青春キャンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青春キャンパス
ジャンル バラエティ番組
放送方式 録音放送
放送期間 1980年4月7日 - 1987年4月3日
放送時間 月-金曜日 24:30-25:00
→月-金曜日 23:00-23:30
(※文化放送での放送時間)
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 谷村新司
ばんばひろふみ
出演 各局キャンパスリーダー
テーマ曲 ジョニー・ピアソン・オーケストラ
『二人の出会い(Today I met my love)』
企画 全国ご当地音頭レポート(月曜日)
天才・秀才・バカ(火曜日)
ハガキコーナー(金曜日)
提供 花王
テンプレートを表示

青春キャンパス(せいしゅんキャンパス)は、1980年4月7日から1987年4月3日まで、文化放送の制作でNRN系列全国ネットで放送されていたラジオ番組

概要[編集]

  • 月曜日から金曜日までの30分の帯枠で放送(この形式での前番組は『小林克也ポップタウンエクスプレス』(文化放送では22:00 - 22:30の放送))。なお、この番組より花王の一社提供となり、『MOONLIGHT 抱きしめて!!』終了の1991年10月4日まで花王一社提供枠が続いていく。
  • メインパーソナリティは谷村新司ばんばひろふみ。二人は、この直前の1980年3月まで『青春大通り』の火曜日パーソナリティであり、これより引き続いての出演となった。本番組開始当初においては、谷村は「総長」として番組のまとめ役に当たり、アリス堀内孝雄矢沢透岸田智史武田鉄矢山本雄二シグナルら出演者と一緒に若者中心のリスナーと番組とを結ぶ役目という形であった。リスナー発案の企画、アイデア、取材などを選考にかける「キャンパス会議」も存在していた。
  • ネット局各局に、アナウンサーローカルタレントから成る「キャンパスリーダー」が設けられ、各地方のリスナーのまとめ役となっていた。また、オーディションで選ばれた高校生たちもスタッフとして番組制作に関わっていた。1986年2月には、そのキャンパスリーダーたちが一堂に会し、ゲームなどを行った『全国リーダー大会』が番組のイベントとして行われた。
  • 主なコーナーは、『セイ!ヤング』、『青春大通り』に引き続いて本番組に移動して来た『天才・秀才・バカ』(火曜日)、『全国ご当地音頭レポート』(月曜日)、『ハガキコーナー』(金曜日)など。水曜日、木曜日はゲストコーナーが多かった。
  • 本番組のテーマ曲は、ジョニー・ピアソン・オーケストラの『二人の出会い(Today I met my love)』。
  • 『ハガキコーナー』のBGMは、ジョルジュ・ドルリュー作曲の映画サウンドトラック『イルカの日のテーマ(The Day of the Dolphin)』。

近畿広域圏での対応[編集]

本番組が放送されていた期間は、ちょうど谷村とばんばが『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)の金曜日パーソナリティを担当していた期間内でもあり(ヤンタン金曜担当期間は1978年4月から1986年12月まで)、ラジオ大阪で放送していた当初は青春キャンパスは24:30からの放送で、ヤングタウン金曜日は24:25で終了していたため時間が重なることはなかったが、1981年4月10日からヤングタウン金曜日が25:00まで時間を延長したため時間が重なることとなり、この時から金曜日のみ自社制作枠としてキャンパスリーダーのスイッチョン(角川加代子)らの出演でラジオ大阪独自の内容(いわゆる企画ネット番組)となった。

1982年10月4日から近畿広域圏内での放送がABCラジオに移行した後も金曜日のみABC自社制作枠となり、パーソナリティは板東英二長江健次とキャンパスリーダーの川田恵子が務めた。のちに、1983年7月からは長江に代わり大江千里がパーソナリティとなった。[1]番組の会報「ST Pivot」では大阪制作版についても取り上げられていた。

各局キャンパスリーダー[編集]

太字1986年当時のキャンパスリーダー

ネット局・放送時間[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞関西版のABCのPRページに掲載。
  2. ^ 当時はJRN単独加盟
文化放送 1980年4月 - 1987年4月 月曜 - 金曜24:30 - 25:00枠 → 23:00 - 23:30枠
前番組 番組名 次番組
シネマニア共和国(月)

神津善行音楽研究所(火)
ミュージック・パイロット(水)
オレンジ通りの映画館(木)

夜空に翔んでけスーパーソニック(金)
青春キャンパス