シャープ亀山工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯34度52分15秒 東経136度24分20秒 / 北緯34.870962度 東経136.40551度 / 34.870962; 136.40551

シャープ亀山工場
立地 2002年(平成14年)4月17日
敷地面積 330,400m2
所在地 〒519-0198
三重県亀山市白木町幸川464
外部リンク シャープ亀山工場
第1工場
SHARP Kameyama Plant No1,.jpg
稼動開始 2004年(平成16年)1月8日
延床面積 241,200m2
主な建物 LCD工場1棟(鉄筋5階建、第6世代)
テレビ組立工場1棟(鉄筋5階建)
物流倉庫1棟
第2工場
SHARP Kameyama Plant No2,.jpg
稼動開始 2006年(平成18年)8月
延床面積 279,100m2
主な建物 LCD工場1棟
(鉄筋3階建(一部7階建)、第8世代)

シャープ亀山工場(シャープかめやまこうじょう)は、三重県亀山市にある電機メーカーシャープ工場。 亀山駅の西、5kmに位置する。 2004年から2012年にかけて展開された「世界の亀山」ブランドの液晶テレビの生産で知られたが、2012年以降はスマートフォン用のIGZOディスプレイが主力となっている。

同じ敷地内に第1工場第2工場が存在する。ちなみに、中空の渡り廊下でつながっているが、第1工場に設置されたアップルのオフィスにつながる通路があるため、シャープ社員の立ち入りが一部区間で禁止されている。

歴史[編集]

液晶テレビ工場として設立[編集]

IT不況下の2002年2月に、三重県の企業誘致政策により、135億円(三重県90億円+亀山市45億円)の補助金とともに誘致された。その後の景気回復のシンボルとして、また、世界初となる最新鋭の液晶テレビの一貫生産工場として話題を集め、テレビなどでのCMでも大々的に紹介された工場である。亀山工場ができるまでは、同じく三重県にある多気町の三重工場が液晶の主力工場であった。

2004年より、シャープは亀山工場で生産されたテレビを「世界の亀山」ブランドで大々的に売り出し、大いに売れた。当時はスマホも有機ELパネルも存在せず、テレビと言えば液晶で、液晶と言えばテレビの時代であった。

2009年に大阪府堺市堺区において亀山工場の3.8倍の面積のシャープでは最大規模の堺工場が稼動を開始し、液晶テレビの主力工場は亀山工場より堺工場に移った。加えて世界的な景気後退に伴い、亀山第1工場は2009年初頭より操業を停止。生産施設をすべて中国企業に売却し、建屋のみが残った状態となった。莫大な補助金を投入した工場が、わずか6年で操業停止して設備を売却と言う事態に、シャープは県から補助金約6億4000万円の返還を求められた。

2007年にアップルがiPhoneを発売し、スマホ時代が到来した。スマホ用小型液晶ディスプレイの技術競争が盛んになるとともに、シャープのテレビ用大型液晶ディスプレイは競争力を失い、第2工場も2012年に一時的に操業を休止し、堺工場とともに鴻海グループに売却する話が出るなど苦しい状態が続いた。亀山工場の操業とともに地方交付金の不交付団体となった亀山市は、工場の閉鎖とともに再び地方交付金の交付団体に転落し、駅前商店街はシャッター街と化した[1]

スマホ用ディスプレイ工場へ[編集]

2011年、シャープは第1工場に約1000億円を投資し、iPhone用ディスプレイの専用工場として生まれ変わった[2]。投資額の多くをアップルが実質的に負担したため、第1工場は製造設備自体がアップルの所有物であり(建屋はシャープの所有物)、iPhone用のディスプレイ以外が製造できないなど、事実上のアップルの下請け状態にある。そのため、iPhoneの売れ行きが亀山第1工場の操業度に、ひいてはシャープ全体の業績を左右するほどになっている。第1工場にはアップルのオフィスがあり、シャープ社員ですら立ち入りできない区画がある。iPhoneは販売台数が多いため大きな利益が得られるが、逆にiPhoneの販売台数が少ないとシャープの経営が傾くというデメリットがあり、またアップルはiPhoneの売れ行きに合わせて週単位で細かく生産調整をするため、長期的な生産台数が読めないというデメリットがあった。

