吉田照美のてるてるワイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田照美のてるてるワイド
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1980年10月6日1987年4月3日
放送時間 放送時間を参照
放送局 文化放送
パーソナリティ 吉田照美
テンプレートを表示

吉田照美のてるてるワイドよしだてるみのてるてるワイド)は、文化放送で、1980年10月6日から1987年4月3日まで放送された、夜のワイド番組。当初のタイトルは『吉田照美の夜はこれから てるてるワイド』(よしだてるみのよるはこれから てるてるワイド)。1985年4月からは、番組のタイトルが『新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな』(しんてるてるワイド よしだてるみのふッかいあな)に変わった。

パーソナリティ[編集]

放送時間[編集]

  • 毎週月曜 - 金曜 21:00 - 24:00(タイトルが「 - ふッかいあな」と変わった1985年4月〜1986年9月は、21:30 - 24:00 → 1986年10月〜1987年4月3日は、21:00 - 24:00)

概要[編集]

「ノッてる」「ウケてる」と「吉田美」をキーワードに放送開始。当時の首都圏の中高生に絶大な人気を博し、首都圏の夜ワイドの支配権を独占し続けた。

当番組の開始以前の若者向けの夜ワイド番組は、「ブロックワイド」と呼ばれる形式が主流で、内包しているコーナー番組との間の時間帯を、メイン パーソナリティが自らのトークで埋めていくのが、定番となっていた。その一方で、内包しているコーナー番組の多さの影響から、フリートークの時間が短すぎて、メイン パーソナリティの個性が発揮されにくい、といった弊害も生まれて来ていた。

当番組は、コーナー番組との間の時間帯を緩やかな物にして、吉田のトークが多少延びてしまったとしても、自由に調整することが可能となっていた。

番組内で取り上げる内容は、中高生たちが関心を引く流行・事柄と同時に、吉田がそれまでの担当番組(『桂竜也の夕焼けワイド』『吉田照美のセイ!ヤング』)で培って来た、突撃レポートや隠しマイク潜入記などのバカバカしい聴いて笑える、ゲリラ企画に徹した。

また、当時のアイドルブームの波に乗って、番組内に松田聖子岩崎良美近藤真彦野村義男松本伊代など、人気アイドルが担当するコーナー番組が内包されていた。

番組開始2ヶ月目(1980年11月)の聴取率調査で、月曜日〜金曜日のうち、3曜日で、全番組のトップに立つという、異例の記録を打ち立てた。さらに、翌年の1981年5月の聴取率調査では、同時間帯の若者向け番組の中で、聴取率トップの数字を獲得した[1]。その後、それまで首都圏夜ワイドで高聴取率を獲得していた『大入りダイヤル まだ宵の口』(ニッポン放送)は、終了へと追い込まれた。

1985年4月からは『新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな』としてリニューアル。ニッポン放送の夜ワイドが『三宅裕司ヤングパラダイス』となってからは、『てるてるワイド』 → 『ふッかいあな』と互角の聴取率争いを繰り広げた[2]

1987年4月に「てるてるワイド」から続いた6年半の歴史に幕を下ろし、吉田は平日帯の昼ワイド番組『吉田照美のやる気MANMAN!』のパーソナリティとなった。後番組は『東京っ子NIGHT お遊びジョーズ!!』。

主なタイムテーブル(1982年10月)[編集]

  • 21:00  オープニング
  • 21:03  ルミちゃんのノッケからマルモウケ
  • 21:13  マッチとデート
  • 21:25  シュガーのバイキン少女とSISTER BOY
  • 21:35  てるてる情報局 チャレンジ探偵団
  • 21:48  スポーツ ニュース
  • 21:50  ユーミン ランド
  • 22:00  松本伊代のチャレンジ名作ライブラリー
  • 22:10  ヨッちゃんの青春ド真ん中
  • 22:20  アイ・ラブ・シティ
  • 22:30  今晩は! 神津カンナです
  • 22:45  めざせ! アメリカンヒーロー
  • 23:00  青春キャンパス
  • 23:30  松田聖子のピンクのスニーカー
  • 23:40  バナナくらぶとアップルちゃん
  • 23:50  吉田照美のなにげない感動

