STAR LIGHT (光GENJIの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
STAR LIGHT
光GENJIシングル
初出アルバム『光GENJI
B面 ROLLING STOCK
リリース
規格 EPレコード
シングルカセット
8cmCD (再発売)
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
ポニーキャニオン (再発売)
作詞・作曲 飛鳥涼(作詞)
チャゲ&飛鳥(作曲)
プロデュース 渡辺有三
チャート最高順位
光GENJI シングル 年表
STAR LIGHT
(1987年)
ガラスの十代
(1987年)
光GENJI 収録曲
RAINY GIRL
(4)
STAR LIGHT(LPバージョン)
(5)
BAD BOY
(6)
テンプレートを表示

STAR LIGHT」(スターライト)は、光GENJIのデビューシングル1987年8月19日に発売。発売元はキャニオン・レコード(現・ポニーキャニオン)

解説[編集]

同じ週に発売されたおニャン子クラブのラストシングル「ウェディングドレス[注 1]を抑えオリコンシングルチャート初登場1位を獲得した光GENJIのデビュー曲である。同チャートでデビューシングルが初登場1位を獲得するのはジャニーズ事務所所属者としては近藤真彦少年隊以来3組目の快挙だった。

CHAGE and ASKAによる、光GENJIのデビュー曲からのシングル3部作の1作目となる作品となった。当時コンピューターによるレコーディング技術が導入され、ASKAも自分でもコンピュータによるレコーディング作業を習得していた事をジャニー喜多川が知り、ジャニーズ事務所側も「これからデビューさせるグループを、シンガーソングライターに任せよう」という意向を元に、ジャニー喜多川自らCHAGE and ASKAに楽曲制作を依頼。その際、「自分達にも冒険。楽曲の良さとは関係ない売れ方をするかも知れない。3曲はやらせて欲しい。」と打診し、ジャニー喜多川が即日承諾。本作、そして「ガラスの十代」、「パラダイス銀河」の3作の発表となった[1]

シングルの売上(出荷)枚数は公称で85万枚[2]

Aメロ、Bメロ、サビをCHAGE、Cメロを飛鳥涼(現:ASKA)がそれぞれ作曲。アルバム『光GENJI』に収録されているバージョンは飛鳥涼によって新たに歌詞とメロディが追加されている。

振り付けには、メンバー全員での7人バージョン、山本淳一が足の手術で参加していない6人バージョン、赤坂晃佐藤敦啓の2人が労働基準法のため参加できない場合[注 2]の5人バージョン、前述の3人が参加していない4人バージョンがあった。

なお、楽曲を提供したCHAGE and ASKAもこの曲をテレビやライブなどで数回セルフカバーしている。

このシングルには、変声期を迎える前の赤坂晃の歌声が収録されている。

収録曲[編集]

  1. STAR LIGHT
    (作詞:飛鳥涼 / 作曲:チャゲ&飛鳥 / 編曲:佐藤準
  2. ROLLING STOCK
    (作詞:RICHARD STILGOE / 日本語詞:高柳恋 / 作曲:ANDREW LLOYD WEBBER / 編曲:佐藤準)

リリース履歴[編集]

規格 発売年月日 レーベル 品番
EP 1987年8月19日 (1987-08-19) キャニオン・レコード 7A 0759
CT 10P 3134
8cmCD 1989年11月21日 (1989-11-21) ポニーキャニオン PCDA-00031

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ おニャン子クラブ『ウェディングドレス』 1987年8月21日発売 CANYON RECORDS EP:7A 0758
  2. ^ 当時2人は15歳未満で、夜8時以降のテレビ番組に生出演できないとされていたため。詳しくは光GENJI#労働基準法を参照。

出典[編集]

  1. ^ “「ジャニーさん」、そして「光GENJI」”. ASKA 公式ウェブサイト「Fellow」内 公式ブログ. (2019年7月12日). https://www.fellows.tokyo/blog/?id=1532 2019年7月23日閲覧。 
  2. ^ 産経新聞』1995年9月4日付東京夕刊。