Mode (鈴木早智子のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mode
鈴木早智子ミニ・アルバム
リリース
ジャンル ポップスJ-POP
時間
レーベル ポリスター
チャート最高順位
鈴木早智子 アルバム 年表
Mode
(1992年)
『零〜Re-generation〜』
(2003年)
EANコード
EAN 4988023018188
Wink 年表
『Diamond Box』
(1991年)
Mode
鈴木早智子
(1992年)
Each side of screen
(1992年)
テンプレートを表示

Mode』(モード)は、鈴木早智子の1作目のソロ・ミニ・アルバム。1992年3月25日ポリスターからリリースされた。

概要[編集]

鈴木早智子がWinkとして活動した時期に唯一発表したソロ・アルバムで、4月リリースのWinkの8thアルバム『Each side of screen』、5月リリースの相田翔子のソロ・アルバム『Delphinium』と続く、1992年前期の3か月連続リリースの最初の作品である。

全6曲を収録。作詞および日本語詞はすべて及川眠子、編曲は1曲を除いて門倉聡と、当時のWinkのメインライターが担当した。不倫を歌った「不実な仔猫たち」は、後に及川自身の不倫体験を詞にしたと明かしている[1]。この曲のオリジナルは、アメリカソープオペラSanta Barbara英語版』の劇中で用いられた「The Hotter The Night」[2]。また、「最後の楽園」のオリジナルは、イタリアの歌手プリマ・ヴェラ(Prima Vera)のユーロビート・ナンバー「PLAY TO LOVE」[3]である。

オリコンでは週間ランキング17位、約3万7千枚のセールスを記録[4]。これは順位・売上とも3か月連続リリース後発の2作より低い結果となった。鈴木はこの後、Winkの活動休止直前に「La Gioconda」(1996年2月)、その2年半後に「INNOCENT SKY〜悲しみも届かないあの空の向こうへ〜」(1998年10月)と、2作のソロ・シングルを発表した。ソロ・アルバムのリリースは、本作から2003年の『零〜Re-generation〜』まで11年開くことになる。

批評[編集]

CDジャーナル』では、「森若香織赤城忠治を作曲に起用しているあたり、なかなか意欲的。」「ただ、基本フォーマットはあくまでも『WINKのサッちん』なのだ。物足りない」と評されている[5]

音楽評論家の能地祐子は、『ミュージック・マガジン』のレビューで本作と相田の『Delphinium』とを、「こうやって2人のソロを聞き比べると、サッチンがWinkの無国籍でエグい部分を、ショーコが可愛くてポップな部分を担っているのでは、という気になってくる」と評した[6]

収録曲[編集]

  1. 「ラスト・ダンスは頬よせて」 – 4:16
    • 作詞: 及川眠子、作曲: 森若香織、編曲: 門倉聡
  2. 「1999年の退屈」 – 4:05
    • 作詞: 及川眠子、作曲: 赤城忠治、編曲: 十川知司
  3. 「ハリウッドな恋にして」 – 3:55
    • 作詞: 及川眠子、作曲: 羽田一郎、編曲: 門倉聡
  4. 「最後の楽園」 – 4:55
    • 原作詞・曲: Crivellente, Farina, Bindella、日本語詞: 及川眠子、編曲: 門倉聡
  5. 「TRANSFER」 – 5:08
    • 作詞: 及川眠子、作曲: 工藤崇、編曲: 門倉聡
  6. 「不実な仔猫たち」 – 4:38
    • 原作詞・曲: Barry Goldberg, Sylvia St. James, Roxanne Seeman、日本語詞: 及川眠子、編曲: 門倉聡

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年収3,000万を切ったことがない、作詞家・及川眠子の歌詞は自身の体験談”. マイナビ 学生の窓口. マイナビ (2015年9月16日). 2017年5月23日閲覧。
  2. ^ ROXANNE SEEMAN DISCOGRAPHY”. noanoamusic.com. 2018年6月1日閲覧。
  3. ^ 『THAT'S EUROBEAT VOL.19』ライナーノーツ アルファレコード、1990年。
  4. ^ 『ALBUM CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1970〜2005』 オリコン・マーケティング・プロモーション社、2006年、328頁。
  5. ^ 鈴木早智子 / モード”. CDJournal. 音楽出版社. 2017年5月23日閲覧。
  6. ^ 能地祐子「アルバム・レビュー:歌謡曲」『ミュージック・マガジン 1992年7月号』1992年、 327頁。

関連作品[編集]

  • X-tra - 1996年にリリースされたWinkのベスト・アルバム。#1・#2・#3・#5が収録されている。

外部リンク[編集]