主なタイムテーブル(吉田照美のふッかいあな 1985年4月)[編集]

  • 21:30  オープニング
  • 21:33  吉田照美がいきなりしましょ
  • 21:45  桃子ぽいね
  • 21:55  スポット ニュース
  • 21:56  スポーツ ニュース
  • 22:00  富田靖子のチャレンジ名作ライブラリー
  • 22:10  ルミちゃん天気 今週のうた
  • 22:12  とんねるずの二酸化マンガンくらぶ
  • 22:22  吉田エンタープライズ テラピナゴックン
  • 22:32  千倉真理の地球はまあーるいよ
  • 22:47  めざせ! アメリカンヒーロー
  • 23:00  青春キャンパス
  • 23:30  吉田照美のコットンクラブ
  • 23:40  ジャンピングジャニー 少年隊
  • 23:50  吉田照美の夜の伝言板

主なコーナー[編集]

  • ルミちゃんのノッケからマルモウケ
  • 不良少年探偵団
    • 『吉田照美のセイ!ヤング』の人気コーナーを移行したもの。
    • 後に、独立コーナーから「アイ・ラブ・シティ」(後述)枠内の曜日別コーナーに変更された。
  • バスルームより愛をこめて
  • しあわせ仮面
  • てるてる情報局 チャレンジ探偵団
  • めざせ! アメリカンヒーロー
    • 聴取者参加型のクイズコーナー。7問正解すると、アメリカ旅行と、旅行費用として、10万円がプレゼントされた。
  • アイ・ラブ・シティ 
    • てるてるワイドを開始する以前(1979年4月開始)から、吉田がパーソナリティを務めた帯番組を移行した物。
    • 基本は、吉田の突撃レポートや隠しマイク大作戦などの日替わり企画を放送。
    • 他にレポーターとして、文化放送の男性アナウンサー(竹内靖夫扇一平寺島尚正、倉林由男ほか)が出演していた。
    • ラジオ大阪にもネットされていた。
  • 集え 美少年
    • 毎週木曜日の11時台後半に放送。ハガキ採用者には、吉田のヌード写真がプレゼントされた。
  • バナナくらぶとアップルちゃん
    • 聴取者(男性チームと女性チームに分かれる)をスタジオに呼び、「先生」と呼ばれるゲストに対して、吉田の進行によるトークが繰り広げられていた。
  • 吉田照美のなにげない感動
    • リスナーからの「何気なく感動した出来事」を綴ったお便りを紹介するコーナー
  • 吉田照美のコットンクラブ

この他、11時台後半の『マッチとデート』(後に『松田聖子のピンクのスニーカー』と交代)が始まる直前に放送される、『ミスDJリクエストパレード』のパーソナリティと吉田の掛け合いのコーナーも評判だった。

内包していた主な番組[編集]

  • チャレンジ名作ライブラリー(武田鉄矢→松本伊代→富田靖子が担当)
  • 谷村新司の青春キャンパス(NRN番組)
  • マッチとデート(NRN番組)
  • ヨッちゃんの青春ド真ん中(NRN番組)
  • 松田聖子のピンクのスニーカー(NRN番組)
  • オリエント サウンド・エクスプレス 岩崎良美(NRN番組)
  • ジャンピングジャニー 少年隊(NRN番組)
  • 松任谷由実 ユーミン ランド(NRN番組)
  • シュガーのバイキン少女とSister Boy
  • ヤングジャーナル 世界は今(神田外語学院提供)
    • 今晩は! 神津カンナです
    • 千倉真理の地球はまあーるいよ
毎週月曜日、各国に駐在する日本大使と国際電話で直接話し、現地の最新事情を、ホットライン形式で紹介した。
後に「何でもベスト5」のコーナーが、『とんねるずのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に引き継がれる。

