許瑛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

許 瑛子(きょ えいこ)は、日本作詞家作家東京都生まれ。父は台湾人 母は日本人。 父方の祖父は、貴族院勅選議員 許丙[1]

人物・来歴[編集]

1976年~1985年 光文社の「JJ」、マガジンハウス(旧社名は「平凡出版株式会社」)「an・an」、小学館「Can Cam」などの雑誌記者。サーファー、ハマトラ、ヨガ、若く見える方法など、さまざまなファッション・美容・健康ページのライターとして活躍。 サーファーをファッションとして初めて女性誌で扱う。 (雑誌JJにて特集「サーファーおもしろ図鑑」)

やなせたかしの助言で作詞家を職業として意識し、作詞家康珍化音楽プロデューサー兼松光との出会いで作詞家の道にはいる[2]

1985年に作詞家デビュー。中森明菜の『SAND BEIGE -砂漠へ-』でシングルデビュー[2]

1989年 小学館 雑誌「Palette」に小説執筆。ビクター音楽カレッジ 作詞講師 1991年 著書「自分に素直なところ好きだから」ソニーマガジンズ刊。[2]

2004年~ 作詞、小説の執筆、プロデュース、作詞の講師をしながら体調を崩したのをきっかけに、 ホリスティック医学への関心を高め、心身の癒しと作品の世界観が深くなることを追求。 

主な作品[編集]

作品[編集]

校歌[編集]

舞台[編集]

  • 音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -case. 剥離城アドラ-[5]

書籍[編集]

資格[編集]

  • 薬膳コーディネーター[6]
  • 和みのヨーガ インストラクター[6]
  • ヨガ インストラクター[6]
  • アロマテラピーアドバイザー[6]
  • メディカルハーブコーディネーター[6]
  • サプリメント管理士[6]
  • 生活習慣病予防士[6]
  • チャクラコーディネーター[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『台湾のTVで紹介されました。』” (日本語). 作詞家 許瑛子のブログ. 2019年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c 歌ネット:言葉の達人/許瑛子さん”. www.uta-net.com. 2019年10月10日閲覧。
  3. ^ 藍澤幸頼 『涙の日づけ La date de larmes』 | SPACE SHOWER MUSIC” (日本語). SPACE SHOWER MUSIC (スペースシャワーミュージック). 2019年10月10日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年6月9日). “大病経て「愛を感じ愛を歌う」 カウンターテナー・米良美一20周年記念アルバム「無言歌」” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月10日閲覧。
  5. ^ 音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -case. 剥離城アドラ-”. 20191011閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h kyoeikoさんのプロフィールページ” (日本語). profile.ameba.jp. 2019年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]