雪國 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪國
吉幾三シングル
B面 薄化粧
リリース
ジャンル 演歌
レーベル キャッツタウンレコード
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1987年度年間3位(オリコン)
  • 1986年度年間82位(ザ・ベストテン
  • 1987年度上半期1位(ザ・ベストテン)
  • 1987年度年間8位(ザ・ベストテン)
吉幾三 シングル 年表
おじさんサンバ1985年雪國
1986年
ふるさとワルツ1987年
テンプレートを表示

雪國」(ゆきぐに)は、歌手吉幾三1986年に発表した作品。作詞・作曲とも吉自身による。

概要[編集]

『俺はぜったい!プレスリー』『俺ら東京さ行ぐだ』などのコミックソング路線から、本格演歌路線への転向を図った曲。「正統派演歌で売れるわけがない」という千昌夫の反対を押し切って発売し、ヒットしたことでコミックソング歌手のイメージを払拭し、演歌歌手として認められた[1]

発売年の1986年に初出場した第37回NHK紅白歌合戦での歌唱でさらに認知度が増し、翌1987年(昭和62年)2月、オリコン、『ザ・ベストテン』で第1位となり、オリコン通算300曲目の1位獲得作品になった。

元々は栃木県那須ホテルであった宴会の席で即興で作った歌だったという。最初は「好きよ あなた」という歌い出しが「だめよ そこは」という下ネタ満載の、とても放送できるような詞ではなかったが、その後レコード会社のディレクターからメロディーの良さを買われ、真面目な詞にして作り直すことを提案された。その時、吉はNHKの『新日本紀行』の中で雪煙をあげて走る奥羽本線の列車の姿を観て、「女の人が男の人を追う詞にしよう」と、今の詞を思いついたという[2][1]。イントロの印象的なストリングスは、当初エンディングに入れる予定だった。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:吉幾三 / 編曲:京建輔

  1. 雪國
  2. 薄化粧

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「好きよ あなた~」は「だめよ そこは~」だった…吉幾三あかす、泥酔下ネタから生まれた名曲「雪國」スポーツ報知 2018年3月16日
  2. ^ テレビ朝日帰ってきた昭和の名曲』で本人が明かした話、またTBSテレビ中居正広の金曜日のスマイルたちへ』2016年2月19日放送分で元横浜DeNA監督の中畑清が語ったことによる。この曲は当時巨人で現役だった中畑(過去にレコードデビューしている)へ提供した曲であったが、中畑本人に「だめだよ、そんな曲売れないから」と言われ仕方なしに本人が歌った(※『金曜日のスマイルたちへ』では諸説ありますという但し書きが付いていた)ところ、大ヒットとなった。