※NRN番組は21時台に裏送りにてライン配信され、ネット各局は時間遅れで放送していた。『青春キャンパス』はテープネット。ただし、パーソナリティの谷村新司とばんばひろふみの関係で、大阪地区は金曜日のみ、ネット局の朝日放送が別内容を放送した。

エピソード[編集]

  • 吉田照美は番組開始前、当番組の出演を打診された際、「正直言って、嫌だった」と述べている。打診時、担当していた深夜放送セイ!ヤング』が好調で、もう少し続けたいという気持ちがあった。しかし、当番組の開始後、当時、文化放送の無名アナウンサーであった自分が、中高生からの人気を得たとわかった時は信じられなかった、と話している[3]
  • それまでの夜ワイド番組とは一線を画し、スタジオから飛び出しての中継や生放送を行ったり、番組内で言葉遊びを流行らせたりと、新しい放送形態を確立した。
    • この様な放送内容を選択した要因として、吉田と番組スタッフは、文化放送のそれまでの教育・教養的なイメージを打破しようという決意で、裏番組の『大入りダイヤル まだ宵の口』を参考にしたという[4]
    • ただし、番組タイトルの模擬は、同じ首都圏エリアで「洒落にならない」ということで行わず「〜まだ宵の口の精神を模擬した」との事。同様に、番組内のコーナーも『〜まだ宵の口』の模擬を行わず、『セイ!ヤング』から移行した物を中心とした[4]
  • 首都圏エリアのみならず、他の地域の若者向け番組にも、大きな影響を与えた。当番組のノウハウを取り入れる形で、CBCラジオの『小堀勝啓のわ!Wide とにかく今夜がパラダイス」と、KBCラジオの『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』がスタート。両番組とも、当番組のコーナータイトルを模擬したコーナーを作り、次第に、それぞれの個性を確立させ、地元ローカルの夜ワイド番組を定着させる要因を作った[4]
    • 当番組を聴いていた、中高生のリスナーから「名古屋で、てるてるワイドに似た番組が放送されている」との投書があった。1982年中にも、吉田が『わ!WIDE』側に「てるてるワイドのパクリじゃないですか?」という電話を入れたことがあった[4]。詳しくは「小堀勝啓のわ!Wide とにかく今夜がパラダイス#エピソード」を参照。
  • 当番組の構成作家として、『カノッサの屈辱』『料理の鉄人』などの企画、構成で著名な小山薫堂岸田國士戯曲賞を受賞/現・早稲田大学教授宮沢章夫1980年代後半のお笑いサブカルシーンをリードしていた加藤芳一など、錚々たる顔ぶれが揃っていた[5]
  • はがきを読まれた投稿者には、吉田照美がサイン時に良く書く自身横向きのイラストが描かれた「るみちゃんトレーナー」「るみちゃんTシャツ」「るみちゃんステッカー」等がプレゼントされた。

脚注[編集]

  1. ^ 参考:月刊ラジオパラダイス 1988年8月号内の特集記事
  2. ^ 聴取率は、1985年12月ビデオリサーチ社の調べでは、『ヤングパラダイス』が平均2.45%、当番組が平均2.4%(出典は月刊ラジオパラダイス 1986年3月号の特集記事「大江戸ラジオ合戦絵巻」より)
  3. ^ 雑誌『ラジオパラダイス』(三才ブックス)1986年6月号のインタビューより
  4. ^ a b c d 『ラジオパラダイス』1987年9月号特集「スーパーローカルラジオ対決特集」より。及びこの特集内のインタビューで、照美が述べたもの
  5. ^ 月刊『ラジオパラダイス』1986年3月号特集「大江戸ラジオ合戦絵巻」より。
文化放送 月〜金曜夜ワイド
前番組 番組名 次番組
(21:00〜23:00の枠は箱番組11本)
百万人の英語(23:00〜23:30)
大学受験ラジオ講座(23:30〜24:30)
吉田照美の夜はこれから てるてるワイド
吉田照美のてるてるワイド
新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな
文化放送 吉田照美のラジオ番組
吉田照美の夜はこれから てるてるワイド
吉田照美のてるてるワイド
新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな