橋本美加子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋本 美加子
(はしもと みかこ)
出生名 杉本 亜由美
別名 橋本 実加子
生誕 (1970-03-22) 1970年3月22日(52歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1985年 - 1995年
レーベル ワーナーパイオニア
事務所 サンミュージックプロダクション

橋本 美加子(はしもと みかこ、1970年3月22日 - )は、日本歌手女優1980年代中期から1990年代中期にかけて活動し、橋本実加子(読み同じ)名義でも活動歴がある。当時の本名は杉本亜由美(すぎもと あゆみ)[1][2]大阪市東区(現・中央区)出身[3]堀越高等学校[4]卒業。血液型B型

来歴[編集]

ワーナーパイオニア(現・ワーナーミュージック・ジャパン)主催のオーディション「ザ・スカウト83」で、中森明菜の「トワイライト -夕暮れ便り-」を歌い優勝し、芸能界入りする。事務所はサンミュージック、レコード会社はワーナーパイオニアという業界内大手同士の強力タッグにより、1985年3月22日、15歳の誕生日にシングル「メロウ・シーズン」でアイドル歌手デビューする。彫りの深い顔立ちで、愛称は「まつ毛ちゃん」[2][5]。キャッチフレーズは「『まつ毛ちゃん』に逢ったらよろしくと。」と「君と逢いたい85」の2パターン。また、デビュー曲発表会を1985年3月21日豊島園で行う。そのデビューの年は大々的にプッシュされ、新人賞レースでも賞を五つ獲得した他[5]、多くのテレビ、CM出演など、鳴り物入りのデビューであった。同期デビューに、本田美奈子森川美穂中山美穂南野陽子森口博子斉藤由貴大西結花芳本美代子井森美幸浅香唯石野陽子松本典子おニャン子クラブなど、のちにトップアイドルになる華々しい顔ぶれと並んでのデビューだった。また、TBS系TVニュース番組「テレポートTBS6」では、彼女の特集が組まれプロモーション費用が2億円と公開された。なお、デビュー当時の親友は同期デビューの本田美奈子石野陽子岡本舞子だった。

2年目の1986年、この年に行われた日生劇場のミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』(1986年8月2日 - 8月25日)に出演、これを機に橋本実加子に改名[6]、歌手中心の活動から、ミュージカル、テレビドラマ、映画など女優中心の活動になる。なお、本人はデビュー前から女優志望であった。グラビアの仕事も増え、写真集も複数発売された。

1994年橋本美加子に芸名を戻す。海外女優デビューするため、ヘアヌード写真集を発売したが、これを最後にデビュー時から所属していたサンミュージックを退所した。

2007年6月20日、VIVID SOUNDより全発売音源ベストCD『コンプリート ブラッサム』が発売された。

2014年5月17日、新宿のOSCARにてクラブイベント《IDOL 80's VOL4》にゲスト出演し、約20年ぶりに公の場に姿を現す[7]。デビュー当時からのファンが殺到し、音楽関係者、テレビ関係者をはじめ、橋本の大ファンだったお笑い芸人の坂本ちゃんも客として訪れた。

備考[編集]

  • きょうだいの末っ子[6]。父は機械関係の貿易会社の経営者であり、海外出張も多かったことから休日は家に居ることが少なく、本人は「寂しい週末を過ごしていたことが多かった」と話していたことがある[8]
  • サイズは身長160cm、B81cm、W59cm、H84cm(1985年当時)[2][9]
  • 中学生時代は水泳部、茶道部に居たことがある[10]日本舞踊も習っていたことがある[10]
  • 低音から中音がよく通る太い声質で声量豊かな高い歌唱力だった。
  • TUBEのボーカルの前田の大ファンであった。
  • まつ毛が非常に長く、マッチ棒も数本載せることが出来る[5]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1 1985年
3月22日
A面 メロウ・シーズン 三浦徳子 小田裕一郎 入江純 L-1700
B面 夕暮れボン・ボヤージュ 馬飼野康二
2 1985年
6月12日
A面 蒼いときめき SHOW 誠志郎 入江純 L-1710
B面 エンジェル・サマー 佐藤ありす 多々納好夫 大村雅朗
3 1985年
9月25日
A面 個人生活―プライバシー― 阿木燿子 来生たかお 若草恵 L-1718
B面 薔薇のロマンス 松井五郎 井上大輔
4 1985年
12月10日
A面 ちょっと告白 冬杜花代子 長沢ヒロ 渡辺俊幸 L-1723
B面 15のメランコリー 岸田采子 多々納好夫 椎名和夫
5 1986年
6月10日
A面 ハート秒読み あらい舞 若草恵 L-1742
B面 予感 真珠木あつこ 安岡孝章 椎名和夫
6 1987年
11月28日
A面 TOUCH MY HEART 湯川れい子 G.Rochel
M.Martina
川上了 L-1822
B面 (英語ヴァージョン) G.Rochel / M.Martina
7 1988年
4月25日
A面 ツイン・ホリデー 石坂まさを PADUDU 川上了 L-1838
B面 (カラオケ) -

アルバム[編集]

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1985年 蒼いときめき ライオンBanミシェル」CMソング
ちょっと告白 テレビ朝日系テレビアニメ「昭和アホ草紙あかぬけ一番!」EDテーマ
1988年 ツイン・ホリデー 労働省週休二日制キャンペーンソング

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ミュージカル[編集]

Vシネマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

写真集[編集]

  • あまんじゃく(1985年4月、旺文社ISBN 4010099674
  • フレッシュスコラ12(1989年7月、スコラISBN 4882754126 撮影:小沢忠恭
  • CASCADA(1989年12月、近代映画社ISBN 476481630X 撮影:橋本雅司
  • Magical(1994年12月、スコラ) ISBN 4796202382 撮影:井ノ元浩二

脚注[編集]

  1. ^ 週刊平凡』 1985年4月19日号 p.130
  2. ^ a b c 週刊少年サンデー』 1985年6月25日号 p.3 - 8 巻頭グラビアページ
  3. ^ 『別冊ラジオパラダイス』「DJ名鑑」(三才ブックス、1987年刊)p.123
  4. ^ 近代映画』(近代映画社)1986年6月号 p.134
  5. ^ a b c 週刊宝石』 1989年12月28日号 p.232 - 233 本人の記事
  6. ^ a b 『近代映画』 1986年9月号 p.130
  7. ^ 主催者のツィート
  8. ^ 労働基準(日本労務研究会 編)1988年4月号 p.1「働き蜂のお父さん―もっと『ツインホリデー』を―」
  9. ^ BOMB』(学研)1985年4月号 p.208
  10. ^ a b DUNK』 1985年5月号 p.32 - 33
  11. ^ 2007年6月20日にボーナストラックを追加したCD版「コンプリート・ブラッサム」がリリースされた(規格品番:VSCD-3749)。