アマリリス (Winkの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマリリス
Winkシングル
初出アルバム『Wink Hot Singles
B面 迷子のロンリー・ハート
リリース
規格 8cmCD
シングルレコード
コンパクトカセット
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞: 森雪之丞
作曲: 佐藤健
編曲: 鈴木茂
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
Wink シングル 年表
Sugar Baby Love
1988年
アマリリス
(1988年)
愛が止まらない 〜Turn it into love〜
(1988年)
ミュージックビデオ
アマリリス(M.V.) / Wink
テンプレートを表示

アマリリス」は、Winkの2作目のシングル1988年9月7日ポリスターより発売された。Winkのデビュー30周年である2018年4月27日には、完全限定盤として17cmアナログ・シングルがダブル・ジャケット仕様で再リリースされている[2]EP: D07R-1016(再リリース盤はPSKR-9106)、8cmCD: H10R-30007。

解説[編集]

本曲は、メディアでの露出をさせない方針だった時期の、Winkの地方営業を意識して作られた楽曲[3]。ただし、この曲のリリース前後の時期の同デュオが、テレビ露出を全くしていなかったわけではなく、特に関西の若干のテレビ番組などに出演して本曲を歌唱している[注 1]。作詞は森雪之丞、作曲は佐藤健、編曲は鈴木茂が担当した。

当初、Winkのシングル第2作は「迷子のロンリー・ハート」と告知されていたが[4]、この曲はB面となった。作詞は森雪之丞、作曲は木戸やすひろ、編曲は若草恵が担当している。A・B面ともに、テレビ番組などの主題歌CMソングなどとのタイアップはなかった。

ジャケット写真篠山紀信が撮影[4]1989年には「笑わない、しゃべらない、というWinkのイメージ」が成立するが[5]、そのイメージがない時期に製作された本シングルの裏ジャケットには、満面の笑みを浮かべる彼女たちの写真が用いられている。

本シングルは、オリジナルビデオ「Hop!Step!WINK!~ビデオ・ファースト・パーティ編」などの応募抽選プレゼントが用意され、Winkの夏のキャンペーン中である1988年9月7日に発売されたが[注 2]、このキャンペーンでの集客は芳しくなかったという[3]オリコンチャートでは、最高位が9月26日付で30位に達したものの[1]、100位以内には、9月19日付の初登場33位から、10月10日付の61位まで、4週連続ランクインするにとどまっている[6]。初登場33位は「好調」と評される順位ではあったが[7]、最高20位で10週連続ランクインの前作「Sugar Baby Love[8]に及ばなかった。

なお、本楽曲は、プロモーションビデオが作成されておらず、1993年9月1日に発売されたWinkのPV集『NOBLE STATE』(ポリスター)では、1989年3月26日に大阪近鉄百貨店阿倍野店で開催された同デュオのミニ・コンサートにおける、本曲の歌唱映像がこれに充てられている[注 3][注 4]

収録曲[編集]

  1. アマリリス
    • 作詞: 森雪之丞、作曲: 佐藤健、編曲: 鈴木茂
  2. 迷子のロンリー・ハート
    • 作詞: 森雪之丞、作曲: 木戸やすひろ、編曲: 若草恵

収録アルバム[編集]

テレビ番組における歌唱[編集]

※ 在京キー局のテレビ番組の放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

  • アマリリス
      放送日 (曜日) 収録日 (曜日) 番組名 放送局 衣装 備考
1988.09.02 (金) 1988.09.02 (金) おはよう朝日です 朝日放送
1988.09.11 (日) 1988.08.23 (火)[注 5] やる気マンマン日曜日 毎日放送TBS
1988.10.01 (土) 1988.09.23 (金)[注 6] サタデーポップ’88 TBS
1988.10.03 (月) 1988.10.03 (月) おはよう朝日です 朝日放送
1992.06.15 (月)[9] 1992.04.05 (日) Winkコンサートツアー’92[9] NHK BS2 同番組は1992年4月5日(日)に中野サンプラザで開催された「Sapphire」コンサートを収録したもの。ライブビデオ『WINK '92 CONCERT SAPPHIRE』(ポリスター、1992年9月26日)に同番組の内容が一部収録されるものの、本曲は未収録。
1993年1月3日(日)に再放送[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テレビ番組における歌唱」の節参照。
  2. ^ 「ウィンク・ファースト・パーティ…この夏を忘れない。 '88 Summer キャンペーン」広告(『ORICON WEEKLY』1988年8月8日号p.31)に応募抽選プレゼントとキャンペーン予定日の記載あり。
  3. ^ 外部リンク」の節の「アマリリス(M.V.) / Wink」。
  4. ^ DVDボックス『Wink Visual Collection~1988-1996 ヴィジュアル全集~』(ポリスター、2008年4月27日)付属のボーナスDVD「WINK MINI CONCERT'89-近鉄百貨店・阿倍野店-」にも、その時の本曲の歌唱映像が収録されている。
  5. ^ 「WEEKLY SCHEDULE」(『ORICON WEEKLY』1988年8月29日号)p.8にWinkの収録予定記載あり。
  6. ^ 「WEEKLY SCHEDULE」(『ORICON WEEKLY』1988年9月26日号)p.8に共演者・北岡夢子の収録予定記載あり。

出典[編集]

  1. ^ a b 『オリコン・チャート・データ'88』 1989, p.156。
  2. ^ 『Wink30周年特設サイト』、2018年9月19日閲覧。
  3. ^ a b 「実録シンデレラストーリー Winkが止まらない」(『BOMB!』1989年9月号)p.31。
  4. ^ a b 「NEWS STREET」(『ORICON WEEKLY』1988年8月8日号)p.13。
  5. ^ 「鈴木早智子「『淋しい熱帯魚』がWinkのイメージを決定づけた!」」(『Smart FLASH』2016年12月16日)、2018年3月3日閲覧。
  6. ^ 『オリコン・チャート・データ'88』 1989, pp.155-159。
  7. ^ 「Wink ●ナンノドラマの主題歌はやっぱりこの2人ダネ」(『ORICON WEEKLY』1988年10月10日号)p.14。
  8. ^ 『オリコン・チャート・データ'88』 1989, pp.132-143。
  9. ^ a b 「番組詳細検索結果」(『NHKオンライン』) 、2019年9月8日閲覧。
  10. ^ 「番組詳細検索結果」(『NHKオンライン』) 、2019年9月8日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • YouTubeにおいてポリスターのYouTubeアカウント「PolystarTube」により公開されているミュージックビデオ