クイズでクイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SHARP・クイズでクイズ
ジャンル クイズ番組
放送時間 火曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1980年10月7日 - 1981年1月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 あおい輝彦
相原友子
テンプレートを表示

SHARP・クイズでクイズ』(シャープ クイズでクイズ)は、1980年10月7日から1981年1月27日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のクイズ番組である。シャープの一社提供。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

毎回あるテーマに基づいて集められた人物40人に4択のアンケートを出し、その結果(4択に対する回答ならびに回答人数)を一般解答者のペア4組が予想していた視聴者参加型のクイズ番組である。

司会[編集]

ルール[編集]

出場者は2人1組の一般解答者が4組。それとは別に、毎回様々なジャンルで統一されたパネリストが40人いた。問題は計6問。

第1問 - 第5問[編集]

  • まず40名のパネリストに4択のアンケートを出し、パネリストはA・B・C・Dの中から1つのボタンを押して回答する。
  • 一般解答者はどの答に一番回答が有ったかを解答し、さらにその票数も解答する。
  • 回答結果を発表し、正解チームで賞金3万円を頭割りする(下記)。さらに票数も正解したチームは、5万円を獲得(複数いても頭割りしない)。

ファイナルチャンス[編集]

  • まずアンケートをとる前、一般解答者は持ち金の中から好きな金額を1万円単位で賭ける。賭ける賭けないは自由だが、1万円未満のチームは賭けることができない。
  • その後、アンケート回答・解答・結果発表を行い、不正解チームは賭け金没収。正解チームは賭け金と3万円の頭割り分(票数正解チームはさらに5万円)が与えられる。

最終的に獲得賞金額の一番高いチームが「トップ賞」となり、スポンサーのシャープからカラーテレビや電子レンジなどの電化製品が贈られた。

賞金3万円の頭割り分[編集]

  1. ¥30,000
  2. ¥15,000
  3. ¥10,000
  4. ¥8,000 - 厳密には¥7,500だが、賞金表示機の都合上¥8,000。

エピソード[編集]

「ファイナルチャンス」は賭けなくてもラッキーなら8万円が獲得できるため、全く賭けないか、あるいは少なめに賭けるチームが多かった。だが、「若手落語家の巻」の回では少なく賭けるチームがやたらと多く、落語家パネリストからは「セコ〜い!!」とブーイングがかかった。

日本テレビ系列 火曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
シャープ・新スターアクション!
(1979年12月25日 - 1980年9月23日)
SHARP・クイズでクイズ
(1980年10月7日 - 1981年1月27日)
がんばれ!ブーマー
(1981年2月3日 - 1981年4月7日)
日本テレビ系列 シャープ一社提供枠
シャープ・新スターアクション!
(1979年12月25日 - 1980年9月23日)
※火曜19:00枠
SHARP・クイズでクイズ
(1980年10月7日 - 1981年1月27日)
※火曜19:00枠
SHARPワールドドキュメント
世界のこれがNo.1

(1981年6月2日 - 1982年9月)
※火曜19:00枠