安東由喜雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安東 由喜雄(あんどう ゆきお、1953年7月9日 - )は、大分県別府市出身の熊本大学大学院医学薬学研究部、神経内科学教授。

人物[編集]

  • 安東由喜雄教授
    安東由喜雄教授(熊本大学神経内科サイトより)
    医学部学生、大学院生、検査技師学生に対し、検査医学、神経疾患の講義を行っている。

略歴[編集]

  • 1983年(昭和58年)- 熊本大学医学部卒業
  • 1986年(昭和61年)- 熊本大学医学部大学院(第一内科、第2生化学)。
  • 1990年(平成2年)- 熊本大学 医学博士 「Role of variant prealbumin in the pathogenesis of familial amyloidotic polyneuropathy: Fate of normal and variant prealbumin in the circulation(家族性アミロイドポリニュ-ロパシ-における異型プレアルブミンの役割 -正常及び異型プレアルブミンの生体内代謝動態の解析)」
  • 1992年(平成4年)- 熊本大学医学部第一内科、助手
  • 1996年(平成8年)- スウェーデン、ウメオ大学内科学教室、客員教授
  • 1998年(平成10年)- 熊本大学医学部附属病院、中央検査部、助手(神経生理検査室室長)、熊本大学医学部医療技術短大非常勤講師
  • 1999年(平成11年)- 熊本大学医学部、臨床検査医学講座、講師(中央検査部、神経生理検査部門、遺伝子診断部門室長兼任)
  • 2003年(平成15年)- 熊本大学大学院医学薬学研究部、病態情報解析学講師
  • 2006年(平成18年)- 熊本大学大学院医学薬学研究部、病態情報解析学教授(旧臨床検査医学)。熊本大学医学部附属病院中央検査部長、輸血部長兼任
  • 2007年(平成19年)- 先進医療担当副病院長、本荘地区RIセンター長兼任
  • 2011年~2013年(平成23年-25年) 先進医療担当副病院長
  • 2011年(平成23年)- 高度医療開発センターセンター長
  • 2012年(平成24年)- 熊本大学大学院生命科学研究部 神経内科学分野教授
  • 2013年(平成25年)- 熊本大学医学部医学科長兼任、臨床医学研究教育センター長兼任、副医学部長
  • 2016年(平成28年)- 世界アミロイドーシス学会理事長
  • 2017年(平成29年)- 熊本大学医学部長、熊本大学大学院生命科学研究部長、大学院医学教育部長

メディア出演[編集]

  • 大学在学中に、RKK熊本放送のラジオでパーソナリティーをしていた。

資格[編集]

  • 臨床検査専門医
  • 検査管理医
  • 認定臨床化学士
  • 内科学会認定医
  • リハビリテーション医学臨床認定医
  • 神経内科指導医
  • 神経内科専門医

所属学会[編集]

世界
  • 世界アミロイドーシス学会Active Member
  • アメリカ自律神経学会会員
  • 世界臨床化学会
  • アジア大洋州臨床化学会教育委員
  • 血漿蛋白委員会委員
日本
  • 厚生労働省アミロイドーシス研究班班長
  • 日本臨床化学会理事長
  • 日本臨床検査医学会評議委員
  • 日本臨床検査医専門医会研修施設・指導者認定委員会委員
  • 日本神経学会評議委員
  • 日本末梢神経学会評議委員
  • 日本自律神経学会評議委員
  • 日本医用マススペクトロメトリー評議委員
  • 日本輸血・細胞治療学会九州支部会評議委員
  • 日本臨床化学会
  • 日本内科学会
  • 日本NO学会
  • SFRR
  • 日本リウマチ学会
  • アメリカ自律神経学会
  • 世界アミロイドーシス学会
  • 日本医用マススペクトロメトリー
  • 日本輸血・細胞治療学会など
九州・熊本県
  • 九州精度管理委員会理事
  • 熊本県精度管理委員会会長
  • 熊本県医師会精度管理委員長
編集委員
  • BMJ Surrounding Editor
  • Amyloid Editorial Board Member
  • 自動化学会論文査読委員
  • 臨床化学編集副委員長

著書[編集]

連載
  • メディアカルQOL(メディカルクオール)「開業医のための遺伝性疾患について」
  • 臨床検査(医学書院)「映画と疾患」

受賞歴[編集]

  • 1993年(平成5年)- 熊本大学医学部第一内科同門会賞受賞
  • 1995年(平成7年)- アメリカ自律神経学会賞受賞
  • 1998年(平成10年)- 熊本大学神経内科同門会賞、熊本医学会賞受賞
  • 1999年(平成11年)- スウェーデンHonorary PhD賞受賞、日本臨床検査医会賞受賞
  • 2006年(平成18年)- 日本神経治療学会賞 
  • 2008年(平成20年)- 頑張りました賞
  • 2010年(平成22年)- Longest travel award (世界アミロイドーシスシンポジウム)
  • 平成23年度 熊本大学特別表彰(研究活動表彰)
  • 平成24年度 熊本大学特別表彰(研究活動表彰)
  • 平成25年度 熊本大学特別表彰(研究活動表彰)
  • 平成26年度 熊本大学特別表彰(医療活動表彰)
  • 2014年(平成26年) 公益信託臨床検査医学研究振興基金 小酒井望賞
  • 2017年(平成29年) 熊日賞

外部リンク[編集]