第2工場も2012年以降は大型液晶テレビの生産を減らし、スマートフォン携帯ゲーム機用の中小型液晶ディスプレイが主力となっていた。2012年から2013年にかけてはシャープの経営危機とアップルの苦戦が重なり、第1・第2工場ともに稼働率が低下して非常に苦しい状態が続いたが、2012年には第2工場にて新開発のIGZOディスプレイの生産が開始され、競争力を失ったテレビ用大型液晶から高収益の得られる中小型液晶ディスプレイ工場への移行に成功。当初シャープはIGZOをiPadに回したため他社の需要が伸びず、安価で高品質な製品を開発したにもかかわらずアップルの需要に翻弄されて経営が極めて悪化したが、中国の中小スマホメーカーなど新規顧客の獲得に走り回った結果、2013年後半からはIGZOの人気や任天堂3DS LL用ディスプレイの人気などで高い稼働率が続き、液晶事業が久しぶりに黒字になるなどシャープの復調を印象付けた。

2012年に堺工場が鴻海グループに入ったため、亀山工場が再び「液晶のシャープ」の主力工場となった。2014年上半期の中国スマホメーカー向けの出荷量は前年同期比4倍、9月には中小型液晶の比率が50%、第2工場の稼働率が100%に達した[3]。2012年頃のシャープの経営危機は、アップルと言う大口顧客・単一製品への依存が招いたという反省から、第2工場ではIGZO以外にも多様な製品の生産を行っており[4]、また2014年7月には第1工場でもアップル以外への供給が行えるようにアップル所有のラインを買収する交渉が開始されたとの報道があった[5]

シャープの経営悪化、鴻海傘下へ[編集]

しかし2014年9月以降には一転して液晶の競争激化などのため中国スマホメーカー向け中小型液晶の出荷が落ち込み、2年ぶりに稼働率とシャープの経営が悪化。LTPS(低温ポリシリコン)や高精細化などの最先端技術を身に着けつつある中国液晶パネルメーカーの価格攻勢、有機ELに傾注しつつある韓国メーカーの中、もはやIGZOなどシャープの液晶技術はそれほど評価されず、同じ日本のジャパンディスプレイと廉売による市場の奪い合いが起き、特に中国スマホシェア1位のシャオミ社の受注をジャパンディスプレイに取られたことが大きかったとされる[6]。一度は減らしたテレビ向け大型液晶を稼働率維持のために増産せざるを得ない状況となった。

2015年4月、ついに亀山工場の分社化が報じられた。2015年代後半には中国スマホ市場の成熟のために成長率が鈍化し、iPhone単一への依存は抜けだしたもののiPhoneに加えてシャオミなど中国で人気のスマホに結局は依存している状態のシャープの液晶事業と、それに代わる柱が見つけられずに相変わらず液晶事業に依存しているシャープの経営がさらに悪化。シャープは本社ビルの売却に続いて亀山工場を含めたシャープの液晶事業も売却する方針で、堺工場を経営する鴻海、亀山工場の大口顧客であるアップル、液晶事業でライバルのジャパンディスプレイ、ジャパンディスプレイとの合同で日の丸液晶連合を画策する産業革新機構などが交渉を行っていたが[7]、最終的に鴻海がシャープをグループごと買収することとなり、2016年3月に亀山工場を含めたシャープ全体を3888億円で買収した。

テレビ事業の大幅縮小、液晶の最先端開発拠点へ[編集]

2017年のiPhone XよりiPhoneが有機ELに移行し、業界全体としても液晶から有機ELにシフトし始めたが、シャープを含む鴻海グループは有機ELパネルの量産を確立していないため、シャープは2019年以降の量産を目指して有機ELの開発を進める一方で、世界初となる8K液晶テレビ「AQUOS 8K」を発売するなど液晶事業にも大きな投資をしている。そのなかで、亀山工場は液晶パネル工場としては依然として世界最先端であることには変わりなく、「液晶分野で一番重要な拠点」と位置付けられ[8]、2017年度の黒字転換を目指して液晶パネルの生産と有機ELの開発が行われている。ただし亀山工場でiPhone用有機ELパネルの量産を行う予定はなく、未来のiPhoneへの採用を目指すシャープの有機ELパネルは鄭州にある鴻海のiPhone組み立て工場(富士康鄭州工場)に併設して2018年に建設される予定の工場で、2019年より本格量産が開始される予定。

