秋のIndication

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋のIndication
南野陽子シングル
B面 ひとつ前の赤い糸
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 許瑛子萩田光雄
チャート最高順位
南野陽子 シングル 年表
パンドラの恋人
(1987年)
秋のIndication
(1987年)
はいからさんが通る
(1987年)
テンプレートを表示

秋のIndication」(あきのインディケイション)は、1987年9月にリリースされた南野陽子の9枚目のシングル

解説[編集]

江崎グリコ「セシルチョコレート」のコマーシャルソングに起用され、南野本人も出演した。「楽園のDoor」から続くオリコン1位を4曲連続で獲得。

アルバム『garland』に、同じメロディーで歌詞と一部アレンジを変えた「カナリア」という楽曲が収録されている。またベストアルバム『NANNO-Singles』収録においては、サビ部分歌詞の一部「ルルル」が「きっと」に変更されている。(89年にCDシングル化された時も同様に変更されている。)

南野自身がウィルマ・ゴイクのIn un fiore(花のささやき)を気に入っており、それをイメージとして作られている。

収録曲[編集]

  1. 秋のIndication
  2. ひとつ前の赤い糸

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.39.