会社石原プロモーション (2020年7月17日). 2021年1月23日閲覧。
  4. ^ 第44回 日本アカデミー賞 優秀賞決定!、日本アカデミー賞公式サイト、2021年2月17日閲覧。
  5. ^ 流れの旅路”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月10日閲覧。
  6. ^ 東京マダムと大阪夫人”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月10日閲覧。
  7. ^ 新東京行進曲”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月11日閲覧。
  8. ^ 家族あわせ”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月12日閲覧。
  9. ^ 大学の龍虎”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月12日閲覧。
  10. ^ 初恋おぼこ娘”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  11. ^ シミ抜き人生”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  12. ^ 旅路(1953)”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  13. ^ 求婚三人娘”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月14日閲覧。
  14. ^ 若き日の誘惑”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月14日閲覧。
  15. ^ 腰抜け狂騒曲”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  16. ^ 青春ロマンスシート 青草に坐す”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  17. ^ 若旦那と踊子”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  18. ^ えくぼ人生”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  19. ^ 女人の館”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月13日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h i 北原三枝1955年page1”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月14日閲覧。
  21. ^ a b c 北原三枝1955年page2”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月14日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h 北原三枝1956年page1”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月14日閲覧。
  23. ^ 火の鳥(1956)”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月13日閲覧。
  24. ^ 北原三枝1956年page2”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月14日閲覧。
  25. ^ a b c d e 北原三枝1957年page1”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月15日閲覧。
  26. ^ a b c d 北原三枝1958年page1”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月15日閲覧。
  27. ^ a b c d e 北原三枝1959年page1”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月15日閲覧。
  28. ^ a b c d e f 北原三枝1960年page1”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]