2017年現在、亀山工場と矢板工場で行われているシャープのテレビの生産台数は計数十万台とみられており、生産施設の老朽化が進んで採算が悪化している[9]。特に亀山工場は、2017年時点で稼働中の液晶パネル施設としては世界最古となる[10]。そのためシャープは、手作業での組み立てが多いテレビなどのアッセンブリーラインは全面的に鴻海などの海外工場に委託する方針を2017年に固めたが、国内工場はスマートファクトリー化(全自動化)を前提に、一部の液晶テレビ生産を残す方針。亀山工場では45型テレビの全自動生産ラインの設置が検討されている[11]

かつてiPhone用ディスプレイ専用工場だった第1工場でも、産業用8Kパネルや車載用パネルなどが製造されている。

スマホ用カメラモジュール工場へ[編集]

亀山工場ではiPhone用の有機ELディスプレイが製造されないが、代わりにカメラモジュールが製造される。

2017年7月、シャープの経営が悪化してから人員がリストラされる一方だった亀山工場は、スマホ用カメラモジュールの製造に向けて、鴻海傘下でついに人員が増強され、亀山工場の最盛期となる4000人態勢となる予定。

立地[編集]

シャープ亀山工場は亀山市内の亀山関テクノヒルズ工業団地内に立地する。付近には東名阪自動車道名阪国道国道1号などが接続する亀山ICがある。亀山ICからは伊勢自動車道とも、さらに2008年2月には東名阪自動車道亀山JCTを介して新名神高速道路とも接続されるなど、道路交通の便に優れた地域である。また、天理研究所と三重工場との連携も考慮されている。

沿革[編集]

  • 2002年(平成14年)
    • 2月14日 - シャープ、三重県亀山市への進出を発表。立地面積は10万坪(33ha)。投資額1000億円(第1工場第1、2期ライン分)。
    • 9月10日 - 第1工場の起工式を挙行。
  • 2003年(平成15年)5月 - 第1工場建屋完成。試験生産を開始。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月8日 - 第1工場(第6世代パネル採用)本格稼動。
    • 7月28日 - 第1工場第2期ライン稼動。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 1月6日 - 第1工場の設備増強を発表。投資額150億円。完成予定2006年4月。
    • 1月11日 - 第2工場第2期ライン前倒しを発表。投資額2000億円。
    • 3月 - 第1工場及び第2工場屋上に太陽光発電システムを設置。出力は5,220kWで同一エリア内に設置されたものとしては朝霞浄水場の1,200kWを抜いて国内最大(世界第2位)。
    • 8月 - 第2工場(第8世代パネル採用)稼動。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 - 第2工場第2期ライン稼動。
    • 4月15日 - 正午過ぎに発生した三重県中部地震によりラインが緊急停止。点検後、午後3時過ぎに生産を再開。亀山市では震度5強を記録していたが、幸いケガ人の発生や設備の被害は無かった。
    • 7月 - 第2工場に隣接する調整池に世界最大のフロート型太陽光発電システムを設置。出力は200kW。
      • 第2工場第3期ライン稼動。
  • 2008年(平成20年)
    • 7月 - 第2工場第4期ライン稼動予定。マザーガラスの投入能力、月産9万枚へ。
    • 12月 - 世界的な景気低迷の影響により、工場稼働以来初の減産を実施。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月 - 第1工場操業停止。
    • 8月31日 - 休止中の第1工場の設備売却(中国系新会社向け)を発表。南京中電熊猫信息産業(CEC)グループに売却。
    • 9月 - 売却対象のうち補助金で購入した設備に関し、三重県が条例に基づき補助金の一部返還を求める方針を決定。
  • 2011年(平成23年) - アップルが第1工場に1000億円を投資し、iPhone用ディスプレイ用ラインを新設。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月 - 5月 - 液晶の販売不振に伴い第2工場も一時操業停止。
    • 後半 - 第1工場のiPhone用ディスプレイ用ラインが本格稼働。
    • 9月 - 第2工場で生産されたIGZOディスプレイを史上初めて搭載したAQUOS PHONESH-02E発売。
  • 2013年(平成25年)
    • 前半 - iPhone 5の販売不振で第1工場の稼働率が大幅に下がる。
    • 9月 - IGZOディスプレイや3DS LLが好調で、第2工場の稼働率が80%に達する。これを受け、7-9月期におけるシャープの液晶事業が、4半期としては2年ぶり黒字化。
  • 2014年(平成26年)
    • 前半 - 亀山第2工場の稼働率が100%に達する。
    • 9月 - 稼働率が悪化
  • 2016年(平成28年)
    • 3月 - 鴻海グループに買収される。

