大阪マーチャンダイズ・マートビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪マーチャンダイズ・マートビル(大阪市中央区)

大阪マーチャンダイズ・マートビル(おおさかマーチャンダイズ・マートビル)は、大阪市中央区大手前1丁目にある複合ビル。通称OMMビル(オーエムエムビル)。

京阪天満橋駅ビル(京阪シティモール)の東隣、天満橋南詰に立地する。横幅の長い壁のような外観が特徴的で、米国シカゴにあるマーチャンダイズマートビルMerchandise Mart)をモデルに作られた。

概要[編集]

もとは天満橋駅の所在地だったが、京阪本線1963年に天満橋駅から淀屋橋駅まで延伸した際に、天満橋駅は現在地に移転・地下化された。跡地の再活用を検討していた京阪は大阪市の共同出資を得ることとなり、大阪市、京阪、竹中工務店などが出資する第三セクター「大阪マーチャンダイズ・マート」を1966年に設立。この会社によってビルは1969年に竣工した。地上22階、地下4階建。高さ約80m。延べ床面積131,415m²。設計・施工は竹中工務店。1989年に外装を現在の総マジックミラーガラス張りに改装している。

天満橋交差点の北東角に位置する。天満橋筋を挟んで西隣に京阪シティモールがあり、京阪シティモールやその地下にある天満橋駅大阪市営地下鉄谷町線京阪本線)とは地下通路で連絡している。

大小の展示ホールが完備されており、各種展示会などでよく使用されている。また、京阪電気鉄道の本社も当ビル内にある。その他のオフィスも含め、このビルでは3,000人以上の就労者が働いている。

地下1-2階は一般向けテナント(レストラン街、各種サービス、郵便局など)が入居する。高層階には展望レストランがある。数年前までの夏季は、屋上(スカイガーデン)を利用したビアガーデンを営業していたが近年は行っていない。ただ、芝生やデッキが整備された庭園として10時から16時の間は無料で開放されている。

大川に面したビル北側にアクアライナーの天満橋港があったが、2008年3月29日、天満橋駅北出入口に八軒家浜船着場として移設された。

通称「OMMビル」(大阪マーチャンダイズ・マートの略称)で親しまれている。2003年までは京阪本線天満橋駅を「OMMビル・松坂屋前です。」と案内されていた。(ちなみに京阪シティモールは松坂屋天満橋店の跡に入居している。)

フロアマップ[編集]

  • 22F - レストラン
  • 21F - レストラン スカイガーデン(屋上庭園) 
  • 20F - 東天紅(レストラン・結婚式場)
  • 4F-19F - テナント 貸会議室(うち9・10階は京阪電鉄の本社がある。14階に三井住友銀行天満橋支店[1]
  • 3F - 事務所 病院
  • 2F - 展示ホール
  • 1F - エントランス 常設展示室
  • B1F - 郵便局 各種テナント
  • B2F - レストラン街 各種テナント 天満橋駅連絡通路
  • B3F - 駐車場
  • B4F - 倉庫

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同店のATMは窓口営業時間のみの営業。本ビルの1階と地下2階には同店管理の無人ATMコーナーがある。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分24.8秒 東経135度31分6.5秒