涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜
Winkシングル
B面 Only Lonely
リリース
規格 8cmCD
シングルレコード
コンパクトカセット
デジタル・ダウンロード
ジャンル アイドル歌謡曲J-EURO
時間
レーベル ポリスター
作詞・作曲 Matjaz Kosi
及川眠子(訳詞)
チャート最高順位
Wink シングル 年表
愛が止まらない 〜Turn it into love〜
(1988年)
涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜
(1989年)
淋しい熱帯魚
(1989年)
テンプレートを表示

涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜」(なみだをみせないで ボーイズ・ドント・クライ)は、Winkの4作目のシングル1989年3月16日ポリスターより発売された。

解説[編集]

  • 前作「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」に続いて、2作連続オリコン1位を獲得。 1989年3月16日に発売後、3月27日付のものより4月10日付のものまで通算3週1位(3週連続)となり[1]、Winkのシングルの中では1位獲得週数は本作が最大の記録となった。また1989年のオリコン年間ランキングは売上52.341万枚で10位にランクインし、62.95万枚の「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」と54.873万枚の「淋しい熱帯魚」に次いで3番目のヒット曲となっている[2]
  • A面曲は、ユーゴスラビアの音楽ユニット、ムーラン・ルージュ (バンド)英語版フランス語版スロベニア語版の「Boys Don't Cry」、B面曲は、1980年にヒットしたドゥーリーズの「Body Language」が、オリジナルである。
  • A面曲は、Bメロがオリジナルと比べて引き伸ばされている。
  • 「Boys Don't Cry」は、1989年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(外国作品)では「愛が止まらない」に続いて年間2位にランクインされ、Winkがカバーした洋楽曲が1位と2位を占めた。ちなみに3位は「ハッピーバースデートゥーユー」である[4]
  • 2018年4月27日には17cmアナログ・シングル(PSKR-9108)が完全限定盤として、ダブル・ジャケット仕様で再リリースされた[5]

収録曲[編集]

  1. 涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜
  2. Only Lonely
    • 作詞・作曲: ベン・フィンドン、マイケル・マイヤーズ、ロバート・ピュージー、訳詞: 及川眠子、編曲: 船山基紀

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『オリコン・チャート・データ'89』(オリジナルコンフィデンス、1990年4月20日)pp.140-143。
  2. ^ a b 『オリコン・チャート・データ'89』p.26。
  3. ^ 「『ザ・ベストテン』全603回 ベストテンランキング一覧」(山田修爾『ザ・ベストテン』新潮文庫、2012年1月1日;原版2008年12月)p.359。
  4. ^ 「1位で飲む『酒よ』ロック系の作品も善戦 著作権使用料ベスト10」『朝日新聞』1990年6月14日付東京夕刊、17頁。
  5. ^ 『Wink30周年特設サイト』(2018年9月19日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]