うちの奥さん 隣のママさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うちの奥さん 隣のママさん
ジャンル テレビドラマ
脚本 山下与志一
演出 米村輝国
出演者 リンダ・ビーチ
ほか
製作
放送分 30分
制作 読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1961年10月1日 - 1962年7月29日
放送時間 日曜 12:15 - 12:45
回数 44

うちの奥さん 隣のママさん』(うちのおくさんとなりのママさん)は、1961年10月1日から1962年7月29日まで日本テレビ系列局で放送されていた読売テレビ製作のテレビドラマである。早川電機工業(現・シャープ)の一社提供。全44回。放送時間は毎週日曜 12:15 - 12:45 (日本標準時)。

概要[編集]

外国人家族のリンダ・ビーチ母子、フランス料理の大家でもある洋裁学校講師の小山夫妻、若い新婚夫婦の九谷家の3家族のエピソードを描いたホームドラマ。3家族の住居は隣り合わせになっており、ビーチ家のメイドと小山家の内弟子が3家族を繋ぐ役割を果たしている[1]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京新聞東京新聞社、1961年10月1日付のラジオ・テレビ欄。 出演者も同資料からの参考。

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 日曜12:15枠
(本番組まで早川電機工業一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
続しゃっくり寛太
(1961年4月2日 - 1961年9月24日)
うちの奥さん 隣のママさん
(1961年10月1日 - 1962年7月29日)
単発特番

カム・オン ベルベ・ショー
(1962年9月2日 - 1963年1月27日)