ヒルビリー・バップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒルビリー・バップス
HILLBILLY BOPS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロカビリー
活動期間 1983年 - 1990年2004年 -
レーベル キティレコード
メンバー 横山裕高(Vocal)
平野哲也(Guitar)
川上剛(Bass)
樋口雅紀(Sax)
杉山章二丸(Drums)
旧メンバー 宮城宗典(Vocal)
佐藤悦也(Drums)
小西竜太郎(Drums)
ライオンメリー(Keyboards)

ヒルビリー・バップス (HILLBILLY BOPS) は、1980年代に活動していた日本のロカビリーバンド。

概要[編集]

良質なロカビリーサウンドとしっかりとした演奏力、加えて忌野清志郎による提供シングルなどのポップな楽曲により、幅広い層で人気を獲得した。しかし、全国ツアー初日公演翌日の1988年3月29日、Vo.宮城宗典の死去により一時活動休止。その後、5月5日の追悼LAST・GIGを経て、2代目Vo.横山裕高を迎え再始動するが、1990年解散。2004年から活動再開。

来歴[編集]

東京原宿の古着屋に出入りしていた仲間とともに、1983年12月ポップロックバンドとして結成[1]。元々はジョニー・バーネット・トリオジーン・ヴィンセント等のカバーを中心に演奏するロカビリーバンドであった。確かな演奏力に加え、人目を惹くメンバーの容姿の相乗効果で硬派・軟派の両方から支持された。インディーズ時代はライブハウスの動員記録を次々と塗り替える勢いがあった。

1986年4月25日、シングル「微熱なキ・ブ・ン(とびきり16歳)」でキティレコード(現:ユニバーサルミュージック)からメジャーデビュー。同曲はライオンの制汗デオドラント“BAN16”のCM曲に起用されたこともあり、スマッシュヒット。好調なスタートを切った。

しかし、レコード会社の判断で当時人気のあった“アイドルバンド”と呼ばれるそれらに沿う売り出し方を余儀なくされ、硬派な印象の強いリーゼントを下ろし、衣装もポップなものを着せられた。撮影ではニコニコと作り笑いをし、歯を見せて笑わなければいけないことに釈然としない思いをしながらも、新人と言うこともあり「仕事だから」と割り切って淡々とこなしていった。その頃の宮城は忌野清志郎と出会い、「俺のソウルブラザー」と呼ばれる程に可愛がられ、セカンドシングル「バカンス」を忌野に書き下ろしてもらう。同年10月にはデビュー半年目でテレビ朝日の深夜枠『まんまとアイドル』(1987年3月までの2クールオンエア)のレギュラーを獲得した。

メジャーデビュー2年目の1987年はレコーディング、全国ライブ、テレビ出演、映画出演(松本隆原作の『微熱少年』に宮城が出演)、地方キャンペーンと休む暇のない1年だった。10月からは、前年度放送された主演バラエティ番組が好評だったため、同じテレビ朝日で新番組『ヒルビリー・ザ・キッド』(1988年3月までの2クール)の放送が始まる。

この時期のスケジュールは過密であり(レギュラーテレビの収録、『ミュージックステーション』、『オールナイトフジ』などの生放送などテレビラジオ収録、学園祭出演、ワンマンライブ、東名阪札の地方キャンペーン、そして大晦日には名古屋にてオールナイトのライブイベント『ロックンロールバンドスタンド』出演)メディア露出も多かった。加えてレコーディングもこなし、極度のストレスを感じていたという。しかし、このすさまじい活動のおかげか、翌1988年早々に売り出した春の全国ツアーのチケットは最短5時間で完売。この人気に応えるべく、グループは急遽ミニアルバムのレコーディングに入り、約4週間で完成させた。

全国ツアー初日公演(1988年3月28日、日清パワーステーション)の翌日、3月29日、ボーカルの宮城宗典が自宅近くの高層都営住宅12階から飛び降り自殺を図り、死亡[1]。動機は未だ不明。予定されていた残りのツアーは全てキャンセル。3月31日に放送された主演テレビ番組『ヒルビリー・ザ・キッド』(3月5日に収録されたもの)の最終回は変更なく放映、深夜にも関わらず5.5%の視聴率を記録。番組の最後に「宮城君の愛した音楽は永遠に残ります」のテロップが映し出された。同年5月5日には日比谷野音で追悼ライブが行われ、以前より親交のあった音楽仲間や映画を通じて親しくなったミュージシャン(忌野清志郎、仲井戸麗市BARBEE BOYS杏子エンリケMOJO-CLUB、THE REDSの大平太一、レピッシュのMAGUMI、元C-C-B関口誠人UP-BEAT広石武彦長島ナオトらなど多数)が参加した。

その後、一年間の活動休止期間を経て、2代目Vo.横山裕高を迎え再始動するが、セールス的には宮城在籍時ほどの成功を収める事ができず、1990年5月5日の日比谷野外音楽堂でのライブを最後に解散。

解散後、ベースの川上は1990年6月、元トランプスの荒井謙、元ミンツの柳井英俊、酒井正洋とネオロカビリー系のバンドTHE VINCENTSを結成。1991年にSTRAY CATS来日公演のフロントアクトを務め、ある程度の成功を収めたが1994年夏に解散。同時期に覆面バンドTHE TIMERSでも活動していた。ドラムの小西はスタジオミュージシャンやドラム教室の講師として活動。ギターの平野は2代目Vo.の横山とともにバンド活動を行っていたが、次第に音楽活動からは遠ざかって行った。

解散から20年後にあたる2003年3月28日、四谷フォーバレーにて『結成20周年』と称し、フィルムコンサート『7時からのレボリューション』が行われた。

バンド解散から14年後の2004年5月4日・5日、四谷フォーバレーにて2DAYSワンマン『HillbillyBops Mania Good Rock'in Tonight』を行った(メンバーはVo.横山 Gt.平野・佐藤 Ba.川上 Dr.小西 Sax.樋口)。9月には大阪・名古屋でコンサートも行われた(その後のライブに佐藤・小西は不参加。現在はサポートドラマーとして元MOJO CLUBの杉山章二丸がドラマーとして参加している)。

メンバー全員が社会人として働いており多忙であるため、ライブは数年に1回程度しか行われていないが2014年現在もバンド活動は継続中である。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 微熱なキ・ブ・ン(1986年4月25日)
  • バカンス(1986年7月25日)
  • 激的バーニング・ラブ(1986年10月25日)
  • ビシバシ純情!(1987年2月25日)
  • 僕たちのピリオド(1987年5月25日)
  • 真夜中をつっぱしれ(1987年10月25日)

アルバム[編集]

横山加入後

活動停止後の発売[編集]

再発&リリース[編集]

  • 『TEAR IT UP』・『HILLBILLY THE KID〜DOWN THE LINE』・『PUBLIC MENU』(1998年4月1日、再発売)

出演[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『ポピュラー音楽人名事典』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、1994年7月25日ISBN 4-8166-1223-1

外部リンク[編集]