今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ
ジャンル 音楽バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1989年10月9日〜1990年10月5日
放送時間 月曜日 - 金曜日21:40〜24:30
放送局 文化放送
パーソナリティ 太田英明三戸華之介
出演 アシスタント参照
テンプレートを表示

今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ(こんやもブレイクアウト - )は、1989年(平成元年)10月9日から1990年(平成2年)10月5日まで文化放送で放送されていたラジオ番組である。通称「ラジバカ」。

概要[編集]

当時は「いかす!!バンド天国(イカ天)」が社会現象になるほどの人気ぶりを見せ、バンドブームが最高潮に達していた時。それに呼応するようにバンドロックに重点を置いた本番組がスタートした。この番組のセールスポイントはロックを中心とした音楽情報と、ゲストとして訪れるロックミュージシャンの多さ。テレビなどにあまり出ないミュージシャンが来ることもあった。

「バカナリヤ」のタイトルに合わせて、スタジオ内でカナリアを飼っていたという。

タイムテーブル[編集]

  • 21:40 オープニング
  • 21:45 ヘッドロックス
  • 22:00 ☆JUN SKY WALKER(S)のTeen'sストリートGIG
  • 22:10 ROCK'N ROLL NEWS SHOW
  • 22:20 ROCKIN' STREET
  • 22:50 トラブルバスター (リスナーの悩みを出演者、ゲストと共に聞いて考えるコーナー。シビアな相談も多かった)
  • 23:00 ☆From C Side 出演:徳永英明太田英明NRN系全国33局ネット)
  • 23:30 スポーツニュース
  • 23:35 ジャンピングワールドクイズ (海外旅行が当たるクイズコーナー)
  • 23:45 ☆UNICORN参上!!
  • 24:00 ☆今夜もフリー&フリー 吉田美和のWhat's Up!(1989年10月 - 1990年3月)
    ☆今夜もフリー&フリー 相原勇のBE BOP YOU(1990年4月 - 1990年9月)
  • 24:15 ミッドナイトジャンクション
  • (☆ - は内包番組)

野球放送との兼ね合い[編集]

文化放送は1982年(昭和57年)の『ライオンズDJ』で平日の野球放送に参入したが、1985年(昭和60年)に『ライオンズナイター』にリニューアルした後も、21時30分までで放送を打ち切って夜ワイドは定時スタートさせると定められていた。1989年のナイターオフにスタートした当番組が翌1990年(平成2年)4月改編を迎えた際、文化放送の夜ワイド史上初めてとなる放送開始時間の繰り下げによる野球中継の延長が実現した。

しかし、前述のタイムテーブルにある通り『Teen'sストリートGIG』が22時スタートで放送時間をずらせなかったこと、フロート番組としては非常に大きな30分の枠を持ちかつそれが『てるてるワイド』時代の『青春キャンパス』から続く一社提供の伝統枠だった花王をはじめとする後続の内包番組枠のスポンサーとの調整に手間取ったこと、また当時はプロ野球パシフィック・リーグの試合時間が延長12回以内かつ試合開始後4時間を超えて新たなイニングに入らないというルールだったため、22時までに大概の試合終了の目途が立ったという理由で、延長を行った場合でも21時50分で野球中継を打ち切って当番組をスタートさせていた。

当番組が打ち切られた後、後継番組となった『キッチュ!夜マゲドンの奇蹟』では、打ち切り時間が22時まで延ばされたものの、花王は23時台の30分枠単独提供を継続。1991年(平成3年)10月改編で終了した『MOONLIGHT 抱きしめて!!』を最後に花王がスポンサーを降板して廃枠となるまで制約は続いた。22時以降試合終了までの放送ができるようになるのは、さらに後継となる1992年(平成4年)の『サスケの夜はこんびんば!』まで待たされることになる。

パーソナリティ[編集]

  • 月曜日 - 木曜日:太田英明(文化放送アナウンサー)
  • 金曜日:三戸華之介(現:水戸華之介、アンジー

アシスタント[編集]

出典[編集]

文化放送 月〜金曜夜ワイド
前番組 番組名 次番組
今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