リアルな夢の条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リアルな夢の条件
Winkシングル
初出アルバム『Nocturne 〜夜想曲〜
B面 無実のオブジェ
リリース
規格 8cmCD
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞: 及川眠子
作曲: Osny Melo
編曲: 門倉聡
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
Wink シングル 年表
ふりむかないで
1992年
リアルな夢の条件
(1992年)
永遠のレディードール 〜Voyage Voyage〜
1993年
ミュージックビデオ
リアルな夢の条件(M.V.) / Wink
テンプレートを表示

リアルな夢の条件」(リアルなゆめのじょうけん)は、Winkの16枚目のシングルである。1992年10月21日ポリスターより発売された。8cmCD: PSDR-3018。

解説[編集]

本曲の作詞は及川眠子、作曲はOsny Melo、編曲は門倉聡が担当。

カップリング曲は「無実のオブジェ」。アメリカ合衆国の女性歌手、パット・ベネター1985年の楽曲「Invincible英語版」のカバーで、日本語詞を及川眠子、編曲を杉山卓夫が担当した。

1988年発売の「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」から本作まで、オリコンチャートでトップテン入りを果たしていたが、次作「永遠のレディードール 〜Voyage Voyage〜」がトップテン入りしなかった為、記録は14作連続で途切れた。

なお本曲は、フジテレビアニメツヨシしっかりしなさい』第23話(1993年3月14日放送)の挿入歌として用いられたことがある。

収録曲[編集]

  1. リアルな夢の条件
    • 作詞: 及川眠子、作曲: Osny Melo、編曲: 門倉聡
  2. 無実のオブジェ

収録アルバム[編集]

テレビ番組における歌唱[編集]

※ 在京キー局のテレビ番組の放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

リアルな夢の条件[編集]

放送日 (曜日) 番組名 放送局 備考
1992.10.09 (金)[1][注 1] ミュージックステーション[1][注 1] テレビ朝日 Winkは視聴者が選んだ「Wink BEST10」の1位として「愛が止まらない」も歌唱[1][注 1]
1992.11.07 (土)[注 2] 突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100[注 2] TBS
1992.11.08 (日) [注 3][注 2] 歌謡びんびんハウス[注 3][注 2] テレビ朝日 Winkは同番組の翌々週11月22日(日)放送分にも出演[注 4]
1992.11.20 (金) 深夜[注 5] 今夜も歌はナイト![注 5] 日本テレビ

※ 衣装は全てPV[注 6]と同じ

無実のオブジェ[編集]

放送日 (曜日) 番組名 放送局 備考
1994.06.05 (日)[2] アイドルオンステージ[2] NHK BS2 Winkは同番組で「いつまでも好きでいたくて」も歌唱。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 読売新聞』1992年10月9日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1992年10月号p.432)および夕刊第20面(同前p.452)のテレビ番組表に「リクエストありがとう・今夜私達は皆様が選んだ持ち歌ベスト10の1位を歌います」として番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  2. ^ a b c d 「音楽」(『ザテレビジョン』1992年第44号)p.63(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  3. ^ a b 『読売新聞』1992年11月8日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1992年11月号p.366)のテレビ番組表に「森進一&ウィンク爆笑」として番組放送予定記載あり。
  4. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1992年第46号)p.52(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  5. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1992年第45号)p.67(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  6. ^ 外部リンク」の節の「リアルな夢の条件(M.V.) / Wink」。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • YouTubeにおいてポリスターのYouTubeアカウント「PolystarTube」により公開されているミュージックビデオ