高津装飾美術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高津装飾美術株式会社
Takatsu Sousyokubijutu Co.Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 高津
本社所在地 日本の旗 日本
182-0022
東京都調布市国領町1-30-3
設立 1918年
1961年11月1日 設立
業種 サービス業
法人番号 9012401016524
事業内容 映画テレビ演劇ほかへの美術装飾・貸出
催事・まつりの企画・演出・装飾
ディスプレイデザイン・装飾施工
博物館・資料館での展示企画・設計・展示施工
代表者 南孝二
主要子会社 高津映画装飾
高津工芸
スタジオスペース・タカツ
タカツメディアサービス
外部リンク takatsu-web.co.jp
特記事項:略歴
1918年 高津小道具店 創業
1931年 合資会社高津小道具店を設立
1934年 東京出張所開設
1956年 高津映画装飾株式会社設立
1961年 高津装飾美術株式会社設立
1966年 株式会社高津工芸設立
1982年 株式会社スタジオスペース・タカツ設立
1993年 株式会社タカツメディアサービス設立
1998年 芸能美術文庫PALオープン
テンプレートを表示

高津装飾美術株式会社(たかつそうしょくびじゅつ-)は、日本の映画を中心とした小道具美術装飾の企業である。日本映画の創成期から映画美術に関わる[1]高津映画装飾株式会社(たかつえいがそうしょく-)とは一体であり、本項を参照のこと[1]高津商会(こうづしょうかい)とは、祖を一にする別会社である[2]

データ[編集]

  • 正式名称 : 高津装飾美術株式会社、高津映画装飾株式会社
  • 所在地 : 東京都調布市国領町1-30-3
  • 代表 : 南孝二

略歴・概要[編集]

1918年(大正7年)、現在の京都市上京区一条通御前下ル[2]に高津小道具店を創業する[1]。同年、日活は北区大将軍一条町に撮影所を移転し、日活大将軍撮影所を開所しており、同撮影所を取引先に映画用小道具のレンタルを開始している[2]。1931年(昭和6年)には一条通御前下ルから同西入ルに移転し、合資会社高津小道具店を設立する[1][2]

1934年(昭和9年)、東京出張所を開設、これが現在の同社の元である[1]。同年、東京府北多摩郡調布町大字布田小島分(現在の東京都調布市多摩川)に日活多摩川撮影所(現在の角川大映撮影所)が開かれ、日活太秦撮影所から現代劇部が同所に移転している。

第二次世界大戦後の1956年(昭和31年)、高津映画装飾株式会社を設立、1961年(昭和36年)には高津装飾美術株式会社を設立し、現在に至る。

1966年(昭和41年)、株式会社高津工芸を設立、1982年(昭和57年)、ビデオや写真撮影用のレンタルスタジオを経営する子会社・株式会社スタジオスペース・タカツを設立、1993年(平成5年)には、国際放映が撮影所を東京メディアシティに改築、高津は、その敷地内に株式会社タカツメディアサービスを設立する[1]

1998年(平成10年)、本社屋にテーマ館「芸能美術文庫PAL」をオープンする[1]。2003年(平成15年)3月、第26回日本アカデミー賞で協会特別賞を受賞する[1]。2009年(平成21年)4月30日、スタジオスペース・タカツがスタジオ賃貸業務を終了した[3]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 会社概要、高津装飾美術、2009年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 会社案内高津商会、2009年12月12日閲覧。
  3. ^ スタジオスペース・タカツ、高津装飾美術、2009年12月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]