シャープと共に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シャープと共に(シャープとともに)は、ラジオ沖縄1964年2月1日〜2005年3月26日まで、月曜〜土曜22時台前半に放送されたラジオ番組。沖縄シャープ電機(シャープ系列の家電卸売会社、本社:沖縄県那覇市)の一社提供

概要[編集]

日曜を除く毎日、22時台前半の20分間放送(最初は22:00〜22:20、のちに22:10〜22:30)していたが、平日と土曜日では内容が異なることが多かった。平日はパーソナリティー2人(男女各1人)、リクエスト番組中心で、日によってはリクエスト以外のはがきのコーナーもあった。土曜日は「ヤングヤングプラザ」というサブタイトルで、平日とは別のパーソナリティーを1人で務め、スタジオを飛び出して沖縄本島内各地をリポートするパターンが多かった(前半と後半に1曲ずつ、ロケ地にまつわる方のリクエストを流した)。

オープニングのタイトルコールは「○○と○○の“シャープと共に”」(○○はパーソナリティー名)で、土曜日は「シャープと共に・○○のヤングヤングプラザ」(土曜のみオープニング以外でも紹介していた)。新聞のラジオ欄の見出しは「○○(と○○)とともに」(または「○○と○○」)だった[1]

番組のテーマソングは、最初は「シャープー シャープー・・・」で始まる男女のコーラスグループによるもの[2]だったが、1990年代に女性ボーカルによるバージョン(山本潤子HI-FI-SET歌唱「地球にひとつの SHARP」)に変わった。

なお、当番組終了に伴い、現在放送中の電機メーカー(或いは、系列子会社)提供のラジオ番組は、パナソニック提供のJRN系列「歌のない歌謡曲」とJFN系列「Panasonic Melodious Library」のみとなっている。

主なパーソナリティー[編集]

備考[編集]

当番組が文字通り大手電機メーカーであるシャープの系列会社一社提供であるため、ラジオ沖縄(ROK)が加盟しているNRN系で1990年まで平日帯で放送していた「HITACHI FAN! FUN! TODAY」などのニッポン放送制作の日立一社提供の番組がライバルの電機メーカーであるためか、系列局のROKではなく、JRN系列の琉球放送(RBC)で放送されていた。なお文化放送制作の花王提供枠(後半は別スポンサー)の番組(「青春キャンパス」→「SCHOOL'S OUT」→「From C Side」→「観月ありさ 全国Radio」)はROKで放送していた。

また、やむを得ず報道特別番組などで当番組が休止する場合でも、当番組の本来の放送時間とほぼ同じ時間にシャープのCMが流れていた。さらにNRN系列局は1999年10月以降、allnightnippon SUPER!をはじめ22時台と23時台はニッポン放送制作の番組をネットしているが、ROKは当番組の伝統と自社番組重視からなどで編成上、当番組が終わった現在でもネットしていない(過去に放送した番組の中には同じ沖縄県出身の同局アナウンサーである垣花正HOT'n HOT お気に入りに追加!もあった)。なお24時以降の「レコメン!」(文化放送)と「オールナイトニッポン」(ニッポン放送・1部のみ)はネットしている。

脚注[編集]

  1. ^ 初期の頃は「シャープと共に」だった時もあった。
  2. ^ シャープ・スターアクション」のオープニングのアレンジ版で、シャープのかつてのイメージソング。