Sharp Auvi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Auvi(アウビィ)は、シャープが発売していた1ビットデジタルアンプを搭載したオーディオ機器のブランドである。[1]

概要[編集]

シャープは1998年6月に1ビットデジタルアンプの技術を発表し、同年10月のオーディオエキスポで1ビットデジタルアンプの試作機を参考出品[2]。これを元に1999年に世界初の1ビットデジタルアンプであるSM-SX100の受注生産を開始した[3][4]

さらに、2000年11月には、低価格の1ビットデジタルアンプ、MD/CD/チューナースピーカーを組み合わせたシステムのシリーズをAuviの名称で発売[4][5]。1ビットデジタルアンプを採用することにより、従来のアナログアンプでは実現できなかった小型化、低価格化を実現した。2001年6月には、Auvi excellence(アウビィ エクセレンス)と名付けたスピーカーレスのハイグレード・モデルのSD-SG11が発売され、ELACJBLのスピーカーと組み合わせた限定モデルも用意された[6]

MD/CDシステム(アンプ、MD/CD、スピーカー一体型のシステム)については、2000年11月にSD-FX1が発売された後も、2003年5月発売のMD-F350まではアナログアンプを搭載していたモデルがほとんどであったが、同年9月発売のSD-FX10からはAuviシリーズに統合された(MD-F350以前のシリーズ名はMD studio。)。2006年発売のSD-FX33を最後に、Auviシリーズの新製品は発表されていない。2013年現在はAuviシリーズや、それ以前のMD studioシリーズ共に展開を終了しており、シャープはオーディオ事業から事実上撤退している(新モデルの発表が全くないまま、SD-GX2、SD-FX200、SD-FX30の3機種を2010年頃まで継続販売していた。なお、SD-FX30の後に発売されたSD-FX33がSD-FX30よりも先に生産終了となっている。)。

2009年には、1ビットデジタルアンプを手掛けた技術者が定年後に創業したリリック(本社・福岡市)が「Nmode」ブランドで1ビットアンプをはじめとしたオーディオ機器を開発・販売を行っている。

ラインナップ[編集]

便宜上、Auvi名称の付されていない単体アンプの製品も併せて列挙する。

  • 単体アンプ
    • SM-SX1
    • SM-SX10
    • SM-SX100
    • SM-SX200
    • SM-SX300


  • 1ビットデジタルシステム
    • SD-NX10(2000年11月)
    • SD-CX1(2000年11月)
    • SD-SG11(2001年6月)
    • SD-CX2(2001年11月)
    • SD-CX3(2001年11月)
    • SD-CX10(2002年3月)
    • SD-NX20(2002年6月)
    • SD-CX8(2002年9月)
    • SD-SG40(2002年12月)
    • SD-CX9(2003年8月)
    • SD-GX1(2004年11月)
    • SD-GX2(2006年4月)


  • DVD1ビットデジタルシステム
    • SD-AT10(2002年9月)
    • SD-VH90 / SD-VH9(2003年11月)
    • SD-MX1(2005年8月)


  • 1ビットネットワークミュージックシステム
    • SD-AN1(2004年5月)


  • 1ビットMD/CDシステム
    • SD-FX1(2000年11月)
    • SD-FX10
    • SD-FX100(カセットデッキ搭載)
    • SD-FX20
    • SD-FX200(カセットデッキ搭載)
    • SD-FX30
    • SD-FX33(USB再生端子搭載、2013年現在においてのAuviシリーズ最終機種。)

脚注[編集]