特徴[編集]

AQUOS 世界の亀山モデル
  • シャープ亀山工場の特徴は、最新鋭設備による液晶テレビの一貫生産と生産設備のブラックボックス化である。前者はコスト削減に、後者は生産技術の流出防止に大きな効果があるとされた。その成功体験が堺工場の建設にもつながるが、2000年代後半には液晶ディスプレイがコモディディ化し、他社から同等以上の製品が出る中でシャープは分不相応な巨大工場を抱えて経営難に陥った。
  • 三重県の誘致手法にも特徴があり、135億円の巨額補助金、計画総面積240haの広大な工業団地のオーダーメードによる造成のほか、当時三重県知事だった北川正恭のトップセールスなどが話題となった。こうした手法は、工場立地に伴う知名度の向上や経済的な波及効果を高く評価する意見がある一方、多額の税金投入の是非については論議がある。なお、亀山市は工場誘致の成功で一時的に地方交付税の不交付団体となったが、亀山第1工場の操業停止でわずか7年でふたたび交付団体に転落した。
  • 敷地内の屋上や壁面への太陽電池パネルの設置や、製造過程で生じた排水の100%の再利用、雨水の空調への利用など、環境に配慮した工場としても注目を集めた。
  • 本工場で生産された液晶テレビを「世界の亀山ブランド」、「亀山産」などと喧伝し、日本国内において工場名をひとつのブランドとして確立する事に成功した。
  • 東海地震などに備えて免振構造の建屋になっており、2007年4月15日に三重県亀山市で発生した三重県中部地震の際にも、工場設備に被害は無く、工場の安全性が発揮できた[12]

生産品目[編集]

  • 大型液晶テレビ
  • 大型液晶パネル
  • iPhone用液晶
  • IGZO

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ シャープもパナソニックも!「裏切りの工場撤退」で補助金が泡と消えた 現代ビジネス 講談社
  2. ^ シャープ、液晶1000億円投資 日本経済新聞
  3. ^ 中小型液晶パネルにシフトしたシャープ亀山第2工場 - AV Watch AV Watch
  4. ^ シャープの反省、「僕らはIGZOを過信した」 | 週刊東洋経済
  5. ^ シャープ、アップル用設備買収交渉 亀山の液晶パネル工場 日本経済新聞
  6. ^ シャープ赤字、液晶なぜ消耗戦 日経ビジネス
  7. ^ 鴻海、シャープの液晶買収提案 米アップルに出資要請へ 日本経済新聞 2015年9月21日
  8. ^ シャープ、国内体制強化へ 戴社長、人員削減を否定 - 京都新聞
  9. ^ シャープ、液晶TV国内生産撤退へ 「世界の亀山」に幕 - 朝日新聞デジタル
  10. ^ シャープ、6月29日か30日に東証一部復帰申請。「有機ELテレビは日本パネルで」 - AV Watch
  11. ^ シャープ、国内テレビ生産撤退報道を否定。80型超や8Kは国内。亀山に全自動ラインも - AV Watch
  12. ^ 三重・亀山の地震、シャープ工場に被害なし

外部リンク[編集]