井上雪彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いのうえ ゆきひこ
井上 雪彦
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 山口県豊浦郡豊浦町(現・下関市
生年月日 1946年8月1日
没年月日 (2006-08-12) 2006年8月12日(60歳没)
最終学歴 多摩美術大学
勤務局 山口放送
活動期間 1970年 - 2006年
ジャンル 地域報道
配偶者 あり
家族 井上朝美(次女、カラーデザイナー)[1]
出演番組・活動
過去 熱血テレビ

井上 雪彦(いのうえ ゆきひこ、1946年8月1日 - 2006年8月12日)は、日本アナウンサーで、山口放送に所属し、ラジオ局次長兼務であった。

山口県下関市(旧・豊浦郡豊浦町)出身。

来歴・人物[編集]

山口県立豊北高等学校を卒業後、多摩美術大学へ進学。多摩美術大学では日本画科に在籍し、横山操に師事している。そのため、美術や絵画に対する興味関心は人一倍強いものがあった。糸居五郎高崎一郎が憧れのラジオDJであり、大学生時代は糸居の下で喫茶店などでのディスクジョッキーとして修行を積んでいたこともあった。この他、大学在学中に東京アナウンスアカデミー(夜間)に通う。

1970年山口放送に入社。入社から16年間はテレビに出ることなく、ラジオで音楽番組一筋に関わってきたが、80年代から90年代にかけて「KRY テレビ夕刊」でテレビに出演するようになった。1999年に平日午後の情報番組『井上雪彦の熱血テレビ』がスタートするとメインキャスターとして活躍、『熱血テレビ』において、クイズコーナーでサイコロを振る姿で人気を博した。

テレビ・ラジオのほかには、Swing Saturdayでコンビを組む鈴木久美フリーアナウンサー)と共にデュエット曲「徳山午前0時」を制作したほか、佐々部清監督の映画『チルソクの夏』『カーテンコール』にも出演した。親交関係としては佐々部のほか、Swing Saturdayを通じて歌手前川清と、熱血テレビを通じて歌手の山本譲二下関市出身)、俳優原田大二郎光市育ち)と親交があった。

2006年8月1日に60歳の誕生日を迎え、同月末には定年となり、以後は嘱託アナウンサーとして番組出演を続ける予定であった。8月11日までは通常通りに『熱血テレビ』などをこなしていたが、翌8月12日の朝自宅で倒れ、8時40分に急性大動脈解離で急逝。当日はSwing Saturdayの放送日であったが、遺族の希望などもあり、8月14日の葬儀・告別式後の『熱血テレビ』にて初めて公に死去が伝えられた。(ただし公式発表前(8月12日深夜)に佐々部のブログには、すでに追悼コメントが出ていた)。

没後3年を経た2009年10月に、生前に残した詩をもとに次女の井上朝美(カラーデザイナー)がイラストを手掛けた絵本『ミディーのおさんぽ』が発表された[1]

生前の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “故・井上雪彦さんの絵本出版 次女・朝美さんが絵担当”. 山口新聞. (2009年10月10日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/1010/9p.html 2016年8月26日閲覧。