井上幸彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 幸彦(いのうえ ゆきひこ、1937年11月4日 - )は、日本の警察官僚。第80代警視総監オウム真理教事件捜査で名を馳せる。日韓合同開催ワールドカップなど国内の重要イベントでは警備を通して危機管理強化に貢献した。警察退官後、政治家への転身を目指し、2003年(平成15年)2月2日に行われた山梨県知事選挙に立候補したが、山本栄彦甲府市長に敗れて約46,000票差で落選した。栄典瑞宝重光章

経歴[編集]

オウム真理教事件[編集]

1995年、突如発生した地下鉄サリン事件に見舞われ、警視庁は日本犯罪史上最悪のテロ事件に対応する使命を急遽担うこととなる。一般市民を狙った無差別毒ガステロという未曾有の大犯罪に対し、井上自身も突如、時の警視総監として警視庁の陣頭指揮を執る立場となった。

当時の主な警察側の対応は、消防と連携して現場へ救助隊を派遣、現場採取した毒物を科学捜査研究所で鑑定といった初動捜査が展開されたが、それ以前に警視総監命令で警視庁に特別対策本部を設置し、自ら陣頭指揮を執る。現場では当時の捜査第一課長・寺尾正大警視正を筆頭に山田正治理事官、一課数名管理官が緊急動員された。その後、上九一色村の教団施設の捜査、教団に拉致された被害者の救出が展開されていく。

このテロ事件を受け井上総監は一課長を通し現場の全面捜査指揮を担う。特にオウム真理教の第7サティアンのあった上九一色村での捜査は事件発生直後に行われ、山田理事官を現場指揮官に指名し、何百名もの捜査員を上九一色村に派遣した。この際、県警への根回しやマスコミ調整にも追われる。

遂には自衛隊にも緊急出動要請をとる刑事事件としては異例中の異例の事態となる。完全武装した自衛官や、捜査指揮をとる捜査一課理事官・山田警視も自衛隊から提供された迷彩の化学防護服に身を包み完全防備で捜査にあたるその現場は戦場、そのさまはもはやオウムとの戦争であった。

井上は同日記者会見で都内で毒ガスサリン事件ひいては無差別テロ発生と公開しオウム真理教が首謀者と全面的に発表。

これを期に検察、法曹界、マスコミも巻き込む一連のオウム騒動の幕開けとなった。

警察庁長官狙撃事件[編集]

事件の責任を取り警視総監を辞職。

選挙後の検証活動[編集]

2003年(平成15年)の山梨県知事選に立候補し落選したが、2006年(平成18年)4月30日に支持者が山本栄彦県政を検証する勉強会「ふるさと山梨を考える会」を発足させた。その後各種の問題を検証した後、横内正明に2007年(平成19年)の山梨県知事選再出馬を要望。その後、横内は出馬を表明し、選挙において山本を破って当選した。

井上幸彦を演じた俳優[編集]

  • 清水章吾 - 『オウムVS警察 史上最大の作戦』

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.252

外部リンク[編集]