時をこえたフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
時をこえたフェスティバル
光GENJIシングル
初出アルバム『ひらけ!ポンキッキ 最新ベストアルバム』
A面 時をこえたフェスティバル
B面 太陽がいっぱい
リリース
規格 8cmCD
ジャンル アイドル歌謡
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 白峰美津子、三谷泰弘
光GENJI シングル 年表
地球をさがして
(1989年)
時をこえたフェスティバル
太陽がいっぱい
(1989年)
荒野のメガロポリス
(1990年)
テンプレートを表示

時をこえたフェスティバル」(ときをこえたふぇすてぃばる)は光GENJIのシングル「太陽がいっぱい」のカップリング曲で、1989年10月28日ポニーキャニオンよりリリースされた。略称は時こえなど。

解説[編集]

太陽がいっぱいのc/w曲。太陽がいっぱい7週連続別ジャケットでの発売の翌週、いわば8週目の特典版として「時を~」をメインタイトルにすえたジャケット装丁版が発売された(ジャケットが違うのみで、レコードやCDの内容は「太陽がいっぱい」がメイン表記のものと違いはない)。このため独立したシングルとは数えられないが、TVでの披露回数は正規のシングルA面曲並みに多く、『ミュージックステーション』では1989年だけで四回披露されている。このほか夜のヒットスタジオでの披露もある。1989年8月7日から8月31日まで『ひらけ!ポンキッキ』のダンスコーナーの挿入歌として使用された。

ベストアルバムへの収録はなく、1989年11月21日発売の「ひらけ!ポンキッキ 最新ベストアルバム」、2009年6月17日発売の「決定盤!!こどもヒットソング みんなで歌える ベスト」などポンキッキ、児童番組関連のアルバムに多く収録されている。

収録曲[編集]

  1. 太陽がいっぱい
    作詞・作曲:大江千里、編曲:中村哲
  2. 時をこえたフェスティバル
    作詞:白峰美津子、作曲:三谷泰弘、編曲:椎名和夫

関連項目[編集]