SF1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SF1
メーカー シャープ
種別 据置型ゲーム機 アナログテレビ受像機
発売日 日本の旗1990年12月5日
対応メディア ロムカセット
ニンテンドウパワー
スーファミターボ
対応ストレージ バッテリーバックアップ
フラッシュメモリ
(サテラビューのみ)
コントローラ入力 ケーブル
オンラインサービス サテラビュー(日本国内のみ)
互換ハードウェア スーパーファミコン
前世代ハードウェア ファミコンテレビC1
テンプレートを表示

SF1(エスエフワン)は、シャープが製造・販売した、任天堂スーパーファミコンの機能を内蔵するブラウン管テレビ1990年平成2年)12月5日発売。

概要[編集]

以下の形式が発売された(価格は税抜き)。

  • 14G-SF1(14型)10万円
  • 21G-SF1(21型)13万3,000円

ボディはグレーで、画面の上にロムカセット差込スロットがある。2つのボタンを同時に押すと、リモコン操作でリセットできる。「ゲーム」用の画質が設定されている。また電源コードとコントローラ以外のケーブルが露出していない。スーパーファミコンとは内部でS端子接続(Y/C分離)されており、画質は鮮明である。

14型の場合、付属コントローラーのコード長が普通の本体についているものと同じだが、21型はコードが長い。そのためマウスなどには社外品の延長ケーブルを併用することを推奨する。音声はモノラルであり、外部入力も1系統のみの対応であるため、ステレオ音声でのプレイはできない。

拡張端子とAV出力端子は、本体上のスーパーファミコン部の背面に斜め上に向かって付いており、ほこりを防ぐカバーが付いている。RF端子とチャンネル切替スイッチはない。

外部リンク[編集]